Category: TRAVAIRの独り言



警告されちゃいました。

内容証明家に帰ってみるとJCOMイーストセキュリティと言うところから内容証明郵便が来てました。
なんだろう?と封を開けると、大量データを送信したら駄目よと言う警告書でした。

なんでも1日あたり30GB以上のアップロードすると警告の対象になってそれでも継続して大量のアップロードが続くと通信速度制限をするぞと言うことらしい。

先週末、天気も悪くPCを起動しっぱなしで1日中過去に撮影した画像ファイルをAmazonのプライム・フォトにアップロードしていたのがお気に召されなかったようです。

JCOMはあまり良い評判は聞かなかったりしますが、自宅はマンション一括でJCOMのインターネットサービスに加入していているので、他のプロバイダに替えることも出来ないし・・・

釣ってる「Microsoftアカウントの不審なサインイン」

今日、メールをチェックをしていたら
件名が「Microsoftアカウントの不審なサインイン」と言うのが入っていました。
本文を見てみると
===
オフィスソフトのプロダクトキー
不審の動きがあります
マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
サインイン情報:
Windowsシステム: Windows 7 Ultimate
IP:220.31.254.151(静岡)
日時:2018/3/20 (GMT)
お客様がこれを実行した場合は、このメールを無視しても問題ありません。
お客様がこれを実行した覚えがない場合、悪意のあるユーザーがお客様のプロダクトキーを使っている可能性があります。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。

「今すぐ認証」

サービスのご利用ありがとうございます。
Microsoftアカウントチーム

===
とあり、「今すぐ認証」の所がクリック出来るようになっています。

一瞬、なんか悪いやつが居るのか?と思いましたが、リンク先のURLを見てみると
http://rec【0】very-supp【0】rt-micr【0】s【0】ft.org
となっていて、典型的なフィッシングメールであることが判ります。
※実際には【0】は半角のゼロです。
そもそも受信したメールアドレスはマイクロソフトのアカウントなんて持ってないし・・・

ちなみに記載さえているIPアドレスはソフトバンクに割当されているレンジの様です。

この手のフィッシングメールは新手の様で検索すると「正規(本当にそういう事態になった時)の手順・対処方法」とかが最初にヒットしますから、中には本物と勘違いしてしまう人も多いかも知れませんね。

最近は色々と手の込んだフィシングメールが多くなってきたので、要注意ですね

春はすぐそこ

桜のつぼみ今年の1月、2月はかなり寒くて春はまだ遠いなと思ってましたが、3月に入って急に暖かくなり早咲きの河津桜の開花は遅れていましたが、あっと言う間に咲いて散ってしまいました。

その後を追うように昨日、17日午後に東京都心でソメイヨシノの開花発表がありました。地元の桜はまだですが、蕾はかなり赤くなりもう少しで咲きそうな感じです。
来週末あたりは花見に丁度良いかもしれませんね。

いよいよ春ももう間近です。

エミレーツ航空で不正利用?

今朝、銀行から預金を下した際に出てきた残高がマイナスになっているのを見てビックリ!
今日は色々と引き落とし日なのですが、事前に計算してマイナスになる筈が無かったので、なにか税金とか引き落としを忘れていたか?と思いながら出社。

始業前に確認すると、某カードの支払いが高額な金額になっていました。
明細を見ると「Emirates」となっており、えっエミレーツ航空?
オイオイ、航空券なんぞ買ってないぞ。金額的にビジネスクラスの欧州往復か?
カード不正利用
いつもカードの締め日が15日でカード請求確定が25日なのですが、先月は20日過ぎにWEBで支払い金額を確認して、確定後の確認をしておりませんでした。20日の段階ではこの請求が無かったのでその後、請求確定の間にカード会社に請求が上がった事になります。
26日に支払額確定のメールが来て居た時に確認しておけば、引き落としまでに間に合ったのですが・・・

直ぐにカード会社に電話すると、意外と早くオペレータに繋がり「利用覚えが無い請求が含まれている」と伝えると担当部署に引き継がれました。

やはり予想とおり「エミレーツ航空」で利用された事になってますとの事。
2014年に一度、BKK/HKGを利用した事はありましたが、その時は別のカードで利用していますし、その後はEKを利用してませんし予定もありません。

担当者の方は、淡々とどこかでカード番号が漏れて不正利用されたのでしょうと、カード番号を切替え手続きと返金手続きについて説明をして頂きました。
一度引き落された金額は口座に数日後に返金処理され、新しいカードが10日程で届くことになりました。

ただ、支払い登録をしていた場合、カード番号の変更作業が必要になるので、新しいカードが届き次第自分自身で行う必要があるのでちょっと面倒ですけどね。

それにしても、どこでカード番号が流出したのか?

もう10年以上も前ですが、スキミングで某デパートのカード番号が流出した事がありましたが、最近このカードはネット利用が主で店頭で使ったのは去年の6月にGSでの支払いに使ったが最後です。
となるとネットでしょうかね。
某有名ショッピングサイトにこのカードは登録しているし、そこからか?
PCのセキュリティソフトは最新にして毎週完全スキャンさせているからなぁ~
まあ憶測の域は出ませんけどね。

それにしても不正利用で購入した犯罪者は、買った航空券をで乗ってしまったのでしょうか。ちょっと悔しいですね。

そもそもEKは支払い時にセキュリティコードを入力させて無かったのでしょうか。(確かにEKのサイトで試してみると支払い情報入力画面ではカードNoと有効期限だけの入力の様です)
カード会社も、エミレーツ航空でこういう事案が多いのを認識していたので、すんなりとカード再発行と返金処理をして呉れたのか?

気になる点は結構ありますが、まあなんにせよ、こういう世の中になってしまったので、ちょくちょく利用状況はチェックしないといけませんね。
一応、他の保有カードをチェックしましたが今のところ大丈夫でした。

高さ1.3mのトンネル?

高さ制限1.3m?

高さ制限1.3m?

先週、四日市で見つけた変なトンネルです。
トンネルと言っても国道23号線「名四国道」、海蔵川を渡る橋への勾配高架の下をくぐる歩行者用のトンネルです。
でもトンネルと言うより用水路の通路みたいな感じです。

標識では高さ制限は1.3mですが、実際は1.5m位です。でも大人なら立って歩くことは厳しい高さです。
ココから100m先に横断歩道がある信号がありますが、このまわり工業地帯なので利用する人が居るのかな?

でも人が使っている形跡があるから居るんでしょうね。

ちょっと不思議な空間でした。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

米航空宇宙局によると、今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」と、1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」、皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」を合わせた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいるそうで、かなり珍しい天体ショーが見られると言うことで、早速今年に購入したレンズを持ち出して撮影してみました。

400mmでもちょっと遠いのでトリミングしていますが、天気もよくキレイに撮影出来ました。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

もうすぐ完全に月が地球の影になります。

まだ月に光が反射している時はISO1600でSSは1/5で撮影出来ました。
撮影したのは完全に陰る10分前です。

徐々に明るい場所は減ってきて21:50過ぎには完全な皆既月食になりました。

皆既月食の完成です。

皆既月食の完成です。

こうなるとISO3200に上げないとSSが長くなってしまい、天体の動きで被写体ブレになってしまいす。
SSは1秒です。これ以上の露光にすると天体が流れてしまいますからね。

ホントは赤道儀があればISOを下げて長時間露光でキレイな写真を撮れるのですが、生憎持ってないのでこれが、天体が流れずに撮影するのはこれが限界かな。

予報では曇だったので、キレイな天体ショーが見れて良かったです。

変わる中華街

中華街横浜の中華街。
本場の各種中国料理を味合うことが出来る言うことで昔から多くの人々が集ってきました。
時折、中華街に行って食事をしたり、中華食材を買ったりしていましたが、先週久しぶりに中華街に行ってみましたが、随分様子が変わっていました。

メインストリートの賑わいは変わってませんでしたが、中華街が変わりました。
昔からあるお店は姿を消してどこも「食べ放題」を看板にする店ばかりになりました。前は客引きは殆ど居なかったのですが、結構多かったですし、なんか中華街のイメージが安っぽくなってしまいました。
中華街と言うと本格的な中華料理が食べれると言うイメージでしたが・・・

昔、中華街の外れにあるお店での「食べ放題」が酷かったので、中華街の食べ放題にはちょっと腰が引けます。まあ今は違うのかも知れませんが、食べ放題の値段を見るとちょっとどうかな~と言う感じもします。

今回は、香港路にある「順海閣 本館」で宴会でしたので食べ放題ではありませんでしたのでしっかりした中華を頂きました。
香港路などには昔ながらのお店も多いので、メインストリートは避けて行くのが良いかも?

1時間延長しても・・・

成田の夜景成田空港は空港需要の高まりをうけ深夜・早朝の飛行制限時間を現在の午後11時〜午前6時から午前1〜5時として3時間短縮する案を地元周辺自治体に提案をしましたしたが、静音時間が短く就眠阻害になることから地元は難色を示し、今年になって1時間延長し飛行制限を午前0時~6時にする案を提案しました。

それでも反対の声は多く、協議がまとまるかは今後、国が騒音防止策という名のバラ巻き政策を行うかどうか次第といったところでしょうね。

1時間延長した場合のメリットと言うのは利用者と言うより航空会社の方が大きいです。
23時の門限が有るために運航制約が大きく、例えば22時台に到着する場合、少し出発が遅れるとも門限に間に合わなくなる事があります。
出発便も離陸間のチェックで不具合が発生した場合、復旧に手間どると離陸出来なくなるので結構23時の門限が1時間伸びるだけでもかなり余裕が出来ます。

しかし、利用者としては遠い成田に23時過ぎに到着しても、JRにしろ京成の終電に間に合わないのでは帰れないと言う事態になります。
もしも、成田空港からの終電が延長されたとしても、上野や東京駅に着くのは1時近くになりそこから先が無い訳です。
まあ、出発の場合はあまり影響はありませんが・・・

確かに、成田空港の機能強化はこれからの航空需要を考えると不可欠ではあります。しかし利用者視点が欠けた政策を続けると負のレガシイ遺産になってしまうのでは無いでしょうか?

裏目出たと言うが・・・

今週、日本海側は大雪となり信越本線では普通列車が雪だまりに突っ込んだ電車が身動き出来なくなり、乗客を乗せたまま一夜を過ごす羽目になり、大きく報道されました。

このトラブルは海外でも報道され、スイスの友人からなんでそんなに時間が掛かったのか?と言うメッセージルが届きました。

列車が立ち往生した場所は周りが田んぼで風雪が通りやすい場所で、水分を含んだ雪が堆積したところに列車が進入、雪を抱き込んでしまい身動き出来なくなった訳ですが、その後の対応がまずかったですね。
昔なら列車の重さで雪をかき分ける事も出来ましたが、今の電車は軽量化が進んでいて雪の重さに負けてしまいます。

運転不能になったのは17時過ぎで停車した現場は暗く、周りに灯火も無いので運転士と車掌だけでは状況把握が難しく、今までの経験とかから除雪が可能と思ったのでしょう。

吹き溜まりで運転が不能になった場合、救援列車を後方から手配して、停車中の列車に連結し後ろから押しても駄目なら乗客を救援列車に移動させ前駅に戻ると言う手段をとることが考えられます。

今回は、除雪出来そうだと言う見込みから、救援列車を手配するタイミングを逸しってしまい、降り続く雪で救援列車自体も現地まで動かす事が出来なくなったのでは無いでしょうか?

過去にも大雪で列車が立ち往生して、列車に閉じ込められると言うことは多く発生しています。人海戦術で雪かきをしてなんとか列車を通したとかの逸話?もありますが、今はどこも合理化でこういう異常時に対応する「人」が居ないと言うのも大きいですね。

救急搬送された方も居ましたが、幸いな事に電力の供給は出来きた事から車内で暖を取ることが出来たのは救いだったのでしょう。

自然の猛威は時には人間の知恵を上回る事があり、なかなか打ち勝つことが出来ないものです。

2013年に東京でも大雪となり列車の運航が大きく乱れました。
市川駅発車直後に運転不能になりまだホームに掛っていた後ろ2両から乗客を下車誘導していました。

Lレンズ買って10,000マイルゲット

EF100-400 F4.5-5.6 IS Ⅱ USM

EF100-400 F4.5-56.6 IS Ⅱ USM

以前から欲しいと思っていたCanonのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMですが、背中を押されて購入しました。

背中を押して呉れたのは、先日、湘南モノレールに乗りに行った際に大船駅で発売されていたアニメ「Just Because !」と湘南モノレールとのコラボ記念乗車が「最後の1枚でーす」と売られていのを購入し、その縁で年末年始休みにAmazonビデオで作品を見たのですが、その中で7D MarkIIとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが登場してきたのです。

すると作品にも登場したビックカメラ藤沢店でキヤノンとのコラボ企画があり、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが他店よりも安く、量販店では最安値になっているではありませんか!

運良くJAFの特典でビックカメラのポイント3%アップクーポンも有るのには、かなり背中を押されました。
さらに、ビックカメラは10ポイントをJALマイルへ3マイルに換算して貯められるのです。

カード払いだとポイントは8%になりますが3%プラスクーポンで11%となれば、レンズ購入だけで8000マイル、カードで2000マイルになって1万マイル以上になります。
これで完全に堕ちました。

となれば買うしか無い訳で、買っちゃいました。
ビックカメラ藤沢店で

表示価格より少し安くして貰い、純正保護フィルターも購入して加算されるマイルが8344マイルになりました。
支払いJALカードなので、2528マイルが後で付与されるので、合わせて10872マイルと1万マイルオーバーになりました。

いやはや、レンズ買うにしても考え方では価格コムの最安値や海外通販だけでは無いと言うこと今回知りました(笑)

明けましておめでとうございます

Happy New Year 2018今年も宜しくお願いします。

思想の違いかな

シアトルからポートランドに向かう、アムトラック501列車がタコマ南部で脱線して、編成の一部が橋梁からハイウェイに転覆する事故が発生しました。

脱線があった場所は貨物線を改修し高速列車が運転出来るようになった場所で、501列車が初列車でした。

30マイル制限を80マイルで進入したと言う報道があり、そうなれば100km/h以上の高速で脱線したことになります。

その割には写真をみると車体の破損をみるとかなり原型を留めているように見えます。
高速での脱線と言えばJR西日本の尼崎事故が記憶に新しいですが、その際は脱線した場所が場所でしたが車体は原型を留めて居ませんでした。

日本では事故は起きないと言うことを前提に、車体強度について保安基準がありません。一方、アメリカでは、脱線事故が起こった際に車体強度があれば乗客への被害が軽減出来ると言う思想から車体強度について厳しく考えられています。

少し前に日本車両製造が商社経由でアメリカの鉄道公社から受注した車両について、構造強度設計に不備があり、車体強度が納入基準を満たさないことが判明し、受注を断念し賠償金を支払うことになりました。
この辺は日本と米国の車両に関しての思想が違う事をちゃんと理解していなかったのかも知れません。

さて脱線事故ですが、乗客77人、乗員7人の計84人が乗車していたが、運行初列車と言うことで乗客の殆どが「鉄道マニア」だったそうです。
少なくとも乗客4名とハイウェイ上で巻き込まれた車のドライバーなど10名程の死亡が確認されたのとの報道もあります。
事故に遭われた方の冥福を祈ると共に原因究明をして欲しいものです。

トラブル続きは当然か

最近、JRは大きなトラブルが続いています。
今までも、長時間運転が止まるトラブルがある度に、謝罪会見などで偉い人が「再発防止をうんたら」と言うのが定番ですが、結局はその再発防止が生きて無い訳です。

まあ、それも当然です。
なんせ今のJRでは軌道、電気、土木関係の殆どの技術職、と言うより実作業を行う担当者は殆どは委託先の人達ですから。

JRの社員は作業責任者として数名か下手すれば一人なんて事もあります。
実作業はJR社員では無く、協力会社の社員と言うことでJRの安全思想を行き渡らせるのは難しいでしょうね。
だってそういう教育があってもその委託先の担当者数名が出るだけとかでは無いでしょうか

鉄道の作業は、夜間の短時間で作業を行わなければならないので、かなりキツイ作業ですから、作業員を集めるだけでも一苦労だと思います。

国鉄時代は保線区などの技術職場が数多くあり、国鉄職員が鉄道マンの誇りを持って日夜作業されてました。
それが余剰人員だ!赤字を減らせ!の声でどんどん少なくなり、外部委託が増えて技術の継承も出来ず今まで築き上げた安全が揺らいでいる訳です。

なので、これからも長時間に渡り列車の運行が出来なくなるトラブルは続くでしょうね。

ふたご座流星群

昨日の夕刊に「ふたご座流星群のピークは12月13日の宵から14日の明け方」とありました。

昨晩、新小岩信号所を23時過ぎに出発する工事臨時列車を撮影しながら東の空を見ていると、流星が横切るのを見ることが出来ました。
その帰り道にもたまたま、東の空を眺めていたらすーっと流星が見えて、東京の空でも見れるんだなぁと。
家のベランダから観察していた嫁さんは30分位の間に4つ見えたと言ってました。

なので今日はさぞ良く見えるかもと22時過ぎにベランダに三脚とカメラを持ち出して流星撮影だと頑張って、オリオン座から冬の大三角形の方向に向けてバルブ撮影をしました・・・

ふたご座流星群はどこ・・・

寒い中30分程頑張って、東の空を見上げましたが残念ながら流星を見ることは出来ませんでした。

昨日はたまたま明るい流星が多かったのでしょうかね。
郊外に出ればもっと見られる確立は高いのでしょうが、流石に平日の真ん中ではねぇ。

今晩が一番多く見られる日だっただけにちょっと残念でした。

空港内移動が便利にならないのは?

羽田空港に撮影しに行く度に、この空港はターミナル間の移動が不便だよなぁと思います。

え、空港内循環バスがあるじゃないと思うでしょうが、これが「訪日客」には不便だと思うのですよね。いつもバス乗り場周辺で右往左往している人を見かけます。
それにバスだと一度に乗車できる人数も限られてますし、運行間隔が不一定になりがちです。

乗換客が多いと言う空港だとターミナル間の移動には無人運転のシャトルが走っていて「判りやすく」移動が出来るのです。
例えば、SINとかJFK、CDGなんかがそうです。

日本の空港にはそういうシャトルが無く、KIXにあるターミナル内移動の為のシャトル位です。

そうそう成田にも昔、第二ターミナルとサテライト間を結ぶシャトルがありましたね。
あの距離なら歩く歩道で充分なのにと思ってました。
まあ建設設計当時はバブルでしたからその名残ではありましたが、結局、機器更新時に高額な費用になることから歩く歩道になりましたが・・・

今、成田はLCCの第三ターミナルと鉄道駅がある第二ターミナル、そして第一ターミナルとそれぞれのターミナルが結構な距離を隔てており、この3つを結ぶシャトルがあればかなり利便性が向上する筈なのですが・・・

一方、羽田空港では昔の国際線ターミナル跡地あたりに、ANAの国際線用ターミナルを建設する計画が進んでいます。

羽田空港の旧国際線ターミナル


完成するとANAの国際線が移ることになりますが、ANA以外のトランジット客は今ある国際線ターミナルとは第一ターミナルを挟んでの移動となる事になります。
羽田発着となる利用客にはあまり問題にならないですが、トランジットする場合はまた不便を強いる訳です。

なんでこう日本の航空行政はいきあたりばっかりで、こう利用者に向いてないのでしょうかね。
困ったものです。