Category: 航空



【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその3

5月だと言うのに気温はグングン上がってきました。
さくらの丘は日を遮る場所は無いので熱中症になるんじゃないかなと思う程でしたね。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ225 B747-8F JA11KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ225 B747-8F JA11KZ

まだ日が西側に回ってこないのでサイドが影ってしまいますが、いい感じで離陸していきます。

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7168 B747-400F N407KZ

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7168 B747-400F N407KZ

ノータイトルのホワイトボディと言う747も昔はちょくちょく売却時に登場しましたが、最近は747自体がレアですからね。

TZ/SCO/スクート TZ291 B787-8 9V-OFB

TZ/SCO/スクート TZ291 B787-8 9V-OFB

スクートの到着はBランだったので上がりが撮れて良かった。

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMH

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMH

LXのA340がゆっくりと上っていきます。
LXの長距離線新機材の選定決定がなかなか発表されません。A340も経年が進んでますからね・・・

NH/ANA/全日空 NH929 A320Neo JA211A

NH/ANA/全日空 NH929 A320Neo JA211A

Neoシリーズが離陸しますが、軽いのでかなり上昇しています。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

旅客便にまじりカーゴも上がります。カーゴルクスは香港行です。

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A380 HS-TUE

A380を後追いで

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

ギアアップしている写真は今まであまり撮影機会が少ないのでついつい追いかけてしまいます。お陰でCFの残容量が少なくなってきました。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTO

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A330-300 OH-LTO

AYもBラン降りなので出発だけの撮影です。今日はスペマです。
そろそろ1093レ撮影の為に移動しなければなりませんが、FR24を見ていると
AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANR

AI/AIC/エア・インディア AI307 B787-8 VT-ANR

AIがスポットアウトしてタキシングしているので、1093レを捨てて残留することにしました。

UL/ALK/スリランカ航空 UL455 A330-300 4R-ALR

UL/ALK/スリランカ航空 UL455 A330-300 4R-ALR

でもそろそろ1094レの時間があるのでこの日はULが上がったところで撤収することにしました。

天気の良い日にスポティングをすると気持ちが良いですが、これからは暑さとの戦いになりますね。



その2へ> <飛行機の館へ> <その1へ

JetSatr Japan 中部を拠点化

GK/JJP/ジェットスター・ジャパン A320 JA07JJ

名古屋・中部空港に着陸するジェットスター・ジャパン

ジェットスタージャパン(GK)は来春から中部国際空港を拠点化することを発表しました。

GKは既に新千歳線、福岡線、那覇、鹿児島、台北、マニラに路線を開設していますが、ナイトステイしないので朝や夜間運航が難しく路線運用上のネックになっていましたが、拠点化により整備員が常駐することになるので運航が行いやすくなり、新規路線開設やチャーター便の運航も期待できます。

もともと以前から中部の拠点化を計画していましたが、運航体勢の構築に時間に掛かることから延期していました。
拠点化決定を受けて明日5/25から名古屋「758円」のセール運賃を席数限定で発売することも発表しています。

さて、今回のGKが中部拠点化発表で、同じく中部を拠点として就航を計画しているAir Asia Japanですが、就航が未だ決まらない状態の様でこのまま立ち消えしてしまうのでは無いかと思ってしまいます。

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその2

この日は、只見線のSLの撮影も考えていましたが、撮影者も多いし会津川口折り返しと言うこともあって最近は只見線の撮影から遠のいています。

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OHSD

SB/ACI/エア・カレドニア・インターナショナル SB800 A330-200 F-OHSD

このとこえろエアカリンはF-OJSEばかり撮影していたので、今日はちがいう機体がやって来てくれたのはなにげに嬉しかったですね。

NH/ANA/全日空 NH808 B787-9 JA873A

NH/ANA/全日空 NH808 B787-9 JA873A

先日、羽田でGAしてしまい撮り損ねたスターウォーズのB787がBKKから到着すす。

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO79 B787-8 SP-LRB

LO/LOT/LOTポーランド航空 LO79 B787-8 SP-LRB

LOTも順当にAランに降りて来ました。

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

C8/ICV/カーゴルクス・イタリア C85735 B747-400F LX-OCV

やっぱりジャンボだとこのような少し前から撮影した方がかっこいいですね。

続いてIBがやって来ましたが16Lをアサインされちょっとがっかりしましたが、それを知った(?)機長が機体パフォーマンスから16Rをリクエストしてくれ、16Rにやって来ました。

IB/IBE/イベリア航空 IB6801 A340-600 EC-JPU

IB/IBE/イベリア航空 IB6801 A340-600 EC-JPU

、乗り入れ当初はA330でしたがサマースケジュールからA340-600になりました。A340-600も久々に見た感じします。

LD/AHK/エアホンコン LD208 A300-600RF B-LDG

LD/AHK/エアホンコン LD208 A300-600RF B-LDG

エアホンコンはA300-600Rでした。最近はジャンボでは来ないんですかね。

さて9時を過ぎたし、到着機も一段落してきたのでここらで移動します。
コンビニで買い物をしつつ、出発機を撮影できる34エンド近くのさくらの丘へ向かいました。
今までは70-200Lでしたが、ココでは70-300Lで狙ってみます。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX509 A330-300 B-HLM

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX509 A330-300 B-HLM

キャセイが上がりましたが、この時間だとまだサイドまで日が当たりませんね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 B787-9 VN-A866

VN/HVN/ベトナム航空 VN301 B787-9 VN-A866

ココだとギアアップした機体が撮影できます。

PR/PAL/フィリピン航空 PR435 A321 RP-C9902

PR/PAL/フィリピン航空 PR435 A321 RP-C9902

小型機でも上がりが遅ければいい感じで撮れます。

JL/JAL/日本航空 JL827 B787-8 JA833J

JL/JAL/日本航空 JL827 B787-8 JA833J

キアアップが終わったドリームライナーを後追いしてみました。主翼の先が反射しているのも逆光ならではですかね。



<その1へ> <飛行機の館へ> <その3へ

【NRT/RJAA/成田】2017/5/20撮影レポートその1

カンタスが成田から羽田に移ってからは6時の運用開始から成田で撮影することが無かったので、久しぶりに朝からスポッティングしてきました。

1095レをモノサクで撮影した後、16Rno高速陸橋上のポイントに6時に到着するとAラン1番機が降りてきました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX6 B747-400F B-HKX

カンタスはBラン降りでしたから同時にAランに降りてくるキャセイカーゴを撮影するのはかなり久しぶりです。

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

5Y/GTI/アトラス航空 5Y7133 B747-400F N407KZ

続いてやって来たのはアトラスのB747-400Fです。レジから判るように去年の11月にNCAから売却された移籍機です。フルカラーにならないのでしょうかね。

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

FX/FDX/フェデックス FX31 B777-200F N854FD

ANAのドリームライナーが2機続いた後に、フェデックスのトリプルカーゴがやって来ましたがファイナルでフラフラしているなぁと見ていたらGAです。

どうもILSローカライザーを上手く受け取れなかったのか?ILSの不具合でGAした様です。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

kの時間はAランに降りてくるのはカーゴ機が主体で、意外とトラフィックが少ないです。

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ224 B747-400F JA05KZ

降りてくるカーゴもNCAがメインです。昔はFedexとかNW Cargoとか結構頻繁に降りてきたんですけどね・・・

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

この日のSwissはタイトルをマイナーチェンジしたJMHでした。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ638 B777-300ER 9V-SWS

SQも2便あった朝便のうち1便は羽田に移ってしまいました。

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

TG/THA/タイ国際航空 TG640 A380 HS-TUE

朝のTG便は羽田へはB747-400、成田にはA380と使い分けています。タイからの訪日客が好調なのでA380でも席が埋まるのでしょうね

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ167 B747-8F JA11KZ

成田でB747-8を一番見られるのはKZです。

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

AM/AMX/アエロメヒコ航空 AM58 B787-8 N783AM

この日のAMはティファナで給油した関係で1時間半遅れでした。



その2へ> <飛行機の館へ

朝の成田空港

今日は、成田空港で朝からスポッティングして来ました。前は朝のカンタスを狙うので夏場は早朝から通ったものですが、カンタスが成田から去ってからは遠のいていました。

朝、6時過ぎに16Rの朝の定番である陸橋に到着して、9時頃まで16Rエンドに居ましたがこんなに便数が減ったの?と思うくらい16Rに降りる機体が少なくなりました。

前はアジアやオセニアニアからの便やCARGOが頻繁に降りてきたのですが・・・
もちろん、JALなど16Lに降りた便もありましたのでトータル的にはそんなに減ってないのかも知れませんが、CARGOが少なくなった気がします。

成田をハブにしていた貨物輸送が直行化でダイレクトに中国などのアジアに行くようになったからでしょうか?

お陰で朝に、降りてくる便が無くて待ちの時間が結構、ありました。
でも昔は、朝の9時前に離陸する便は殆ど無かったですけど、最近はLCCがかなり上がって行くようになりましたけどね。
朝の成田空港の様子が結構、変わったなぁと思った1日でした。

CXのB747F

カンタス亡き後の朝の1番機と言えば、キャセイのカーゴですね。

システムの不具合によるものでした。

ANA

先日、ANAの特典特典航空券を変更した際に、WEB上ので変更金額と決済時の金額表示が異なっていた件について問い合わせていましたが、システム上の不具合で5月から発効した香港の空港旅客保安料が重複計上されていたとの回答がありました。

もともと運賃として収受していた香港のセキュリティサービ料金が廃止されて空港旅客保安料になったので変更時の収受計算ロジックに誤りがあったと推測されます。
なので、追加となるYQ(燃油サーチャージ)に新設された空港旅客保安料を追収受料金として表示されたと思います。

また、変更後のE-TKT上の料金欄にYQが2210円となっていたのも不思議だったのでこの結果についても質問していたところ、こちらは航空券が今回の変更で再発行したので、諸税の再計算が行われレートとが変わったことと、セキュリティサービ料金の廃止分で差額が発生したので、その分をYQの3000円から差し引いて計算したことも判明しました。

今まで第一搭乗区間が変更にならない限り、空港税など諸税は再計算されないものと思っていましたが、ANAは区間に関わらず変更が発生すると再計算されてしまうのですね。

今回は為替レートの変動が原券発券時より下回ったので良かったですが、逆の場合は損することも考えられますね。

それにしてもシステムの不具合についてちょっとお粗末ですが、空港税をチケットに切り込むのは時代の趨勢と言えかえって利用者に不明瞭になった気がします。

【HND/RJTT/羽田】2017/5/5撮影レポートその2

お目当てのA350が2機到着しましたが、折角良い天気なのでもう少し残業することにしました。やっぱりGWとなると工場が休みになるので青空もその分綺麗に見える感じです

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8985

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8985

B777がかなり踏み込んでカーブを描いたので上手く月とコラボ出来ました。
月が出る位置を計算して撮影に来れればもっといい写真が撮れたかも知れませんね。

6J/SNJ/ソラシドエア  B737-800 JA806X

6J/SNJ/ソラシドエア B737-800 JA806X

ソラシドのB737も大回りでカーブを描きました。

JL/JAL/日本航空  B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 B777-300ER JA751J

LDAアプローチの醍醐味は大型機ですね。埋立地に設置されたローカライザーに乗ってきてゲートブリッジを越えたあたりから旋回していきます。

さっきまで月を絡めて撮影しようとしていましたが、かなり月が昇ってしまい、コラボは難しくなりました。70-300mmDOで撮影していましたが、70-200mmにX2エクステを付けて400mmにして月を撮影してみました。
クレーターまで綺麗に見えますね。

BC/SKY/スカイマーク  B737-800 JA73Z

BC/SKY/スカイマーク B737-800 JA73Z

さすがにX2エクステをつけるとレンズが重いです。

NH/ANA/全日空  A320 JA8946

NH/ANA/全日空 A320 JA8946

A320Neoシリーズのデリバリーが始まったのでA320も退役が進んでいます。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA604A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA604A

スターウォーズカラーのB767がやって来ました。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA342J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA342J

400mmまであるとB737クラスもかなり近づけます。やっぱり100-400mmLが欲しいなぁ

NH/ANA/全日空  B777-200 JA714A

NH/ANA/全日空 B777-200 JA714A

B777-200ERがいい感じでカーブしていきます。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

デリバリーが進むA320Neoシリーズ。A321Neoは需要の多めなローカル線に投入されています。

FR24を見るとMUがアプローチしてきているので、最後は外航機で〆ようと待ちました。

MU/CES/中国東方航空  A330-300 B-6507

MU/CES/中国東方航空 A330-300 B-6507

MUのキャプテンはLDAアプローチに慣れているのか?良い角度で進入してカーブしてきました。


その1へ> <飛行機の館へ

【HND/RJTT/羽田】2017/5/5撮影レポートその1

GWの中日、5/5は良い天気で特に出掛ける予定も無かったので、午後のVNとSQのA350をメインにLDAアプローチを撮影でもしようと中防大橋へ行ってみました。

白バイが獲物を狙っているゲートブリッジを法定速度で通過していると、中防大橋手前で御用となった車が。
横目に見つついつもの場所に到着して撮影開始です。

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA831J

ココで撮影する時はやっぱり青空じゃないと絵にならないですね。気持ち良い青空です。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA810A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA810A

FR24を見ているとどうやらB787が連なって羽田に向かってきています。

VN/HVN/ベトナム航空  A350-900 VN-A892

VN/HVN/ベトナム航空 A350-900 VN-A892

外航機だとLDAアプローチに慣れてないのでカーブが浅かったり高度が低かったりします。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA812A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA812A

羽田から北に向かうANA機が背後に入りました。

NH/ANA/全日空  B787-9 JA833A

NH/ANA/全日空 B787-9 JA833A

このドリームライナーはかなり回り込んで一気に変心していきました。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA834A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA834A

この日は月が出ていて上手くツーショットできればと試してましたが、月が高く上がってしまいかなり広角にしないと上手くツーショットになりません。

NH/ANA/全日空  B777-300 JA754A

NH/ANA/全日空 B777-300 JA754A

なので、縦位置で撮影してみます。鉄道では縦位置撮影も良くありますが飛行機ではあまり縦位置撮影はしないので、上手く構図作りが出来ずトリミングしています。

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA615J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA615J

鉄道と違って三次元で動くので位置関係を掴むのが大変です。

JL/JAL/日本航空  ERJ-170 JA214J

JL/JAL/日本航空 ERJ-170 JA214J

月のクレーターが綺麗に見えます。

SQ/SIA/シンガポール航空  A350-900 9V-SMD

SQ/SIA/シンガポール航空 A350-900 9V-SMD

SQのA350も浅めにLDAアプローチしてきました。

A350やB787の新鋭機が次々にやってくるのは世界中を探しても羽田くらいでは無いでしょうか?


<その2へ> <飛行機の館へ

燃料サーチャージ追加

NH/ANA/全日空 トーイング B787-9 JA877A

HKG/HND線はB787-9で運航

1月31日に発券したTYO/HKG往復のANA特典航空券ですが、予約時に羽田便は取れず成田便で往復を予約し発券しました。

まあ、そのうち羽田便に空席が出れば変更しようと思い、時たまANAのサイトで予約状況をチェックしていたら、先日復路のHKG/HNDに空きが出ていました。

じゃあ変更しようかなと手続きを勧めると、変更の支払い金額が3560円と表示されていました。
あれー、燃料サーチャージは第一セクターが変わらなければ再徴収は無かった筈なのに・・・とANAのサイトで確認すると

(4)航空券発券からご出発までの間に、適用される燃油特別付加運賃の額が変更となった場合の取り扱いは以下の通りです。
 1)航空券を変更(*)しない場合
   差額調整は行いません。
 2)航空券を変更(*)する場合
  ・未使用の航空券を変更する場合
   既にいただいている額と航空券の変更を行う日に適用される額の差額調整を行います。
  ・一部使用済みの航空券を変更する場合
   差額調整は行いません。
*変更とは、日付の変更や、旅程の変わらない便名変更、オープンの航空券に新しい予約をする場合も含みます。

あれ、変更すると再調整するの?
だから3560円の追収受が発生する訳なのか。
3000円はサーチャージで560円は空港利用料か何かが変わるのかな。

うーん、それにしても追加支払いは痛いなぁ。
折角、サーチャージが掛からない時期に発券したのに意味が無くなるし。
あ、ANAはそれを狙っているのか。
少しでもサーチャージを回収しようという魂胆でしょうかね。

ちなみにJALは引き続き第一セクター以外の変更の場合は再計算しないルールになっています。

変更するのを少し躊躇しましたが、羽田便はB787-9の運航なのと帰りは成田より羽田の方が便利だからと変更することにしました。

が、変更手続きをすると?な状態に
E-TKTでの収受額がホームページでの変更額と異なっていたのです。
これについてはちょっと問題かなと思ってANAに問い合わせています。

燃料サーチャージやら空港利用料とか複雑なのこういう事が発生するのだろうと推測していますが、利用者にとって余計、国際航空券の仕組みに不信感を覚えちゃいますよね。

【HND/RJTT/羽田】2017/5/1撮影レポートその2

この日は午後天気が崩れると言っていたので、雨が降るのは仕方ないから早めに撤収するかと思っていたら急速に天候が回復して日が差してきました。

なら順光になる第二ターミナルに移動して撮影を続行することに。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA331J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA331J

JALが到着する時に東海汽船のジェットフォイルが背後に入ります。ジェット同士の競争です(笑)

DL/DAL/デルタ航空  B777-200ER N862DA

DL/DAL/デルタ航空 B777-200ER N862DA

続いてデルタが離陸します。ローテンションすると先程のジェットフォイルが航行しています。羽田沖を通過してそろそろ通常航行モードになる頃でしょうかね。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA113A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA113A

ANAのA321Neoが到着しタキシングするところを撮影。機体後方屋根上のドーム状なのはアンテナですかね。

AA/AAL/アメリカン航空  B787-8 N778AN

AA/AAL/アメリカン航空 B787-8 N778AN

アメリカンのドリームライナーが離陸します。幕張沖まで見渡せる程視界が回復してきました。

NH/ANA/全日空  B767-300 JA8567

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8567

B767はRWYエンドから離陸を始めたので早くローテンションしました。

NH/ANA/全日空  B777-200 JA711A

NH/ANA/全日空 B777-200 JA711A

躍動感?を出すためにシャッタースピードを下げて流し撮りをしましたが、流し足りなかったかな。

HD/ADO/エアドゥ  B737-700 JA16AN

HD/ADO/エアドゥ B737-700 JA16AN

この日はX2エクステを持参していたので寄ってみることに。そろそろEF100-400Lを買いたいけど予算が・・・

JL/JAL/日本航空  B787-8 JA828J

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA828J

JALのB787が離陸しますが、重量がある国際線なのでゆっくり上がり、スカイツリーとのツーショットになりました。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA307J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA307J

東京湾ゲートブリッジバックにB737が離陸してきます。

さてそろそろ日も傾いてきたので撤収することに。
モノレールに乗って浜松町に向かうとNエリアに2機の大型Biz-jetの姿が見えたので昭和島で下車して整備場まで引き返します。1dayパスを買って良かったです。

A319とB737NGの2機が駐機していました。B737の方は位置的にレジが見えなかったのが残念です。

Biz-Jet Nレジ B737-800

Biz-Jet Nレジ B737-800

B737の方は順光で狙えるのですが、A319の方は半逆光になってしまいました。ちなみにA319はM-RBUSでした。

これにてミッション完了、撤収です。


その1へ> <飛行機の館へ

【HND/RJTT/羽田】2017/5/1撮影レポートその1

JALのハンガー見学の後、ターミナルで撮影しようと第一ターミナルに向かいました。雨は止んだようですが暗い雲が覆っていたのでちょっと露出が・・・

NH/ANA/全日空  B737-800 JA51AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA51AN

スタアラカラーのB737が降りてきました。午後は第一ターミナルでは逆光になりますが、こういう天候なら大丈夫です。

SQのA350がアプローチしてくる頃には再び雨が降ってきました。

SQ/SIA/シンガポール航空  A350-900 9V-SMH

SQ/SIA/シンガポール航空 A350-900 9V-SMH

最初はパラパラでしたが着陸時には結構降ってきたので、撮影後は屋根のある場所に避難します。

NH/ANA/全日空  B767-300 JA8567

NH/ANA/全日空 B767-300 JA8567

このまま撮影するか撤収か悩んでいたら雨が止んだので再び撮影に
雨で濡れた滑走路に降りたB767が水しぶきを上げます。
晴れた日ではそうはお目にかかれない光景です。うん。今日はこういうシーンを狙ってみようと撮影続行です。
JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA658J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA658J

接地したタイヤが水しぶきを上げて滑走しているがよく判ります。

NH/ANA/全日空  B777-200 JA8967

NH/ANA/全日空 B777-200 JA8967

エンジンのリバースが掛かると排気で水を跳ね上げます。

NH/ANA/全日空  B777-200 JA8967

NH/ANA/全日空 B777-200 JA8967

雨が降って滑走路の状況が良くなかったのでリバースする時間がいつもより長ったです。

UAのB787-9が国際線ターミナルから出発してきました。

UA/UAL/ユナイテッド航空  B787-8 N15969

UA/UAL/ユナイテッド航空 B787-8 N15969

国際線ターミナルからRWYに向かう場合L-2かL-3でRWY34Lを横断しますが、UAの787はL-4からRWY34Lを横断しました。

露出が微妙だったので流し撮りで撮影します。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA341J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA341J

B737だと水しぶきの量も少なめですね。この後、急速に天候が回復して日差しも差し始めました。
7G/SFJ/スターフライヤー  A320 JA22MC

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA22MC

撤収も考えてましたが、順光になる第二ターミナルに移動することにします。

この日は、モノレールの1dayパスを買っていたのでモノレールで移動します(笑)


その2へ> <飛行機の館にもどる>

JAL SKY MUSEUM

5/1はメーデーで会社が休みでした。平日ならではのお楽しみという事でJALの整備工場見学JAL SKY MUSEUMに行って来ました。

実は6ヶ月前から予約が出来るので去年の11月に予約して数日前まで忘れていたのです。1週間間にお知らせメールで気づいた次第です。

ともあれ5/1にモノレールで新整備場へ。平日ですがGW期間と言うことでモノレールの1日パス(700円)が発売されていたのでお得に行くことが出来ました。

さてさて、新整備場駅出口の隣がJALのメンテナンスハンガーM1です。
ココには2012年の冬にキャビンレイアウト「JAL SKY SUITE777」の体験会がありその際に訪れていますので二度目だったりします。

受付を済まして展示コーナーの模型や昔の時刻表などの展示物を堪能した後、30分程の航空教室となり飛行機にまつわるちょっとしたお話とビデオを見た後にお目当てのハンガー見学となります。

以前はハンガー内で撮影した写真のネット公開は出来ませんでしたが、今は条件を満たしていれば掲載することも可能になりました。

M1ハンガーではB777-200とB737-800が整備中で、隣のM2ハンガーではちょうどB767-300ERが格納庫に入ってくるシーンを見ることができました。
この日はちょうど見学中に天気が悪化してしまい、ハンガー内からRWY34Lに着陸する機体を撮影出来るのですが、ちょっとイマイチになってしまったのは残念でしたが、あっと言う間の100分間でした。

また機会があれば行きたいですね。
ハンガー見学の後はターミナルでスポッティングしてきましたので、後日紹介したいと思います。

【IBR/RJAH/茨城】2017/4/30撮影レポート

昨日はスイスの友人と茨城方面へ出かけてきました。
その際に茨城空港に立ち寄ると丁度、上海からからの春秋航空が到着するところでしたので、撮影してみました。

上海から到着した9C8987便のA320(B-1671)

9C/CQH/春秋航空 A320 9C8987 B-1671

RWY21Rに着陸してきたA320です。バックは百里基地です。

9C/CQH/春秋航空 A320 B-1671

9C/CQH/春秋航空 A320 9C8987 B-1671

滑走路からターミナルへ向けてタキシングしてきます。この場所は臨時駐車場脇でちょっと盛り土になっているのですが、フェンスを交わすにはちょっと低いので腕を上げてライビュー撮影です。

9C/CQH/春秋航空 A320 B-1671

9C/CQH/春秋航空 A320 9C8987 B-1671

こうやって間近に機体を見られるのが地方空港の良いところなのですが、トラフィックが少ないのが難点です。
さらに茨城空港は1日7便ですから・・・
広場に展示されているF4ファントムと春秋航空を撮影してみました。

この後、ターミナルビル二階にある展望デッキに行ってみると結構な見学者が居ます。折り返しの上海行となる9C8988便はボーディングが始まっており、皆さん春秋航空が離陸するのを待っているようです。

ドアクローズしたもののなかなかクリアランスが出ないのか動かず10分程してようやくスポットアウトしました。

9C/CQH/春秋航空 9C8988 A320 B-1671

プッシュバックが要らない出発はオープンスポットならではです。

滑走路にはいり21Rエンドでターンして離陸となります。

9C/CQH/春秋航空 9C8988 A320 B-1671

9C/CQH/春秋航空 9C8988 A320 B-1671

思ターミナルビルからRWYエンドが林で隠れて見えないので動きが判らないのでいきない機体が姿を表しました。

デッキに居た殆どのギャラリー(まあ自分らもそうですが)は、A320が離陸していくと「行ったから帰ろう」と言うことでぞろぞろとデッキを後にしました。

そうそう茨城空港の正面にはこんな垂れ幕が掛ってました。

茨城県の代表するアニメなんでしょうね。

茨城空港が出てくるのかな?

それにしても茨城空港はなかなかすごい場所に空港があります。
のどかな畑が広がる土地で元々は自衛隊基地ですからコマーシャル要素が無い場所ですあら仕方ないのは当然ですが、1日7便だけですから空港運営は厳しいですね。

アリタリアは法的整理へ

AZ/AZA/アリタリア航空 ERJ175 EI-RDB

会社清算も有り得る?

従業員投票で再建策を否決され、資金援助の道が絶たれたアリタリア航空(AZ)ですが、その後開催された取締役会で、法的整理を開始する決定がなされたそうです。

今後、自力で再建が出来るよう資産の切り売りや、新たな資金援助先を探して自力再建の道を模索する様ですが、長年に渡り赤字や経営危機が繰り返すAZへ資金援助する企業が現れる可能性は低いでしょうね。

資産売却と言っても保有機材の大半はリース機材ですからたかが知れています。路線縮小するにしても欧州線はLCCの攻勢、長距離線はコストも掛かるしといい打開策としては乏しい訳です。

今までAZはギリギリのところで、なんとか踏ん張ってきましたが、今回はかなり難しい状況だと思います。このまま自力再建が出来ず、最悪は会社清算と言うことも十分考えられます。

さよならか?アリタリア

アリタリア航空

どうなるアリタリア航空?

経営危機が続いているアリタリア航空(AZ)は銀行やエティハド(EY)から追加支援の条件とされていた人員や給与の削減を含む再建策について、社員に対して「社員投票」を実施し意思確認をしたところ、否決されてしまいました。

イタリアらしいと言えばそれまでですが、EUは自国企業への経営資金援助には多くのハードルを設けており、イタリア政府もナショナルフラッグであるアリタリアの救済は出来ない状況です。

今日、AZは取締役会を開いて対応策を協議するようですが、このまま銀行やEYから支援が受けられなくなると運航停止になる可能性も高く、最悪今月末をもってOn Groundになってしまうかも知れません。

AZはいままで幾度となく経営危機に直面し、なんとか切り抜けてきましたが、今回の結末はいかに?
今日の取締役会の結果が気になります。