Category: 航空



エアアジア・ジャパンをJCBで決済したら

予約確定昨日、アップしましたエアアジア・ジャパン(DJ)で購入した就航キャンペーン運賃の支払いで「確認待ち」なっていました件について、今日の午後にコールセンターにTELしてみました。

JALやANAのコールセンターに電話すると延々待たされる場合が多いので、DJも多分つながらないだろうなと思ってTELしてみましたが、すんなり担当者に繋がりました。

搭乗日と予約番号を伝え予約が確認待ちになっている事を伝えると、「JCBで決済しようとした人がこの様な状況になっている」と言われ再決済処理をすると言われました。

その前に個人確認の為に、搭乗区間と利用便の出発時刻、搭乗者名を聞かれました。(それにしては随分細かいこと聞くなぁ~)
個人確認が出来ると、クレジットカードのセキュリティーコードを聞かれて処理を進めるので、クレジットカードの承認が下り次第、確定メールを送るとの事でした。

多分、一斉にエアアジアからのカード承認がJCBに走ったのでJCBカード側かエアアジア側のどちらかで処理が出来なくなり座席予約まで行えたものの決済が出来なかったので保留状態になっていたと言うことでしょうね。

それにしてもエアアジアの対応は、ちょっと?でしたね。
Twitterアカウントで英語で問い合わせみれば、カード会社に連絡してみろと言われるし、エアアジアの中でも今回の事象とちゃんと把握していなかったと言うことでしょうね。

まあなんにせよ来年、新生エアアジア・ジャパンに乗ってきます。

DJ、アクセス集中で決済出来なかった?

月曜日の深夜、エアーアジア・ジャパン(DJ)の就航記念フェアをGetしようと頑張って?、なんとかCTS/NGO/CTSのルートでゲットしたのですが、その後予約確認すると「確認待ち」のステータスになっていました。

どうやらクレジットカードの決済承認が下りてないような感じです。

ホームページには「問題なく支払いを完了したにもかかわらず、2時間経っても予約確認メールが届かない場合、お客様のご予約はエアアジアによって48時間以内に確認され、お客様宛てに確認メールが送付されますのでご安心ください。」と書いてあるので、2日待ってみましたが、ステータスは確定になってません。

うーん、変だな~とTwitterからメッセージを送ってみましたが、クレジットカード会社に連絡してと返事がありましたが、カード会社に連絡してもDJに聞いてみてと言われそうな気が・・・

まあ、明日連絡してみるかと、さらにググってみたら同じ状態になっている人がいるようで、中にはDJから「アクセス集中で決済出来なかった」と連絡があったと言うのです。
なんとかく想像出来ましたが、それにしてもそんなにやわなシステムでもないだろうにと思うのですが、決済が正常に出来ないほどのアクセスだったのでしょうね。

とりあえず、明日様子見て連絡してみようかなと思ってます。

Air Asia Japan 10月29日就航へ

中部空港をハブにして再就航を計画していたAir Asia Japanですが、10月16日に突如、中部/札幌線を10月29日から毎日4便で開始することを発表しました。

発表されたスケジュールは
NGO/CTS
 DJ001 NGO 7:35 CTS 9:25
 DJ009 NGO17:10 CTS19:00
CTS/NGO
 DJ002 CTS10:00 NGO12:05
 DJ010 CTS19:35 NGO21:40

となっておりまだ運航体制が整って無いのか?LCCとしては、異例なダイヤ編成です。
今まで色々と問題があり就航が延び延びになって、一時は就航できないのでは?と言う噂もありましたが、ここに来てようやくと言うか(見切り発車にも見えなくもないが・・・)就航のニュースが聞くことが出来ました。

早速、本日(17日)の0時から恒例の就航記念セールが始まりました。
自分も参戦して来ました。
なんとか、来年の誕生日にCTS/NGO/CTSでプロモ運賃をGET。運賃5円に空港利用料310円が加わり往復630円、それにクレジットカード手数料800円(高い!)が加わり1430円。

でもどうやってCTSまで行こうかな(笑)

羽田に着陸する初代?AirAsiaJapanのA320

B777-300ERはサンパウロへ

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMF

LXの成田線は引き続きA340-300で運航

Swiss(LX)は今月末から始まるウィンタースケジュールでサンパウロ線にB777-300ERを投入します。
実際の投入開始は来年の2月8日からになりますが、これでLXのB777-300ER投入予定路線には就航したことになります。

残念ながらLXの成田線は引き続きA340-300での運航となり、引き続き新型機はお預けとなります。
新鋭機と思っていたA340-300も就航して15年が経過しており、A340を使う他社キャリアも減って来ています。

LXがA340-300を使い続ける理由には4発機の信頼性があるのでは無いかなと思っています。
双発機では1つエンジンにトラブルが発生すれば、直ぐに近くの空港に緊急着陸となります。しかし4発機なら1発のエンジントラブルなら飛行は続けられ、より条件の良い代替え空港に向かうことが出来ますからね。

特に成田線はロシア上空通過を通過しますから、そういうことも考えられかなと・・・

スキアトスの良いところ

スキアトスの標準?構図

スキアトスの標準?構図

最近、スキアトスの検索でBlogを訪れて来る方が増えて来ました。
どうしても日本人スポッターだとSXM、セントマーチンの方が有名です。(これはやはりルーク・オザワさんやチャーリィ古庄さんの作品からの影響が大きいでしょうね)

個人的にはセントマーチンに比べてスキアトスは、トラフィック数が少なくまた、就航出来る機材が最大でもB757クラスまでと迫力に欠るのは否めません。

ただ今回、スキアトスを訪れてセントマーチンと一番違うのは撮影スポットが多く、魅力的なポイントが多いなぁと思いました。
RWY20側にあるビーチサイドの丘やRWY02側の山頂からの俯瞰などすべて回りきれなかった(まあ機動力が無かったと言うのもありますが)のが残念です。

セントマーチンはマホビーチのイメージが強すぎ、他にも撮影ポイントはありますがパンチが少ない気がするのです。(1回行っただけでは判らないかも知れませんが)

なので、次にスキアトスとセントマーチンどっちに行きたいと言われると、かなり迷いますが、スキアトスに軍配が上がるかな。

その理由としてスキアトスだと滞在費が安いのと食事が安くて美味しいレストランが多いと言うことです。

でも今、一番心配なのはセントマーチンが先日のハリケーン、イルマで壊滅的な被害を受けたことです。
復旧に数年は要するのでは無いかと言われており、早い復旧を願うばかりです。

 

タイは安全です。

XW/NCT/ノックスクート XW918 B777-200ER HS-XBC

「ノックスクート」も増便や新規就航も期待できそうです

先日、北朝鮮への非難決議を行ったICAOですが、2015年にタイ航空当局に対して運航上の安全が担保出来ない「重要な安全性の懸念」から「SSC」と呼ばれる、ICAOの安全監査基準に満たない国と認定されてしまいました。

これにより、欧米や日本ではタイ国籍キャリアの新規就航認可を中止し、すでに就航しているキャリアの増便やチャーター運航は、就航実績がある路線と機材で運航する場合に限り認可すると制限付き運航となっていました。

なので、タイのチャーターキャリアや新規LCCが日本線を運航しようとしても許可されないと言う状態が続いていましたが、先日のICAO会議で今月中にSSC認定が解除される見通しになりました。

ICAOの解除が正式に通告されれば国交省は内容に問題なければ、タイ国籍キャリアへの運航制限を撤廃することになります。

正式に解除になるとタイからの旺盛なインバウンド需要からLCCの新規就航や増便、地方空港への就航が期待され、利用者には選択肢が増え、運賃の廉価化も期待できそうです。

【HND/RJTT/羽田】2017/10/9撮影レポートその4

SQのA350を撮影した後、撤収しようと思ってましたが後追い撮影すると夕日が機体に反射して綺麗だったのでもう少し残業して撮影することにします。

なので今日はコメントは省いて写真観賞をどうぞ(いやー手抜きでは無いですよ~)

JL/JAL/日本航空 JL4602 B737-800 JA313J

JL/JAL/日本航空 JL4602 B737-800 JA313J

7G/SFJ/スターフライヤー 7G64 A320 JA23MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G64 A320 JA23MC

NH/ANA/全日空 NH626 B767-300 JA8669

NH/ANA/全日空 NH626 B767-300 JA8669

BC/SKY/スカイマーク BC110 B737-800 JA737Q

BC/SKY/スカイマーク BC110 B737-800 JA737Q

JL/JAL/日本航空 JL124 B767-300ER JA614J

JL/JAL/日本航空 JL124 B767-300ER JA614J

7G/SFJ/スターフライヤー 7G14 A320 JA22MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G14 A320 JA22MC

JL/JAL/日本航空  B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA656J

NH/ANA/全日空 NH568 A321Neo JA111A

NH/ANA/全日空 NH568 A321Neo JA111A

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA339J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA339J

さて太陽も日没の時刻近くになり、日が当らなくなってきました。
露出も厳しくなってきたのででそろそろ撤収しましょう。今日は久しぶりにいい写真が撮れた感じがします。


飛行機の館へ戻る

【HND/RJTT/羽田】2017/10/9撮影レポートその3

中防大橋で撮影出来るのは後何年位かな。
オリンピック会場をこんな所に造るとは。競技中はLDAアプローチが使えなくなるのでしょうかね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KPR

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KPR

この時間は外航機が続けてアプローチしてきます。外航機はLDAアプローチに慣れて無いのか、踏み込みが甘い場合もありますがCXは攻めてきました。

NH/ANA/全日空 NH536 A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 NH536 A321Neo JA112A

A321Neoが来ましたが陰られてしまいました。15時を過ぎると太陽の位置がかなり低くなります。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA007D

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA007D

なので後追い撮影するといい感じで日が機体に差し込みます。

AC/ACA/エアカナダ AC7177 B777-300ER C-FIVS

AC/ACA/エアカナダ AC7177 B777-300ER C-FIVS

AC7177は臨時便?FR24だとSIN発になっていました。
以遠権を使ったチャーター?それともフェリーでしょうかね。

JL/JAL/日本航空 JL5 B777-300ER JA741J

JL/JAL/日本航空 JL5 B777-300ER JA741J

あまり後追い撮影は好きでは無いのですが、光線状態がとてもいい感じです。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J58 B737-800 JA802X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J58 B737-800 JA802X

802Xは大分の杵築がスポンサー?ですね。東経と北緯が書かれて「きつきのきづき」うーんどういう意味なのか?

XM/JLJ/ジェイエア JL694 E190 JA247J

XM/JLJ/ジェイエア JL694 E190 JA247J

ジェイ・エアのERJ190ですね。MRJ開発の遅れからこのまま主役機となるか?

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

夕方のお楽しみ? SQのA350の到着です。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMG

後追いも決まりました!

NH/ANA/全日空 NH1102 A320 JA8947

NH/ANA/全日空 NH1102 A320 JA8947

そろそろ撤収しようかと思いましたが夕日がいい感じに差し込むので延長戦に突入です。

(つづく)

【HND/RJTT/羽田】2017/10/9撮影レポートその2

この日は夏らしい天気になりました。気温は上がってきましたが8月様なジメジメ感が無いので過ごしやすいので助かります。

JL/JAL/日本航空 JL692 B737-800 JA332J

JL/JAL/日本航空 JL692 B737-800 JA332J

400mmでは余計に陽炎が際立ってしまうのでしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH646T B787-8 JA818A

NH/ANA/全日空 NH646T B787-8 JA818A

コールサインはオールニッポン644タンゴと「T」が付いてましたが

6J/SNJ/ソラシドエア 6J38 B737-800 JA812X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J38 B737-800 JA812X

812Xはくまモンジェットですね。

JL/JAL/日本航空 JL374 B737-800 JA349J

JL/JAL/日本航空 JL374 B737-800 JA349J

羽田の主力機はB737になってしまった感じのB737-800です。

DL/DAL/デルタ航空 DL7 B777-200ER N863DA

DL/DAL/デルタ航空 DL7 B777-200ER N863DA

珍しく北米線がRWY22へ降りて来ました。
さてこの場所もいいのですが、LDAなら中防大橋にも行かないと言うことで移動します。

NH/ANA/全日空 NH1894 A320 JA8997

NH/ANA/全日空 NH1894 A320 JA8997

やはりココはこのシーンですよね。このA320は随分大回りしました。

NH/ANA/全日空 NH9010 B737-800 JA06AN

NH/ANA/全日空 NH9010 B737-800 JA06AN

便名が9010なので臨時便だったのでしょうか。

AC/ACA/エアカナダ AC5 B777-300ER C-FITL

AC/ACA/エアカナダ AC5 B777-300ER C-FITL

ACも北方ルートからの着陸ですがRWY22へやって来ました。RWY23だと国際線ターミナルまで遠いからこっっちの方がタキシング時間が短く済みますからね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A890

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A890

続いてベトナムのA350-900がアプローチしてきました。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A890

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A890

進入コースによっては後追い撮影でもなかなかいい感じのひねりが狙えるので好きな場所なんですよね。

ただ、2020年の迷惑なオリンピック会場になるのでその準備工事が始まってしまい、この場所でいつまで撮影出来るか?
オリンピックなんてやらなければ良いのに・・・

つづく

【HND/RJTT/羽田】2017/10/9撮影レポート

今日は昼過ぎに浜松町まで行ったのでその後、羽田に行ってみました。
予報では昼から南風との事でしたのでLDAアプローチなるかなと思っていましたがビンゴ!
10月になるとLDA RWY22を使うことは少なくなりますからラッキーです。

NH/ANA/全日空 NH624 B767-300 JA8324

NH/ANA/全日空 NH624 B767-300 JA8324

今日は気温が高くなったので滑走路から陽炎が出て機体が歪んでしまいます。

BC/SKY/スカイマーク BC304 B737-800 JA73NJ

BC/SKY/スカイマーク BC304 B737-800 JA73NJ

タカガールってなんだろうと調べたら福岡ソフトバンクホークスを応援する女性ファンを「タカガール」と言うらしいです。

MU/CES/中国東方航空 MU537 A330-300 B-5953

MU/CES/中国東方航空 MU537 A330-300 B-5953

RWY22脇の工事が進みスッキリした感じがします。

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空  B737-400 JA8939

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空 B737-400 JA8939

石垣からのJTAは青ジンベイがやって来ました。そう言えば、羽田でJTAを撮影するのも久しぶりな気がします。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J56 B737-800 JA801X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J56 B737-800 JA801X

ソラシドの801Xは島原そうめんのスッテカーです。

JL/JAL/日本航空 JL668 B737-800 JA328J

JL/JAL/日本航空 JL668 B737-800 JA328J

撮影場所はバス停近くのトイレがある高台からです。丁度滑走路とフェンスの高さが同じなので撮影地としては良いのですがトイレ脇と言うのがねぇ~

7G/SFJ/スターフライヤー 7G44 A320 JA05MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G44 A320 JA05MC

正面位置から少しズレると今度はフェンスの方が滑走路面から高くなってしまいます。
それと手前の工事車が邪魔になったりもします。

PR/PAL/フィリピン航空 PR422 A330-300 RP-C8760

PR/PAL/フィリピン航空 PR422 A330-300 RP-C8760

LDAアプローチだと後続機が映り込むの構図が好きだったりします。ただ流石に400mm(640mm相当)でも厳しいですけど

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-200 B-6515

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-200 B-6515

東京湾に入港する船とのコラボにしてみました。
さらに今日は天気が良く、京浜島から幕張まで見渡すことが出来ました

BC/SKY/スカイマーク BC108 B737-800 JA737Z

BC/SKY/スカイマーク BC108 B737-800 JA737Z

バックにカーブを描きRWY23にアプローチする機体が映り込みました。

つづく

グアム、北朝鮮の恫喝の影響甚大

B737で運航するUAのグアム線

UA/UAL/ユナイテッド航空 B737-800 N73298

北朝鮮のミサイル恫喝外交の影響でグアムへの観光客が減っており、デルタ(DL)が正月需要が一段落する来年1月8日をもって成田/グアム線を運休、グアムから完全撤退します。

さらに、ユナイテッド(UA)も今月の最終日曜日から始まるウィンタースケジュールから成田線以外の地方路線について撤退に等しい「運休」となる路線や減便が行われます。

グアムは日本から近い南国リゾートとして団体や家族旅行の渡航先として人気がありますが、ミサイルの標的になると言う報道から観光客のキャンセルが相次いでます。

個人的には北朝鮮がグアムを攻撃するとは考えにくく、日本が標的(間違って落ちるのも含めて)になる可能性が高いような気がしますけどね。

ウィンターシーズンは農閑期となる東北や北海道地域からグアムへの需要が高まる時期に、今回のUAの運休と言うのは地方でキャンセルの傾向が高い言うことでしょう。

グアムは観光産業で成り立っている島ですから、今回の騒動はかなりの痛手な筈です。
今後の北朝鮮状況にが改善されない限り暫くはこの状況は変らない可能性が高い訳で需要回復には時間がかかりそうです。

懐かしシリーズ”Sabena”

サベナ・ベルギー航空はベルギーのナショナルフラッグキャリアとして欧州でも歴史のあるエアラインでしたが、1990年代の経営不振に陥ってしまいました。

当時、拡大路線真っ只中のSwissairがサベナ再建の為、資金援助を行いSwissairグループ傘下での再建を図っていましたが、そのSwissairの破綻によって連鎖的に運行停止、倒産と言うあっけない最後を迎えてしまいました。

現在、ベルギー拠点にしているブルッセル航空はサベナ航空の流れをくむキャリアとして欧州域内線を中心に運航しています。
サベナの経営不振になった一つに長距離線のコスト高が上げられており、その教訓なのかブルッセル航空は長距離線には参入していません。

またいつか、成田でベルギーレジストリーの大型機が見られるのを期待したいところです。

改悪なのか?改善なのか?

1階席9月末で有効期限が切れるJMBのマイルがあったので、国内線の片道特典航空券に引き換えましたが、よく見ると11月16日から国内特典航空券の有効期限が90日間から1年間に伸びると書いてありました。
これは特典航空券だけで無く、普通運賃航空券(往復割引などの一部割引航空券も含む)も有効期間が1年間に伸びます。

へぇーこれは良いなぁと、その他の変更点はと見てみると、今までは搭乗当日に予約便より早い出発時刻への便に空席があれば変更出来たのが、11月16日からは出来なくなります。
なので、航空券の有効期間は1年間ですが、予約便に限り有効となります。

変更が不可能な航空券でも、空港カウンター係員の裁量で事情によっては変更してくれる事もあるようですが、どうでしょうかね。

以前、特典航空券は普通運賃に近い扱いをしてくれましたが、最近はどんどんルールの改悪で使い勝手が悪くてきてます。
まあ、ただで乗れるのですから、制限の多い特別運賃よりルールが緩いのは如何なものかと言う話があってもおかしくありませんけどね。

ルール改悪は仕方ないにしても特典枠の席数を多くしてくれないかな・・・。

ようやくJALも国内線にB787投入

JALは2019年から国内線にB787を投入することを発表しました。
既に国際線機材を使った成田発着の間合い運用で伊丹や中部線に投入していたりしてますが、今回投入となるのは国内線向けの新造機となるようです。

JL/JAL/日本航空 JL91 B787-8 JA821J

JALも国内線にB787を投入


B787のキックカスタマーであるANAは導入時から国内線用と国際線用で使い分けており、国内線では新幹線との競合となると路線を中心に投入しています。

まだGDSには反映されていませんが、JALはB787を羽田/伊丹線など伊丹発着路線へ中心に導入を行う計画との事ですから、伊丹発着のB767を切り替えていくのでは無いのかと思っています。

機内レイアウトなど未発表なのでどういう感じになるのか楽しみですね。
これでようやくJALのB787に乗る機会が出来そうです。

攻めるJAL

HA/HAL/ハワイアン航空 A330

JALとコートシェアを行うHA

JALは2018年3月25日から始まるサマースケジュールから日本/ホノルルなどハワイ路線などでハワイアン(HA)とコードシェアを開始すると発表しました。

今回の提携により、マイレージプログラムの相互乗り入れや、空港ラウンジの相互利用などが予定されており、JALとHAは独禁法の適用除外を申請するとの事で、かなり広範囲にわたる提携を行う計画の様です。

経営破たんにより新規路線開設や機材更新にあたってはANAとの競争公平化により多くの制限がかかった「8.10ペーパー」が今年3月末で失効し自由になった事から最近は攻めの姿勢が見られます。

成田・コナ線を再開し、JALとしてはハワイを観光地として開拓したのはJALと言う自負もあったのでしょう。
HAと提携したのも日本から以遠権でハワイへ足を伸ばすLCCや韓国系キャリアへの対抗と言った感じもあるのでしょうね。

昔、JALは成田から毎日、B747のオールエコノミー機材で2便とFCY設定の1便の3便に需要に応じて臨時便を多数設定してハワイへ観光客を運んでました。
まあ当時はJALの独占でしたから当然かも知れませんが。

やはり「JAL=ハワイ」の公式は譲れないと言ったところでしょうね。