Category: 航空



【RCTP/TPE/台北】2018/9/8撮影レポートその3

このポイントは長距離線のエアボーン地点あたりなので、北米や欧州へ向かうフライトだと撮影しずらいので途中で移動しようかと思っていたのですが、出発機が続いていたので移動せずに撮影することにしました。

BR/EVA/エバー航空  A321 B-16225

BR/EVA/エバー航空 A321 B-16225

FR24では便名はユニ航空でしたので、ウエットリースなんでしょうね。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16340

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16340

周りが明るくなっていい感じで撮影できるようになりました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18351

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18351

BRの離陸が続いたのでなんかCIが新鮮に見えます

JL/JAL/日本航空  B767-300ER JA620J

JL/JAL/日本航空 B767-300ER JA620J

JALの767が上がりました。関空が運休となっているので臨時便で成田へ向かいます。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16726

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16726

この時間はBRの長距離線が続けて出発となります。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16716

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16716

エアボーンが遅くハンガーのタイトルと上手くコラボできました。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16703

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16703

サンリオキャラクターのB777-300ERですが、LAX行だったので上がりが遅く、トリミングしています。

B7/UIA/ユニー航空  A321 B-16210

B7/UIA/ユニー航空 A321 B-16210

ユニー航空は中国本土の地方都市を結ぶ路線に多く就航しています。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16333

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16333

函館行のBRはサリオキャラクターのA330-300でした。新千歳が運休になったので函館に大型機材を回しているようです。
もう11時を過ぎて、そろそろ戻ってホテルをチェックアウトしなければなりません。

SL/TLM/タイ・ライオン・エア  B737-800 HS-LUJ

SL/TLM/タイ・ライオン・エア B737-800 HS-LUJ

タイのLCC、タイ・ライオンエアでTPEでの〆としました。

およそ2時間ほどの滞在でしたがなかなかいい感じで撮影が出来ました。
さて午後の部につづきます。


TSA編へ> <飛行機の館へ

6時間待ってようやく政府専用機を撮影

今日は、外遊大好きな首相が訪米するにあたり、今年度で退役する政府専用機が首相運搬の為、羽田からオペレーションすると言うので、釣行予定を変更して撮影へ行ってきました。

千歳基地から政府専用機が2機、土曜日の夕方にフェリーされて来たとの情報だったのでお昼頃には出発するのでは?と言う予想が出てました。
確かに、前日にフェリーされて来る時は早めに出発する時が多いので11時~13時頃に出発するだろうと予想して出発しました。

この時点では北東の風でRWY34Rだったので、京浜島も候補だったのですが、午前中は光線状態が良くないので羽田空港へ向かいます。
羽田空港のP3駐車場に10時半前に着くと満車で入庫90分待ちの表示です。国際線Pも満車なので、こうなったら羽田の街中にあるコインパーキングに入れて電車移動して待ち時間を回避しようと環八で街中へ向かいます。
穴守稲荷駅近くのコインパーキングが空いていたので、値段を確認して入庫します。30分200円で上限は1400円なので空港より少し高いですが、仕方ありません。

電車で羽田空港には11時に到着。まずはP3駐車場の屋上でV1スポットに居る政府専用機とご対面です。

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

この時点でまだタラップが用意されていないと言うことは、出発までまだ時間が掛かることになります。
となると早くて13時過ぎかなと、第二ターミナルの展望デッキへ向かい、午後から南東風の予報だったので南側のデッキで待つことにしました。

羽田からVIP機が離発着する際には、保安庁や水上警察の警備艇が沖合を警備するので、警備艇が出てくるのを待ちますが、やってくるのはプレジャーボートばかりです。

政府専用機が出発したら昼飯食べて帰るつもりでしたが、13時を過ぎても出発する気配は無く、予想が外れたようです。
14時を過ぎても警備艇は姿を見せず、LHのジャンボが先に出発していきました。
訪米の記者発表では、現地23日夜にアメリカの小太りじいさんと夕食会との事だったので、仮に夕食会が19時からだとすると、17時には羽田を出ないと間に合わない筈です。

15時過ぎにRWYチェンジとなり北側のデッキに居たマニアが大挙して自分の居る南側にやって来ました。予想通りですが、そうなると日の丸を掲げタキシングするシーンが撮影出来ないのが残念です。

15時半過ぎにようやく警備艇が沖合に展開し出発が近いことを知らせます。後は首相が到着するのを待つだけです。

早く来てくれないと日没になってしまいます。ようやく16時半前に首相が到着したとの情報で16:40にようやくプッシュバックが始まりました。

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

ターミナルの影から日の出です。
ありがたや~

TWRを聞いていると「ジャパニーズエアフォース001」(JAF001)のコールサイン聞こえ、TWRにハンドオフされRWY16Rへ向かって行きます。
11時から待ちに待ってようやく滑走路への進入を拝めました。

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

夕日に照らされて16Rに進入します。

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

今日の本務機は10-1102の2号機が担務します。
撮影タイミングによてはタキシングする他の機体からのエンジン排気でメラメラになってしまうのでとにかく撮ってあとでチェックすることにします。

日本国政府専用機 20-1102 B747-400 離陸

日本国政府専用機 20-1102 B747-400

流石にニューヨークへの直行なので長い滑走で16:55にエアボーンしていきました。
夕日に照らされる政府専用機はカッコ良いですねー。ホント待った甲斐がありました。

次は予備機のJAF002ですが17時を過ぎて露出が厳しくなりISOを上げて待ちます。
ようやくタキシーウェイに姿を現したのが17:20でした。

日本国政府専用機 20-1101 B747-400

日本国政府専用機 20-1101 B747-400

1号機の20-1101がバックアップとしてニューヨークへ向かいます。
RWY16Lに入った後、RWY23の到着機がファイナルまで来ていたのでホールドとなり、光線状態がどんどん悪くなる時間帯なので、ちょっと焦ってしまいます。
日本国政府専用機 20-1101 B747-400

日本国政府専用機 20-1101 B747-400

ようやくCleared TakeOffとなり滑走を始めますが、なんせISO800まで上げてF5.6、1/320で流し撮りですから上手く止まるか心配です。今日は明るい70-200F2.8Lを持って来なかったのが悔やまれます。こんなに遅くなるとは思ってませんでしたからね。
日本国政府専用機 20-1101 B747-400

日本国政府専用機 20-1101 B747-400

17:30にエアボーンしJAF001を追いかけるようにニューヨークへ出発して行きました。

それにしても今日の出発は遅かったです。結構、時間切れで撤収する人も多かったようでもっと早い時間に出発してくれれば良かったのに・・・

穴守稲荷に戻り上限料金の1400円を払い出庫、18時半にようやく帰宅となりました。結構疲れましたね。

【RCTP/TPE/台北】2018/9/8撮影レポートその2

この撮影ポイントですが、いつも海外スポティングで参考にしているspotterguide.netに場所を紹介したら掲載されました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A350-900 B-18910

CI/CAL/チャイナエアライン A350-900 B-18910

今回の撮影ターゲットだったCIのA350-900が上がっていきました。
上がりが遅かったので後追いです。

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16332

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16332

サンリオキャラクターカラーです。台湾の人はどれだけサンリオが好きなんでしょうね。

MM/APJ/ピーチアビエーション  A320 JA814P

MM/APJ/ピーチアビエーション A320 JA814P

ピーチのA320が出発です。朝はやく羽田到着した便の折返しで台湾からのお客さんを運んでいくのでしょう。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18353

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18353

少し太陽が出て明るくなってきました。このまま晴れてくれればなぁ~

PR/PAL/フィリピン航空  A321 RP-C9905

PR/PAL/フィリピン航空 A321 RP-C9905

BRとCIばかりなのでPRがなんか新鮮に見えます。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16715

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16715

BRのスタラカラーです。ターミナルから出て行くのが見えたので早く来ないかなと待っていました。
結構、出発ラッシュだったのでかなり待ちました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空  B777-300 B-HNK

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 B777-300 B-HNK

CXのSpirit of Hong Kongが上がりました。もう少し早く上がるかなと思っていたのですが、後追い気味になりました。

BR/EVA/エバー航空  A330-200 B-16312

BR/EVA/エバー航空 A330-200 B-16312

短距離便なので早く上がると管制塔バックで撮れます。

AK/AXM/エアアジア  A320 9M-AQV

AK/AXM/エアアジア A320 9M-AQV

エアーアジア本家のA320が上がりました。

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16719

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16719

長距離便だと上がりが遅いので結構木々が邪魔になります。


その3へ> <飛行機の館へ

【RCTP/TPE/台北】2018/9/8撮影レポートその1

今回、台湾遠征では当初は桃園と松山でそれぞれ1日づつと言う計画でしたがその後、台鉄撮影を組み入れたことで空港は1日だけとなり、スポッティングは半日づつに変更することになりました。

朝起きると、使用滑走路は23になっておりホテルのある05エンド側では出発機撮影がメインとなります。
部屋のカーテンを開けると05Lから離陸した機体が見えるので撮影してみましたが、ガラス越しと逆光と言う悪条件であまり良くありません。

ホテルで朝食を済まして、大園駅にあるレンタサイクルを借りて05側の撮影地である埔心池公園に向かいました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18360

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18360

しかし23Lからの離陸機となると腹ばい気味で上がりが早い小型機となるとお手上げです。なのでロケハンしながら撮影できる場所を探しにまずは、有名ポイントの聯絡道へ行ってみましたが、事前の情報通り空港工事のトラック出入口となって近づくことが出来ませんでした。

近くで撮影できそうな所は無いかなと自転車を走らすと魚の養殖池の土手から撮影できそうな場所がありました。

BR/EVA/エバー航空  A321 B-16226

BR/EVA/エバー航空 A321 B-16226

丁度BRのA321が上がったので撮影するといい感じで撮影出来ます。
とりあえずこの場所で少し撮影してみることにします。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA312J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA312J

JALのB737が上がりました。台湾にJALが飛ぶというのも昔では考えられなかったですね。それにJAAの最小機材はB767でしたが、今ではJALのB737とは

BR/EVA/エバー航空  A330-200 B-16311

BR/EVA/エバー航空 A330-200 B-16311

BRで保有機数が少なくなったA330-200です。

CI/CAL/チャイナエアライン  A350-900 B-18908

CI/CAL/チャイナエアライン A350-900 B-18908

CIのA350は藍鵲號 (Urociss caerrulea)で台湾固有種「タイワンアオカササギ」のステッカーが貼られています。

B7/UIA/ユニー航空  A321 B-16209

B7/UIA/ユニー航空 A321 B-16209

日本には定期便未就航のBR子会社、ユニー航空のA321です。カラーリングはBRと同じなので一見見分けがつかないのとBRにウェットリースしているのでBR便名で飛ぶ時もあります。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18358

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18358

タイミングが良ければ第二ターミナルをバックに離陸するシーンが撮れます

BR/EVA/エバー航空  B777-300ER B-16733

BR/EVA/エバー航空 B777-300ER B-16733

長距離線だと上がりが遅く木々に邪魔されてしまうのが難点です。

IT/TTW/タイガーエア 台湾  A320 B-50008

IT/TTW/タイガーエア 台湾 A320 B-50008

台湾のLCC、タイガーエア 台湾ですが、本家のタイガーエアはスクートに合併しましたが、CI傘下で頑張ってます。

NX/AMU/マカオ航空  A320 B-MBB

NX/AMU/マカオ航空 A320 B-MBB

管制塔バックにマカオの321が上がりました。

うーん移動すべきか悩むなぁ。


<その2へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその3

この日は南西の風が強く吹いていたので着陸機は少し煽られていました。成田は横風用の滑走路が無いので横風が強く吹くと運航に影響が出るので横風用滑走路が欲しいものです。

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

NH/ANA/全日空 NH174 B777-300ER JA779A

ヒューストン行のNHは77Wと大型機材で運航してます。アメリカ中南部への利用者って多いのでしょうか?まあヒューストンはUAのハブ、と言うより旧コンチネンタル航空の本拠地ですからトランジットが多いのかも。

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SK/SAS/スカンジナビア航空 SK984 A340-300 OY-KBD

SKはA340です。もう欧州線でA340-300を飛ばしているのはSKとLXだけですね。中型エンジン4機なので大型エンジンを搭載した双発機の方が対地速度で負けるので、航空路が数珠繋ぎになるとロシアから煙たがれるとか?と言う話も聞きますが真相は?ですね。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ637 B787-10 9V-SCD

ドリームライナーの最新鋭B787-10です。SQは新型機材の発注がうまいですよね。

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AY/FIN/フィンランド航空 AY74 A350-900 OH-LWH

AYも最新鋭のA350-900での運航になりました。
昔はサンタクロース塗装のMD11がありましたね。

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MH/MAS/マレーシア航空 MH89 A380 9M-MND

MHはサーマーシーズン限定でA380を成田線に投入しています。
成田にA380だとキャパが大きい感じもしますが、習熟目的だから仕方ないのでしょう。

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

JL/JAL/日本航空 JL421 B787-8 JA841J

サッカーの応援スッテカーが貼られている787ですが、もうサッカー大会も終わったしそろそろ終了でしょうね。

JL/JAL/日本航空  B787-8 JA870J

JL/JAL/日本航空 B787-8 JA870J

ターミナルからさつえいすると、花時計とNARITAの文字が良く見えます。なのでタキシング中の787と絡めてみました。

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

3S/BOX/アエロロジック 3S590 B777-200F D-AALA

そろそろ撤収する時間かなと思っていたらアエロロジックが離陸していきました。ドイツのカーゴキャリアも成田に来るようになったんですね。

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

HY/UZB/ウズベキスタン航空 HY528 B767-300ER UK67008

中央アジアのウズベキスタン航空 が成田に乗り入れしていますが、昔、成田空港に乗り入れ希望しているキャリアが沢山あると運輸省が言ってましたが、LCC以外のナショナルフラッグ系のキャリアってあまり増えてないですけね。

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TG/THA/タイ国際航空 TG643 A350-900 HS-THL

TGの午前便と言うとTG641は昔からありましたが、今はTG643と2便あります。タイからの需要が多いと言うことなのでしょうね。

さてこのTGの上がりを撮影したところですが、そろそろこの後搭乗するBR197の出発時刻の2時間前と言うことでチェックインを済ましてラウンジへ行ってみようと言うことで、展望デッキを後にしました。

次回は台北編になります。


<台北その1へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその2

曇り空の平日ですが展望デッキにはスッポッターの姿がちらほら、まあ趣味の世界には平日も休日もありませんからね(笑)

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO213 B747-400F N454PA

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO213 B747-400F N454PA

ポーラカーゴの747が上がります。

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW9235 B737-800 HL8300

TW/TWB/ティーウェイ航空 TW9235 B737-800 HL8300

グアムへのチャーター便です。オープンスカイで第三国キャリアによりチャーター便運航が可能になりました。

FX/FDX/フェデックス FX167 B777-200F N877FD

FX/FDX/フェデックス FX167 B777-200F N877FD

最近、フェデックスのMD11を見る機会がめっきり少なくなりました。でもまだ成田には飛んで来ているようなのでタイミングでしょうかね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B777-300 B-HNG

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501 B777-300 B-HNG

ERで無いB777-300は短中距離用の定員が多い機材なので関西便救済でしょうかね。

JW/VNL/バニラエア  A320 JA12VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA12VA

ピーチと合併となるとどういう社名になるのでしょうね?

JL/JAL/日本航空 JL413 B787-9 JA867J

JL/JAL/日本航空 JL413 B787-9 JA867J

ヘルシンキ行のJLが離陸します。意外と早く上がりました。

JW/VNL/バニラエア JW805 A320 JA02VA

JW/VNL/バニラエア JW805 A320 JA02VA

2号機の白バニラがRWY16へ向かいます。

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N781AN

AA/AAL/アメリカン航空 AA176 B777-200ER N781AN

アメリカキャリアの中ではこの便だけが午前中に上がるフライトです。

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A330-300 HS-TEO

TG/THA/タイ国際航空 TG641 A330-300 HS-TEO

TGn成田線は良くシップチェンジされるのでいつもあれTGはこれだっけ?となってしまいます。

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 GA881 B777-300ER PK-GIC

GA/GIA/ガルーダ・インドネシア航空 GA881 B777-300ER PK-GIC

少しづつ天気が回復して日差しも復活してきました。そうなると展望デッキからRWY16の離陸機への光線状態は悪くなってきます。RWY34からの離陸ならまだ良いのですが・・・


その3へ> <飛行機の館へ

【RJAA/NRT/成田】2018/9/7撮影レポートその1

この日台北へのフライトは14:20発のBR197なので、それまで第一ターミナルの展望デッキで撮影してお昼過ぎにそのままチェックインすればいいやと、8時過ぎに自宅を出発して10時前にデッキに到着しました。
でも予報通り曇り空です。まあドン曇りでは無いだけ良かったですけど・・・

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B747-8F B-LJI

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX501D B747-8F B-LJI

キャセイのカーゴが丁度出発する所でした。Dなので24時間手配が掛かった貨物かな(笑)

XJ/TAX/タイ・エアアジア・X XJ601 A330-300 HS-XTF

XJ/TAX/タイ・エアアジア・X XJ601 A330-300 HS-XTF

友人が乗っているかな~と思いながら撮影したDMK行のエアアジアXです。今回台湾に行くかバンコクにするかで悩んだんですよね。

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO752 B747-400F N452PA

PO/PAC/ポーラエアカーゴ PO752 B747-400F N452PA

成田で見られるジャンボも殆どがカーゴになってしまいましたね。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX523 A330-300 B-HLU

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX523 A330-300 B-HLU

台北経由のキャセイはワンワールドカラーのA330でした。

AY/FIN/フィンランド航空 AY72 A350-900 OH-LWE

AY/FIN/フィンランド航空 AY72 A350-900 OH-LWE

AYが成田線にA350-900を投入後初撮影です。A350も増えてきました。

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMC

LX/SWR/スイス国際航空 LX161 A340-300 HB-JMC

LXは未だ成田線にはA340で運航しています。もうA340も珍しい機体になりつつあります。

NH/ANA/全日空 NH903 B787-9 JA898A

NH/ANA/全日空 NH903 B787-9 JA898A

まだB787-9には乗ったことが無いので乗りたいとはおもっているのですが・・・

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200ER EI-ISA

AZ/AZA/アリタリア航空 AZ784 B777-200ER EI-ISA

離陸機が続く中、AZが降りてきました。

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B777-300ER PH-BVS

KL/KLM/KLMオランダ航空 KL862 B777-300ER PH-BVS

KLの新塗装ですね。あまり旧塗装と変わらないような感じです。

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GZNU

AF/AFR/エールフランス AF275 B777-300ER F-GZNU

KLに続き、同胞のAFが離陸します。

さてまだまだ時間があるので撮影します


その2へ> <飛行機の館へ

エーデルワイス、世界一周チャータで成田・関空へ

エーデルワイス航空(WK)のA340がスイス初の世界一周チャーターフライトで9日に来日します。

チューリッヒからアンカレッジ経由で9日の11:30に成田に到着、午後に関空へフェリーされ乗客は日本を観光した後、13日午後に関空から次の目的地フィジーへ向かうことになっています。

WKは夏にチャーターフライトで日本にやって来たり、Swissの増便としてコードシェアで成田へ乗り入れた時期もありましたが、最近はご無沙汰でした。

WK/EDW/エーデルワイス航空  A340-300 HB-JMF

WK/EDW/エーデルワイス航空 A340-300 HB-JMF

今回のチャーターフライトはSwissからリースしているA340-300での運航です。今まで日本にはA330での運航でしたから、WKフルカラーのA340は日本初飛来ですかね。

自分も撮影に行きたいのですが、遠征なんですよね日曜日は・・・
でも関空は日曜日までに再開できるか心配ですね。

懐かしシリーズ”ANAのB777”

NH/ANA/全日空 NH996 B777-200 JA8179

ANAのトリプルセブンなんて懐かしく無いよと思われるかも知れませんが、ANAがB777を導入したのは1995年10月で今から20年も前になります。
導入を記念して尾翼のANAロゴが「777」になって登場して語呂合わせの良さといい、ANAカラーとのデザインが融合してなかなかかっこ良かったです。

まあ、当時はマリンジャンボに始まる特別デザインが流行っていた時期でもありましたね。

そんなB777-200の一番機、JA8197ですが2016年に退役していて、今活躍しているB777は航続距離が長いERシリーズで、初期型のB777は退役が進んでいます。
人気機種ではありますが、中古機市場では初期型B777にはだぶつきあるようで、アメリカの砂漠で買い手を待つB777が沢山?いるとか聞きます。
新しいオペレーターが決まれば良いのですが・・・

LHグループのウインター運賃

先日、10月後半のOS51便利用のプロモ運賃を紹介しましたが、今回ウィンター期間のプロモ運賃の情報が入りました。

冬場は欧州地域はオフシーズンなので安い運賃がファイルされるます。
今回はルフトハンザ(LH)グループ、Swiss(LX)、オーストリア(OS)とANAが利用できる運賃で9月30日まで支払いが必要になります。

 シーズナリティ H:11/1-11/11 K:11/12-12/26 L:2019/1/1-2/28
 発売期間 9/30まで
 発地 TYO/NGO/KIX
 着地 FRA/ZRH/MUC/VIE
 旅行期間  翌日曜日以降の5日~14日間
 運賃 H:71,000円 K:61,000円 L:55,000円
 予約クラス L
利用可能キャリア LH/LX/OS/NH
 運賃制限 払戻不可・変更不可
 週末サーチャージ 日本発土・日曜、欧州発金・土曜日は5000円増
 羽田発着便サーチャージ 羽田出発便 LH/NH5000円 羽田到着便 LH2500円/NH5000円

個人的には金額的にもう一声欲しいですね。運賃の他に燃料サーチャージ(9/1現在13400円/OW)と空港税が必要になりますから結果的に10万円近くになってしまいます。
それと予約クラスが低いので空きが少ないので上手く日程が合うかということもあります。

スターフライヤーは台北へ

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA06MC

台湾へ就航するスターフライヤー

スターフライヤーが春に台北線の開設をしましたが、この程台北線のスケジュールを国土交通省に申請をしました。

運航は10月28日からで
7G801 KKJ1555 TPE1740 
7G800 TPE1150 KKJ1505(火は5分、日は15分早発着)
7G811 NGO0830 TPE1100(火は5分、日は15分早発着)
7G810 TPE1830 NGO2210
時刻は認可条件付きでまだGDSには反映されてませんが、予約受付の開始日がまだ発表されてないからでしょうか?

あと気になるのが運賃ですよね。
就航記念運賃で安い運賃をファイルするとは思いますがLCCとFSC(フルサービスキャリア)の間になるのか?
気になりますね。

【RJTT/HND/羽田】2018/8/26撮影レポートその2

中央防波堤はホント何もありません。自販機すら無いので海底トンネルを通って城南島にあるコンビニまで買い物に行って再び中防大橋へ戻って来ました。

NH/ANA/全日空 NH218 B787-9 JA837A

NH/ANA/全日空 NH218 B787-9 JA837A

RWY05から離陸した北方コースの飛行機がバックに映り込みました。

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA623J

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA623J

高度が落ちてくる後追いがいい感じでまとまるのも中防大橋の良いところです。

NH/ANA/全日空 NH996 B777-200ER JA710A

NH/ANA/全日空 NH996 B777-200ER JA710A

夏らしい青空バックにANAカラーが映えます。

JL/JAL/日本航空  B777-200 JA8984

JL/JAL/日本航空 B777-200 JA8984

ECOジェットの8984も結構長いこと活躍しているのでもうそろそろですかね。

AC/ACA/エアカナダ AC1 B777-300ER C-FITU

AC/ACA/エアカナダ AC1 B777-300ER C-FITU

北方到着ルートのAC1もRWY22にアサインされ中防大橋にやって来ました。

JL/JAL/日本航空 JL5 B777-300ER JA741J

JL/JAL/日本航空 JL5 B777-300ER JA741J

続いてJL5もRWY22にアサインされました。やっぱり国際線ターミナルに近いからですからね。

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA773J

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA773J

LDAアプローチは撮影しがいありますが、そろそろ北風の時期が近いですね。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G A320 JA07MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G A320 JA07MC

今後は午前中にインカーブ側から狙ってみたいですね。多分、香港カーブらしく撮れる気がします。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMF

今日のSQは10000th AIRBUSのSMFでした。

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA706J

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA706J

さて日も落ちてきましたし、この後はめぼしい機体もなさそうなので今日は撤収しましょうかね。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/8/26撮影レポート

暇な日曜日と言うことでちょっと遅いランチをマグロ卸のマグロ丼のお店で済ましてから中防大橋へ

暑いけど海風が入って来るので少しは涼しい?かな

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-8362

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-8362

初っ端はチャイナサザンのエアバスです。

NH/ANA/全日空 NH212 B777-300ER JA785A

NH/ANA/全日空 NH212 B777-300ER JA785A

欧州帰りのNHはRWY22に降りてきました。いい感じでLDAアプローチに入ってきました。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

鹿児島のキャラクター付きです。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA20MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA20MC

バンクが大きいのでお腹まで光線がアタリます。

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空 NU90 B737-800 JA07RK

NU/JTA/日本トランスオーシャン航空 NU90 B737-800 JA07RK

JTAは遅れてましたがお陰で安室ジェットを撮影出来ました。

JL/JAL/日本航空 JL118 B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 JL118 B767-300ER JA602J

大阪から到着のB6もかなり踏み込んでLDAアプローチに入ってきました。

JL/JAL/日本航空 JL44 B777-300ER JA732J

JL/JAL/日本航空 JL44 B777-300ER JA732J

ロンドンから到着のJL44はワンワールドカラーでした。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA831A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA831A

中防大橋は好きな撮影地なのですが、カーブを踏み込むとお腹が大きくなってしまいます。

JL/JAL/日本航空 JL46 777-300ER JA738J

JL/JAL/日本航空 JL46 777-300ER JA738J

パリからのJL46もRWY22に降りてきました。北方到着でも国際線ターミナルに近いRWY22に下ろす場合が多いですね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

今日もヤクザですね。

この後のSQまで少し時間があるのでコンビニで飲料補給です。


その2へ> <飛行機の館へ

懐かしシリーズ”JALの747-400”

JL/JAL/日本航空 B747-400 JA8076

JL/JAL/日本航空 B747-400 JA8076

早いものでもうJALからB747が引退して7年が経過しています。

昔、成田に通い始めた頃は、午後なるとやってくる飛行機はJALとNWとUAのB747ばかりと言う時代でした。
だからか意外と写真が残ってないものです。

まあ、当時はフィルムでしたから無駄なシャッターは切れませんでしたからね。

さて、このB747はロサンゼル空港で1997年に撮影したものです。DL78でLAXに着いてSR107に乗り継ぐ時にターミナルからシャトルバスに乗って、パブリック駐車場で撮影に行きました。

この時、エアバンドを聞きながら撮影したのですが、早口の英語に戸惑いながら聞いていると、「ジャパンエアー」と言うコールサインを聞いて、なぜかホッとした記憶があります(笑)

人手不足が安全を揺るがす

NCAが整備記録を改ざんし運航を行い、航空法に違反したことから国交省から事業改善命令と業務改善命令を出され、6月に運航を休止していましたが、改ざんした原因に「機材が増えたものの整備要員が不足し違反行為を行っていた」と公表し関係者の処分を行ったと報道がありました。

今回、貨物専門の航空会社と言うことであまり大きなニュースになりませんでしたが、航空業界はあらゆる面で「免許や資格」が必要な世界です。

特に日本では必要な免許や資格保持者が少なく、求人を出しても簡単に補充が出来ないのです。
養成しようにも時間が掛かりコストも掛かります。

一方でLCCの参入や増便などで需要は増え、さらにお上の安全基準の見直し(強化)で整備項目は増える一方で整備士の負担は増えるばかりです。

航空業界に関わらず少子化の影響もあって人手不足の業界は多いです。
ちょっと話は反れますが、日本の物流を支えるトラック業界もこの先ドライバー不足が深刻になると言われてます。もしかしたら物流の大動脈が動脈硬化を起こして日本の経済が瀕死になるかも知れないのです。

国交省も安全基準を厳しくするのは良いですが、そう人手不足に関しての対策も考えて頂きたいものですね。
一企業の問題と言うだけでは無く、輸送業界共通の問題だと

KZ/NCA/日本貨物航空 KZ89 B747-8F JA18KZ

整備記録改ざんで未だ全機の点検が終わってない日本貨物航空