Category: 航空



Jetstarが庄内空港へ就航

庄内線を開設したジェットスター・ジャパン

今日、8/1からJetstarが成田/庄内線を開設しました。庄内地域は東京からの交通が距離の割に不便な地域で航空需要も旺盛でB767クラスを投入しています。

なにせ鉄道で行くとなると新潟まで新幹線に行き、特急に乗り換える必要があり4時間程掛かります。

一方で空路なら庄内空港から羽田空港まではブロックタイムで1時間で実際の飛行時間は40分ほどです。

Jetstarは成田空港発着になりますので羽田より都内までの所要時間が掛かりますが、それを加えても庄内地域からなら鉄道より早く到着することが出来ます。

ただ今回就航したのは日1往復の庄内ターンアラウンド便だけです。
 成田13:00⇒庄内14:05/14:50⇒成田15:55
個人的に羽越本線の撮影に行くには、ちょっと使いづらいダイヤなのが残念です。

庄内線の搭乗率が高ければ増便も期待できるので早くダブルデイリーになることを期待してます。

LHグループ、秋から冬のプロモーション運賃(Update)

ルフトハンザグループ(ルフトハンザ、オーストリア、スイス)の11月から12月にかけてのプロモーション運賃がリリースされました。
この時期のヨーロッパはオフシーズンで運賃が安い時期でもありますが、エコノミーで75000円からの設定ともう一声欲しい運賃設定です。
ちなみにコードシェアとなるNH便も利用できます。
(2019/7/24 Update:ハイシーズンの設定期間が前倒し追加となりました)

詳細は以下のとおりです。
出発期間 ハイシーズン(H)2019/11/1 10/21~11/18
     ローシーズン(L)2019/11/19~12/26.12/30.31
発券期間 8/4
運賃 (H)85,000円 (L)75,000円 L**NNEP6
出発地 成田・羽田・中部・関西
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス L
羽田便加算 羽田発便5,000円 羽田着便 NH便5,000円 LH便2,500円
週末加算 10,000円 日本土日出発:欧州金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

OS/AUA/オーストリア航空 OS51 B777-200ER OE-LPA

日本再乗入れのオーストリア航空も好調の様です。

韓国LCC、地方路線運休へ

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW207 B737-800 HL8253

ティーウェイ航空のB737-800

このところの日韓を巡る動きの中で、観光の面にも影が落ちています。

そんな中、LCCのティーウェイ航空が熊本/大邱、大分/釜山、務安、佐賀/釜山の計4路線を運休すると発表しました。

最近、韓国キャリアでソウル、釜山以外の韓国地方都市から日本への路線を開設する動きがありますが、このらの路線は韓国発の需要で成り立っていることを表してます。

薄利多売のLCCは双方向の需要を上手く掴む必要があるのですが、流石に日本から韓国地方都市への需要はそう多くは無いのが実情です。

大邸は比較的大きな都市で地下鉄も走ってますが、それこそ「務安」ってどこ?ってなります。(韓国西海岸の木浦の近くでした)
日本の地方空港も海外から見れば同じなんでしょうけど・・・

訪日客が減っている訳ですが、やはり地方都市になればそもそもマーケットが狭いのでその影響がモロに出ているのでしょうね。

運休は日本としても空港収入減となりますが、韓国のLCCキャリアとしてはかなり痛手では無いのかな?と思ってしまいます。

7/20着発のLX160/LX161は欠航です。

チューリッヒ、本日7/19発の成田行LX160が欠航となりました。
その為、必然的に明日、7/20の成田発LX161も使用機材が到着していないので欠航となります。

理由は明らかになっていませんが、状況的に使用予定機材に何かしらのトラブルが発生したものの、代替機が用意出来ず欠航になった可能性があります。

LX160/LX161は今では貴重?になりつつある4発機のA340-300で運航していますが、B777-300ERの導入で退役も進み保有機も少なってきています。
就航先でのトラブルならいざ知らず、ホーム空港で代替機を用意出来ないのは機材繰りがタイトなんでしょうかね。

LX160欠航

ホームページでの欠航表示

2019.7.21追記
LX160/161の欠航は使用予定機材(HB-JMA)で発生した油圧系統のトラブルによるものとの事です。

ボンバルディアを買収した三菱

FW/IBX/IBEXエアラインズ CRJ-700 JA09RJ

IBEXエアラインズのCRJ-700 JA09RJ

三菱がボンバルディアの旅客機事業を買収すると言うニュースが先月報道されましたが、最初聞いた時におかしいなと思ったものです。
ボンバルディアの旅客機事業はエアバスと提携しCSシリーズ改めエアバスファミリーとなったばかりで、それを買収するのはおかしいなと

で良く調べてみれば、買収するのは「ボンバルディア CRJ」シリーズでいわゆるリージョナルジェットです。MRJより定員が少ない50~100席をカバーするボディで日本ではIBEXエアラインズが使用しています。

この部門を買収することで以前から懸念されていた保守部門をCRJから手に入れることが出来き、MRJを販売する上での不安材料を取り除けます。

しかしながらボンバルディアはこのCRJプロダクトはあまり旨みのないと思っていたのでしょう。
今後はリージョナルジェット競争が激しくなる事が予想され、エンブラエルなどの競合もありますから、CSシリーズのようにエアバスの庇護のもとで販売が出来きないとなれば三菱に売却した方がボンバルディアとしては身軽になるので丁度良かったのでは無いでしょうか?

それに三菱はボンバルディアから企業秘密を盗まれたと訴えられていましたから、その和解金相当も買収額に含まれているのでしょう。(2億ドルの債務引受が和解金相当?)

さて、これでMRJ(スペースジェットに改称してますが当BLOGではMRJとします)は安泰か?と言うとそうでは無く、まだまだ茨の道の途上で、もしかすると幹が折れる可能性もあります。

日本企業としてここまで来たからせめて耐空証明くらいは取得してもらいたいものですね。

やばいぞ成田。

「はるか」も大回りになる大阪環状線からなにわ筋線で時間短縮に

「はるか」も大回りになる大阪環状線からなにわ筋線で時間短縮に

先週、国土交通省は難波・新今宮~梅田間の「なにわ筋線」の鉄道事業を許可しました。既に総事業費は3300億円についてはJRや南海と自治体で合意しており開業は2031年の計画です。

「なにわ筋線」の開業により、梅田~関空間の所要時間は20分短縮され最速40分で結ばれることになります。
梅田からはJR貨物線を経由して新大阪へ繋がりJR東海道線への乗入れる計画ですが、さらには阪急の乗り入れ構想もあり開通すると関空の利便性がかなりUPします。

国際線利用者数で第一位の成田空港の3300万に次いで2200万人となっていますが、最近関空は積極的にLCCの受け入れており、アジア圏からの訪日客に根強い人気を誇る関西圏のゲートウェイとして利用客は前年対比で伸びています。

今まで関空は難波には近いものの、キタの繁華街へは不便だったのが一気に近くなりますから関西人気が衰えない限りまだまだ伸びそうな予感がします。

成田空港もうかうかしていると、羽田だけでは無く関空にも客(利用者&航空会社)を取られることになりそうです。

懐かしシリーズ”デルタのB747-400”

DL/DAL/デルタ航空 B747-400 N675NW

DL/DAL/デルタ航空 B747-400 N675NW

中華航空(CI)のB747-400がホールドするなかデルタ航空(DL)のB747-400が着陸してきました。

成田空港では2000年位までは日常的に見られた光景ですが、今の成田空港、いや世界中の空港でB747-400の着陸を見られる回数は減っており、見られても貨物機で旅客機を見るのはなかなか難しくなってきています。

DLのB747-400は既に全機引退していますが、CIでは4機がまだ運航しています。しかしCIのB747-400は2020年には退役する予定となっており活躍するのも残り僅かです。
自分もシップチェンジが無ければ12月にTPE/ICNでCIのB747-400に搭乗を計画しており、それが最後のチャンスになるかも知れません。

エアアジア・ジャパン、仙台へまもなく就航

2017年に名古屋/札幌線を開設して、日本マーケットに再参入したエアアジア・ジャパンですが、就航路線は、ようやく?今年になって名古屋/台北線を開設した2路線しかだけで低空飛行が続いていましたが、ようやく来月8月5日から3路線目の名古屋/仙台線を日2往復で開設します。

DJ023 NGO/SDJ 0855 1010 320
DJ024 SDJ/NGO 1055 1205 320
DJ025 NGO/SDJ 1445 1600 320
DJ026 SDJ/SDN 1640 1750 320

現在、エアアジア・ジャパンはJA01DJ〜JA03DJまでの3機のA320が就航してますがJA10DJまでの10機が登録されておりあと7機が就航する可能性がありますが、路線が増えないことには機材があっても宝の持ち腐れになりますから、エアアジア・ジャパンには頑張ってもらいたところです。

個人的にはエアアジア・ジャパンに名古屋羽田でシャトルサービスなんかしてくれないかな?と思ってますがスロットが無いからなぁ~

Airasia Japan JA01DJ

仙台に就航するエアアジア・ジャパン

世界一安全なエアライン?

香港までB777で運航しているエルアル・イスラエル航空

イスラエルのエルアル・イスラエル航空が来年3月からの日本乗入れ予定ですが、来年に先駆けてコードシェアによる日本乗入れを今年9月30日から行う計画で、国交省から認可を受けました。

現在運航しているテルアビブ/香港線に接続する香港航空の香港~成田/関空線にエルアルのフライトナンバーを冠したコードシェアでの運航となり、実際のエルアル機での運航は来年からとなります。

エルアル・イスラエル航空は世界一安全なエアラインと言われることがあります。元々紛争が続いている地域だけにテロの標的になりやすいことから、空港での保安維持にはかなり厳しく、乗客チェックも徹底しておりエルアル・イスラエル航空利用に際には一般的に言われている出発2時間前のチェックインでは遅く最低でも3時間前にはチェックインを済ます必要があるとか。

エルアル・イスラエル航空が駐機しているスポットでは、警備員が常に機体を監視しており、国によっては銃を持った兵隊が配備されるとも聞きます。
また、機体にも特殊な装備を施している事でも有名ですし、必ず銃を持った特殊兵士が同乗しているそうです。

そんなことからエルアル・イスラエル航空機にテロを仕掛けるのは困難だろうと言うことで、「安全」という話になっているようですが・・・ちょっと違いますよね。

来年の乗り入れではどういう警備体制になるのでしょうね。

習熟飛行訓練が始まるJALのA350

先日、JALのA350-900が羽田にデリバリーされましたが、明日からの習熟飛行訓練スケジュールが公表されました。

以前、ANAのB787が日本到着後の習熟飛行訓練のスケジュールを公表しました。
スケジュールを調整して羽田に撮影に向かったのですが、訓練が順調だったのか予定より早く目的地空港を離陸してしまい、羽田に到着した時には既に整備地区にステイしていたことがありましたね。

でもこうやって公表してくれるだけでも、凄いですよね。鉄道じゃあり得ない・・・と言うか発表したら大変な事になりますから(笑)

今公表されているのは、
6/29
 JL4139 羽田4:55⇒北九州6:25
 JL4130 北九州7:55⇒新千歳10:20
 JL4135 新千歳11:30⇒成田13:00
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30

7/1.3.4.5
 JL4139 羽田5:55⇒北九州7:25
 JL4130 北九州8:25⇒新千歳10:50
 JL4135 新千歳11:50⇒成田13:20
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30
です。

撮影したところですが、この時期は天気が良くないのが残念です。まあA350はこれから撮影できる機会もあるでしょうから天気が良い時期に狙いたいですね。

懐かしシリーズ”ハンガリー建国1000年記念”

MA/MAH/マレブ・ハンガリー航空 B737-300 HA-LEF

MA/MAH/マレブ・ハンガリー航空 B737-300 HA-LEF

2000年の9月、ブダペスト空港で撮影したマレブ・ハンガリー航空のB737-300ですが、機首にハンガリー建国1000年を記念をしたスペシャルマーキングが施されている機体です。

ハンガリー王国が建国されたのがキリの良い?西暦1000年とのことでその後勢力を伸ばして中欧の一大国家となった時期もありましたが、その後のオスマン帝国との戦いなどにより最終的には1919年に共和国制となり第一次世界大戦、ナチスドイツどの同盟、そしてソビエトの侵攻、社会主義国家とその終焉という歴史を経、今のハンガリーがあります。

マレブ・ハンガリー航空はハンガリーのナショナルフラッグとして1956年に誕生し早くから西側機材の導入などを進め、日本にもチャーター機で飛来したこともありましたが、2012年に経営破産して消滅してしまいました。

マレブ・ハンガリー航空には何回がスイス航空のコードシェア便で搭乗したことがあります。サービスも良かったのですが・・・

SWISS ZRH/ATH線にB777-300ER投入

Swiss B777-300ER

アテネ線に投入されるB777-300ER

Swiss(スイス国際航空)は夏のバカンスシーズンに合わせて、チューリッヒ/アテネ線にB777-300ERを投入します

運航期間は7月13日から8月18日までの約一ヶ月間LX1830/1831便が通常A321で運航しているところB777-300ERでの運航となり、CYのクラス制で運航されます。B777-300ERは3クラスなのでファーストもビジネスクラスとして運用される様なので乗り得なフライトですね。

アテネ線は人気路線でバカンスシーズンは満員になることが多く、以前にこの区間をスタンバイチケットで搭乗しようとチューリッヒ空港の搭乗ゲートで待機してたら、最後の最後まで空席が出ずの機長の采配でジャンプシートでアテネまで搭乗したことがあります。
B777-300ERの投入で提供座席数が多くなるので混雑緩和になるでしょう。

B777-300ER投入スケジュール(7/13-8/18)
LX1830 ZRH/ATH 0850 1230 77W 毎日
LX1831 ATH/ZRH 1400 1545 77W 月金土
LX1831 ATH/ZRH 1400 1550 77W 日
LX1831 ATH/ZRH 1410 1555 77W 火水木

今年も発表 Skytrax World’s Best 100 Airlines

QR/QTR/カタール航空 QR843 B777-300ER A7-BAC

Top of World’s Best Alinesに輝いたカタール航空

パリのエアシーに合わせて発表されるSkytraxのWorld’s Best 100 Airlinesですが、毎年上位に入るキャリアは順位の入れ替わりがあるものの面子はだいたい決まってきます。
トップテンは、

 1位Qatar Airways (2018年2位)
 2位Singapore Airlines (2018年1位)
 3位ANA (2018年3位)
 4位Cathay Pacific Airways (2018年6位)
 5位Emirate (2018年4位)
 6位EVA Air (2018年5位)
 7位Hainan Airlines (2018年8位)
 8位Qantas Airways (2018年11位)
 9位Lufthansa (2018年7位)
 10位Thai Airways (2018年10位)

で、あまり代わり映えがしない内容です。

今年順位を上げたHainan Airlines(海南航空)ですが色々と資金繰りで身売り話も出てたりおきな臭い噂ですが、サービスは良好な水準と言うことでしょうね。

で去年も不思議に思ったのが、14位にChina Southern Airlines(中国南方航空)がランクインしているんですよね。中国のメジャーキャリアはあまり良いイメージが無く、同じ中国のMU(中国東方航空)が75位とCA(中国国際航空)が99位になっていてまあ順当だよねという事になるのですが14位ですからね。

Fly Teamの評判見ても良い評価もあれば悪い評価もあり、どうなんでしょうね。
でも有償旅客として搭乗するのはなかなか踏み切れないかな(笑)

【RJTT/HND/羽田】2019/6/16レポート(2)

この場所は週末でないとゆっくり撮影出来ない場所です。
平日は東京湾に荷役した貨物コンテナを牽引するトラックが沢山来ますので落ち着いて撮影出来ないですからね。

NH/ANA/全日空 NH674 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH674 A321 JA114A

NeoじゃないA321です。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G76 A320 JA06MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G76 A320 JA06MC

先日、7Gに福岡から搭乗しましたが、シックな機内デザインが良いですよね。

JL/JAL/日本航空 JL624 B737-800 JA330J

JL/JAL/日本航空 JL624 B737-800 JA330J

「こどもチャレンジ」とのタイアップ機材です。後追いの方が光線状態が良いです。

JL/JAL/日本航空 JL625 ERJ190 JA252J

JL/JAL/日本航空 JL625 ERJ190 JA252J

続いてJ-Airの「ミニオンジェット 2」がやって来ました。

NH/ANA/全日空 NH651 A321Neo JA118A

NH/ANA/全日空 NH651 A321Neo JA118A

今度はNeoなA321です。

BC/SKY/スカイマーク BC104 B737-800 JA73NM

BC/SKY/スカイマーク BC104 B737-800 JA73NM

このスカイマークは踏み込みが甘いかな。インカーブで来ると見上げ構図になってしまうので、大きくカーブしてくれと良い絵が撮れるのですが・・・

NH/ANA/全日空 NH224 B777-200ER JA715A

NH/ANA/全日空 NH224 B777-200ER JA715A

トリプルはまずまじの曲がりで通過しました。

JL/JAL/日本航空 JL180 B767-300 JA8980

JL/JAL/日本航空 JL180 B767-300 JA8980

ワンワールドカラーのB6です。この機もベテラン選手です。

NH/ANA/全日空 NH674 B737-800 JA59AN

NH/ANA/全日空 NH674 B737-800 JA59AN

うーん、内回り過ぎ。

JL/JAL/日本航空 JL306 B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 JL306 B767-300ER JA602J

そろそろ時間切れと言うことで、ミッキー90のJALを撮って撤収しました。

午前中からLDAアプローチの時にまた来てみようかな。光線的には11時ころからが良さそうです。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2019/6/16レポート

午前中、東京テレコムセンターまで行く用事があったのでそのついでに、中央防波堤で軽くスポッティングしてきました。
昨日からの悪天候一転、朝からいい天気で南風が強く吹いていたので、LDAアプローチです。なので中央防波堤の外側からインカーブを狙ってみました。

NH/ANA/全日空 NH620 B767-300 JA8674

NH/ANA/全日空 NH620 B767-300 JA8674

メインギアの下に別の飛行機が写っていますが、塗装的にピーチっぽいですがこの時間、フライトありましたっけ?

NH/ANA/全日空 NH294 B737-800 JA53AN

NH/ANA/全日空 NH294 B737-800 JA53AN

737だと400mm(35mm換算で640mm)でもちょっとトリミングしないと駄目ですが、いい感じで撮れてます。

NH/ANA/全日空 NH662 B777-200ER JA709A

NH/ANA/全日空 NH662 B777-200ER JA709A

このトリプルはいい感じで踏み込んで来ました。これくらいのカーブで来てくれると撮影しやすいです。

NH/ANA/全日空 NH1892 B737-800 JA78AN

NH/ANA/全日空 NH1892 B737-800 JA78AN

このB737もいい感じでカーブしてきました。

NH/ANA/全日空 NH642 B767-300 JA8669

NH/ANA/全日空 NH642 B767-300 JA8669

時間的なのかANA機が続いてアプローチしてきます。

JL/JAL/日本航空 JL454 B767-300 JA8987

JL/JAL/日本航空 JL454 B767-300 JA8987

JALのB767-300もそろそろ退役でしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH18 B777-200ER JA741A

NH/ANA/全日空 NH18 B777-200ER JA741A

TOKYO2020特別塗装機がやって来ました。この日は中央防波堤の運河が会場が完成したようで関係者を輸送する「貸切」都営バスが結構走ってしましたね。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J88 B737-800 JA804X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J88 B737-800 JA804X

真横カットだとB737でも250mm(35mm換算400mm)で撮影出来ます。

NH/ANA/全日空 NH460 B777-200ER JA717A

NH/ANA/全日空 NH460 B777-200ER JA717A

羽田でこういうシーンを撮影出来る場所は貴重です。

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA347J

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA347J

JAPAN AIRLINEのロゴに太陽光線があたって光ってねずみ色になってしまいました。この時期はトップ光線になってしまいますからね。

もう少し遅い時間の方が光線状態は良さそうです。


その2へ> <飛行機の館へ