Category: 航空



【RJTT/HND/羽田 】2018/1/1撮影初日の出レポート(2)

無事に初日の出撮影ができたところで、早々にターミナルに移動して早朝のお楽しみ、「ハミングバードデパーチャーwith富士山」を狙います。
7時台に出発する3便だけがRWY34Lから離陸して大田区上空を通過する出発方式ですが、この時期は富士山をバックに撮影が出来るのですが、空気の済んだ元旦が狙い目と言うことなのですが、今年は大晦日に雨が降ったからか少し霞んでいます。
去年は南アルプスまで見えたのですが・・・

今日は風景重視の構図で狙います。

BA/BAW/ブリティッシュ・エアウェイズ  B777-300ER G-STBE

BA/BAW/ブリティッシュ・エアウェイズ B777-300ER G-STBE

ロンドンからのBAが到着です。BAと富士山と言うとBOACの事故が昔、ありましたね。

7G/SFJ/スターフライヤー  A320 JA22MC

7G/SFJ/スターフライヤー A320 JA22MC

スターフライヤーの早朝便が北九州から到着してきました。

JL/JAL/日本航空 JL491 B737-800 JA329J

JL/JAL/日本航空 JL491 B737-800 JA329J

ハミングバードの1番機は高知行のJLでした。ですが、エアボーンした場所が悪くトーイングされて来たB777の尾翼と被ってしまいました。

CI/CAL/チャイナエアライン  A330-300 B-18351

CI/CAL/チャイナエアライン A330-300 B-18351

国際線ターミナルからRWY05に向かうダイナスティをターミナル&富士山バックで。国際線もハミングバードディパーチャーの対象になれば良いのですが、駄目ですかね~。

BC/SKY/スカイマーク  B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク B737-800 JA73NG

ヤマトジェットがトーイングされてきました。宇宙戦艦ヤマトは子供の頃に見てから好きだっただけにリメイク版も楽しみです。

NH/ANA/全日空 NH583 B787-8 JA816A

NH/ANA/全日空 NH583 B787-8 JA816A

ハミングバードの二番手は松山行のドリームライナーでした。やぱり大型機の方がいい感じで撮れます。

NH/ANA/全日空 NH583 B787-8 JA816A

NH/ANA/全日空 NH583 B787-8 JA816A

ドリームライナーが朝日を浴びて上昇していきます。この後左旋回して大田区上空を通過して西へ向かいます。

JL/JAL/日本航空 JL213 ERJ-190 JA241J

JL/JAL/日本航空 JL213 ERJ-190 JA241J

ハミングバードの最後は南紀白浜行のERJでした。軽いのでいい感じで上昇して富士山と上手くコラボ出来ました。

ハミングバードが終わるとデッキにいた撮影者の殆どが撤収していきます。この後、到着機が続くので少し残業します。

NH/ANA/全日空  B777-200ER JA742A

NH/ANA/全日空 B777-200ER JA742A

小型機より大型機の方がしっくりきます。

NH/ANA/全日空  A321Neo JA112A

NH/ANA/全日空 A321Neo JA112A

ANAのA321がやって来たので撮影して、ターミナル内の航空神社にお参りしてから撤収します。

鉄道コム

【RJTT/HND/羽田 】2018/1/1撮影初日の出レポート(1)

今年も羽田空港へ初日の出撮影に行って来ました。
6時半過ぎに毎年おなじみの場所に到着。去年よりも駐車している車が少ないのは昨年から年末年始は繁忙期料金になったからかな?

ANA B787-9東の空が明るくなって来た頃にRWY34RにANAのB787-9が降りてきました。これなら今年は初日の出がばっちり拝めそうです。

JAL B767-300ERJALのB767がトーイングさえてJ-1を通過していきます。
気温が下がったので機体上部が凍ってますね。

ANA B777-300ERこの時間の到着機は国際線となりますが、34Lならターミナルに近いのですけどね。

JAL B737-8006時半を過ぎると国内線も出発し始めていきます。新千歳行の始発になるJALのB737-800が34Rに向かいます。

日の出時刻を迎え房総半島の山向から初日の出が・・・
スカイマーク B737-8001/3位が顔を出した頃にスカイマークのB737-800が離陸しました。
去年は香港エクスプレスが離陸直前のトラブルで日の出時刻に出発機が上がらなかったからなぁ~

ANA B787-8続いてANAのB787-8が上がります。

太陽はグングンと上昇していきます。
JAL B767-300日が上がると光線も強くなるのでそう長くは撮影できません。

スカイマーク B737-800BCのB737-800が34Rに向かって行きます。

ANA A320衛星Wi-Fiアンテナが装備されたA320が上がりましたがそろそろ太陽を撮影するのは厳しくなったので、ハミンバード狙いの為に第一ターミナルに移動します。


その2へ> <飛行機の館へ

エンブラエルとボーイング提携でMRJ潰し?

JL/JAL/日本航空 ERJ190 JA250J

JALはいち早くERJ190を導入してリジョーナル路線に就航しています。

ブラジルの小型機メーカー、エンブラエルがボーイングと合併とか提携とか言う話が年末になって降って来ました。

ボーイングはリジョーナル向けのモデルが無く、エンブラエルの技術が欲しいところです。
特にこれからは大型機よりリジョーナル向けモデルの需要が多くなると言われています。

リジョーナル向けと言えば、エンブラエルとボンバルディアの2強に三菱がMRJで殴り込みをかけようとして、大きく躓いています。

これは勝手な想像ですが、エンブラエルがボーイングと手を結ぶのであれば、エアバスがボンバルディアと手をつなぐのでは無いでしょうかね?

もし、そうなるとデリバリー以前にFAAの耐空証明取得が遅れているMRJですが、販売力や信頼性で2社に対しての勝ち目は無くなり、発注キャンセルが続くかも知れません。

ただでさえ、MRJで使われている部材で「強度偽装」があったことから、欧米から信頼性はほぼ失われたと思っています。
日本には「企業が生き残る為には少し位は大丈夫」という空気がありますが、欧米では「組織ぐるみの不正は悪」と言う空気が大きいのですから、そんな機体を買うのは、エアラインとしては欲しい機材でも株主などに説明が通るかどうか?

MRJ包囲網が形成されて来る中、エンブラエルを早くから発注したJALに先見の明があったかも知れませんね。

飛行機雲


今年の4月に、485系の廃車回送が走ると聞いて東所沢で列車を待っていた時に頭上をKEの747-400Fが飛行機雲を描きながら通過していくのが見えたのでなにげに撮影した1枚です。

4発機の747ならでは幅広な飛行機雲です。
FL390位だったと思うのですが、この日はかなり条件が良くて解像もしかっりしており、なかなかいい感じ撮れました。

こういう情景写真もたまにはいいものです。

スクート関空からホノルルへ

TZ/SCO/スクート TZ291 B787-8 9V-OFB

スクートは関空からホノルルへ

12月19日からシンガポール航空のLCC子会社、スクート(TR)はシンガポール/関空線をホノルルまで延長して運航を開始しました。

日米のオープンスカイ政策により日米キャリア以外の以遠権行使が自由になりホノルル線に参入するキャリアが増えて来てます。

関空からは既にエアアジアXがクアランプール/関空線の延長で6月に就航しており搭乗率も80%を超えて好調なことから、スクートも当初来年の開設を前倒して2017年内の運行開始にこぎつけました。
特に、関西圏は利用者は価格に敏感なことからLCCの浸透は関東より進んでおり、スクートの就航でマーケット的には拡大することが期待されます。

成田ホノルル線にはまだスロットの関係でLCCが就航していませんが、もし成田からLCCが就航するとかなり競合が激しくなるでしょうね。
利用者としてはLCCの就航が待たれるのですが・・・

懐かしシリーズ”キャセイのB747-200”

CX/CPA/キャセイパシフィック B747-200 B-HIB

香港啓徳空港の駐車場から撮影した返還特別塗装機のB747-200です。
何回かキャセイのB747には搭乗した記憶がありますが、一番記憶にはっきりしているのが、BKKからBOMまでCX751便に搭乗した時です。当時はB747-200でBKK経由でした。

その時は始めてRTWを使う為に、夜勤明けでNRTからTGでBKKまで行き、BKKからBOMまでCXでBOMまで行く行程でした。
まだインドなんて未開の地と言うイメージでなんか緊張していました。だからか以遠権路線でも日本人客室乗務員が搭乗しているCXは偉いなぁと思ったり。
だからかあの時の記憶が結構残っていますね。

でもBOMはトランジットで数時間の滞在でSRのB747-300に乗り継ぎしました。

緊急脱出、ドア開けられず

今回の事故機JA322J

昨年2月に、新千歳空港でJALのB737-800型機(JA322J)で客室に煙が発生し緊急脱出を行った際に乗客3人が負傷したアクシデントについて運輸安全委員会が56ページに渡る調査報告書を発表しました。

その中で
運航乗務員は緊急脱出のチェックリスト完了後に、脱出の指揮を執るため客室に移動しようとしたところ、客室乗務員が乗客が脱出の際に手荷物を持ち出そうとしたのを制止した際に、その荷物をドア前に置いた為にドアを開けると荷物が散乱して脱出の妨げになる為ことから移動が出来なかったと言う記述がありました。

今回は機体が炎上する様なアクシデントではありませんでしたが、もしこれが昔沖縄でCIのB737-800が炎上した様なアクシデントだったらとおもうとぞっとしますね。

以前から航空機からの緊急脱出で乗客が荷物を持ち出して脱出の妨げになることが報じられいて、航空会社は利用者への周知を行うようにしていますが、なかなか乗客の意識改革にはつながらないのが実情です。

報告書では緊急脱出に要した時間は9分との事であったが、俗に言う「90秒ルール」から考えるとあまりにも乖離した脱出だったのでは無いでしょうかね。

こうなったら航空法を改正して、通常運航便で打ち抜きの脱出訓練を乗客に義務付けないと駄目なのでは?と思ってしまいました。

羽田の新ルート発着枠を

手動操縦で羽田空港に着陸するANA機

2020年に向けて国交省が導入を進めている羽田空港の発着ルートですが、案の定、都心からRWY16L/Rへの着陸ルートでは、ルート上の住民から多くの反対意見が出ています。

まあ、騒音問題やら落下物の心配当然と言えば当然ですが、個人的には南風運用時に風に対向するメイン滑走路であるRWY16へILS着陸ルートは、国際空港としては必須でしょうね。
なんせ現行の南風運用では途中まで電波誘導されるものの、最後の進入段階では手動着陸ですから安全な着陸は出来ませんからね。

新ルートに反対するのも理解出来ます。今まで静かだった生活が変わってしまいますからね。
ちなみに我が家も新ルートでは騒音影響を受ける立場です。基本的に新ルートには理解しており上記はことからも受容しても構わないと思っています。

でも国交省は少しは都民への利益還元?と言うことで新ルートで増える発着枠をLCCに割り当てるって言うことを考えててはどうでしょうか?
日本国内線LCCがなかなか発展しないのは、羽田空港に乗り入れが出来ないと言うことだと思うのです。

羽田空港にLCCが乗り入れすれば、航空運賃も下がるので間接的にメリットを受益できるので少しは理解度も上がるかなと思ったりしています。

何が何でも負の事を押し付けようとしたって前には進みませんからね。

AFセントマーチン線再開

今年のハリケーンで壊滅的な被害を出したセントマーチンですが、AFが2018年1月6日から週1便で運行再開することになりました。

1/6は臨時便扱いのAF4140/4141便として運航、翌週1/13からはAF498/525便として毎週土曜日発の定期便で運航を再開することになります。

スケジュールは
 CDG10:30発⇒SXM14:50着 A340-300
 SXM18:55発⇒CDG8:15+1着(AF4141はSXM16:50発⇒CDG6:10+1着) A340-300
で予定されています。

KLMはB777による週2便で運航を継続しており、SXMに4発機が戻ってきたことになります。

AF/AFR/エールフランス AF498 A340-300 F-GLZR at SXM

またこういう風景が見ることが出来ますね

懐かしシリーズ”B747リゾッチャ”

シドニー空港を出発するリゾッチャ塗装のJA8141


JALがハワイ、オーストラリア、グアム、サイパンなどのリゾート路線を”Super Resort Express”としてB747やDC10の塗装や内装をリゾート風にして、旅の気分を高めようと言う戦略を進めていました。

まあ裏を返せばリゾート路線はエコノミークラスが多いコンフィグ機材を充てており、そういうコンフィグになる機材は比較的古い機体が多かったので、厚化粧と揶揄されることもありましたね。

リゾッチャはTVCMなどでも大々的に宣伝したのでツアー客には結構浸透していました。
ただ、ビジネス需要もそこそこあったシドニー線では、リゾッチャ仕様の747はビジネス客から不評だったとか。

リゾート路線はツアー客主体になるので儲からないと言われており、JALのリゾート路線も縮小傾向でしたが、最近は少しづつ手を入れて始めていますから、またリゾッチャみたいな専用機材が出来るかも知れませんね。

【HND/RJTT/羽田】2017/11/26撮影レポート

今日はタチウオ釣りに出船するつもりでしたが南西の強風予報だったので釣りにならないと延期にしました。やっぱり釣りに行くときはいい条件の時に行きたいですからね。

さて、ゴロゴロ出来ない性格なのでどうしようかと考えていると、あ南西の風ならLDAアプローチじゃないと言うことでA350の到着にあわせて中防大橋へ行ってみました。
これからの時期はなかなかLDAアプローチになる事は少なくなりますからね。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-9 JA882A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-9 JA882A

機首に「ANA’s 50th B787」のロゴがあります。これでANAはローチンカスタマーとして発注したB787はすべてデリバリーされたことになります。その後もB787-10なども追加発注しているので、今後も導入が続きます。

NH/ANA/全日空 NH678 A321Neo JA111A

NH/ANA/全日空 NH678 A321Neo JA111A

A321Neoも随分増えてきました。JALは幹線以外の国内線をB737-800メインフリートにしているのとは対照的にANAは機材導入を積極的に行っています。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA804A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA804A

国内線用のスターウォーズBB-8塗装です。

続いてメインデッシュのA350です。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A894

外航機にしては結構外回りでアプローチしてきました。

撮影しているとまいあさんからメールで1094レはフレームライナーですよと知らせが。
でもこれから新小岩に向かっても間に合わないなぁ・・・残念。

NH/ANA/全日空 NH464 B777-300 JA756A

NH/ANA/全日空 NH464 B777-300 JA756A

外回りだとお腹が強調されてしまうのがココの難点ではあります。まあそれはそれでLDAらしく味があります。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J90 B737-800 JA811X

なんか「おしりかじり虫」(ってもう古い?)みたいなマスコットが書かれてますね。

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA773J

JL/JAL/日本航空 JL314 B777-200 JA773J

この時期は太陽が南よりになるので、カーブを描く際にサイドが弱くなりますが、後追いはいい感じで光が当たります。
ですがこの後、太陽が雲で隠れてしまいます。
なんか運が悪よなぁ~

そんな中、アプローチからタワーにRockstar88と言うコールサインのB737-700がハンドオフされてきました。

Biz//Biz-Jet  B737-700BBJ N930HB

Biz-Jet B737-700BBJ N930HB

どこぞのロックスターの公演チャーター?と思いましたが羽田ではおなじみの機体で中国の南山公務が所有するBBJだそうです。

SQもLDA22アプローチでハンドオフされましたが・・・

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SME

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SME

かなり内回りでアプローチしてきました。この時レンズを70-200に変えていたので、ちょっと遠くなりました。

さてA350も撮ったしそろそろ撤収しようかな思っていたらFRAから帰ってきたNH224が22にハンドオフされました。北方到着なので23をアサインされる筈ですが、22をリクエストした様です。

NH/ANA/全日空 NH224 B787-9 JA789A

NH/ANA/全日空 NH224 B787-9 JA789A

今日は2機のスターウォーズ塗装が撮れました。でもこの塗装はいつまでなのでしょうね。


飛行機の館へ

【HND/RJTT/羽田】2017/11/23撮影レポート

23日は朝から天気が悪く、雨も強く降っていたので今日はおとなしくしていようとパソコンで写真の整理をしているとお昼頃から急に晴れて来ました。

そうなるとウズウズしてしまう訳で、カメラを持ち出し羽田空港へ行ってみました。

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5958

CA/CCA/中国国際航空 CA182 A330-300 B-5958

デッキに出ると丁度CAのA330が離陸するところでした。

JL/JAL/日本航空  B767-300 JA8986

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8986

午前中の天気が嘘のように晴れて良い天気になりました。ゲートブリッジをバックにB767が離陸します。

NH/ANA/全日空 NH403 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH403 A321 JA114A

A321Neoもいい感じで上がって行きました。EF70-200mm f/2.8L IS II USMに2倍エクステで撮影していますが、やはり描写が甘くなりますね。100-400を買うべきか・・・

JL/JAL/日本航空 JL554 B767-300ER JA656J

JL/JAL/日本航空 JL554 B767-300ER JA656J

背後のコンテナ荷揚げ装置がなんともユーモラスな形状です。さらに品川あたりの船宿の遊漁船でしょうか、今日は釣れたのかな?

この後、背後に雲が掛かり始めて徐々に影が空港を覆ってきました。

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-8 D-ABYO

LH/DLH/ルフトハンザ・ドイツ航空 LH711 B747-8 D-ABYO

折角のジャンボですが、ゲートブリッジは日が当ってますが、空港は影ってしまいました。
16時になると暗くなってきたので、そろそろ一タミで流し撮りをしようかと移動します。

この時期は日が落ちるのも早いし撮影出来る時間が短いのが残念です。まあその分黄昏時の流し撮りを試す機会が増える訳です。

NH/ANA/全日空  B787-9 JA871A

NH/ANA/全日空 B787-9 JA871A

まだこの時間ならタッチダウン前も狙えます。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA835A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA835A

ISO640、1/15、F2.8です。1/15で良く止まったと感心してしまいました。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ633 A350-900 9V-SME

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ633 A350-900 9V-SME

A350のコリジョンライトと浮島の工場夜景が綺麗に写りました。でも微妙に手ブレしちゃっています。なので画像縮小で手ブレ感を消してます(笑)。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA313J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA313J

ターミナル側のタキシーウェイを通過する機体なら結構明るく撮れます。

さすがに17時を過ぎると撮影も厳しくなります。

NH/ANA/全日空  B777-300ER JA779A

NH/ANA/全日空 B777-300ER JA779A

ISO1000,1/8、F2.8でこんな感じです。
もう撮影の限界かなと言うことで、この辺で撤収することにしました。


飛行機の館へ

ANA,マレーシア向け長期滞在向け運賃

NH/ANA/全日空 NH817 B787-8 JA840A

ANAのKUL線はB787で運航されてます

ANAは最近日本から年配者の長期滞在先として人気のあるマレーシア向けの特別運賃を期間限定で設定しました。

最低滞在期間は9日以上6ヶ月以内と、欧米からみればどこが長期滞在向けなんだと突っ込みが入りそうな感じですが、日本国内からクアランプールの往復エコノミーで4万円、ビジネスで9万円(共にサーチャージ、空港利用等別)と安価な設定となっています。
特にビジネスはお得感がありますね。

販売期間は2017年11月17日~12月31日で、往路の搭乗可能期間は来年の2018年1月10日(水)~9月30日(日)までとなっています。

羽田・成田発共に利用でき、国内線との乗り継ぎは往復で各一回可能となっています。
なお、国際線区間はANAのみ利用可能でコードシェアは利用不可です。

期間限定ですが、日本発の特別運賃としては、安価で半年間有効な運賃がファイルされるのは珍しいです。
有効期間が長いので、現地発を組み合わせて使うのも面白いかも知れませんね。

【ITM/RJOO/伊丹】2017/11/11撮影レポートその2

16時過ぎに原田スカイランドから千里川の土手に移動します。自転車だと10分も掛かりません。
千里川土手には多くのギャラリーが集まっていて、着陸機を待っています。
ここにはいつもココに居る有名?なオバちゃんが居るのですが、いつのまにか拡声器を使うようになっていました。うーんちょっとウルサイなぁ・・・

ANAのB737-800が到着しました。踏み台があればフェンスを交わす事が出来るのですが、遠征では中々持ち歩けないですからね。

RWYに進入するERJと離脱するB737-800を一緒に撮れると言うのも伊丹ならではです。

少し横風気味なので着陸機はRWYに対して斜めに進入してきます。

テール部分に滑走路のペインティングが映り込みます。

この日は時折ちょっと強い風が吹き込む事がありちょっと片足が先に接地することも多かったです。

B787がタキシングして来たので300mmレンズにして撮影してみました。上手く32Rの着陸機と絡める事ができました。でもDOレンズ特有の緑環が出てしまいました。

正面狙いも千里川土手ならではの構図です。

着陸したB767のコリジョンライトがタイヤが接地した煙に反射して赤くなりました。

RWYのライトが点灯しました。日が落ちて周りが暗くなってきました。
この時期は日が落ちるのは早いですね。日が落ちるとかなり冷えて来ました。

そろそろ手持ち撮影では厳しくなって来ました。

寒いし、そろそろ温泉で温まってから帰ろうとつかしん温泉「湯の華廊」に向かいます。
千里川土手から自転車だと20分程ですが、源泉かけ流しの温泉は気持ちいいですよ。

この日は伊丹からの最終便で羽田へ帰りました。


その1へ> <飛行機の館へ

【ITM/RJOO/伊丹】2017/11/11撮影レポートその1

日本の空港で一番撮影に適した空港は伊丹空港では無いでしょうか。
トラフィックも多く、撮影ポイントも点在していろんな角度から撮影が出来るのは伊丹ならではです。

なので年一回は伊丹詣でしないとと言うことで、今年も行って来ました。ただその前の撮り鉄行程の都合もあって午後の僅かな時間でしたが、それでも結構楽しめました。

今回は着陸機をメインにするので原田スカイランドの駐車場から撮影しました。

NH/ANA/全日空 NH746 B737-500 JA359K

NH/ANA/全日空 NH746 B737-500 JA359K

羽田ではB737-800ばかりでなかなかスーパードルフィンには会えませんが、伊丹では結構やって来ます。

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA603J

JL/JAL/日本航空 JL120 B767-300ER JA603J

伊丹・羽田線はB777とB767が主力機です。B747やDC10全盛時代に来たかったなぁ

NH/ANA/全日空 NH1642 DHC8-400 JA847A

NH/ANA/全日空 NH1642 DHC8-400 JA847A

四国などの近距離線路線に使われるダッシュ8も伊丹ならではです。

JL/JAL/日本航空 JL2087 B777-300ER JA751J

JL/JAL/日本航空 JL2087 B777-300ER JA751J

B777-300になると大型機の貫禄があります。

JL/JAL/日本航空 JL2164 ERJ-170 JA211J

JL/JAL/日本航空 JL2164 ERJ170 JA211J

羽田ではかなり小さくなってしまうERJ170も伊丹なら大きく写ります。

JL/JAL/日本航空 JL2206 ERJ190 JA248J

JL/JAL/日本航空 JL2206 ERJ190 JA248J

なんかカラフルな機体が来たぞと思ったら、USJとのタイアップ機体でした。

NH/ANA/全日空 NH508 B737-500 JA300K

NH/ANA/全日空 NH508 B737-500 JA300K

この日は向かい風が強く着陸地点が少しターミナル寄りになりました。
日が傾いてくると寒くなってきました。

この時期は日が短いのと気温が下がるのが早いのです。

JL/JAL/日本航空  ERJ190 JA250J

JL/JAL/日本航空 ERJ190 JA250J

ERJ190もかなり増えていますね。羽田にいると気が付きませんでした。

NH/ANA/全日空 NH1608 DHC8-400 JA856A

NH/ANA/全日空 NH1608 DHC8-400 JA856A

緑のダッシュ8がやって来ました。
16時を過ぎるとどんどん露出が失われます。
SSを落としつつ流し撮りで撮影します。
NH/ANA/全日空 NH31 B767-300 JA8677

NH/ANA/全日空 NH31 B767-300 JA8677

うー寒い。
ココで撮影し続けても良いのですが、伊丹に来たら夕方の千里川土手は外せないので移動します。

(つづく)


<その2へ> <飛行機の館へ