Category: 鉄道



歴史的構造物まで流された球磨川氾濫

昨日、飛び込んで来た九州南部の豪雨で球磨川が氾濫して上流の人吉から河口の八代まで広範囲に渡って水没すると言う被害が出ました。

日本三大急流の一つで、普段は清流が流れて景色も良い場所が一点して泥水に飲み込まれています。今日になりようやく被害状況が判るようになり、あまりにも被害に驚いています。

川が流れる地形的に元々急流になるところに大量の水が流れてきたので水の勢いは尋常では無かったことでしょう。
4箇所ある球磨川を渡る鉄道橋梁は3つが流出したとの情報で肥薩線とくま川鉄道に大きな被害が出てます。特に球磨川と並ぶように走るJR肥薩線の被害が甚大です。

肥薩線のハイライトとも言える場所の一つ、球磨川第一橋梁は丁度キハ185の特急が居るガーター橋のあたりが流失してしまったようです。

普段の水量は少ない清流が流れる球磨川第一橋梁

第一橋梁の画像を見ると橋桁から川面までかなりの高さがありますが、水がこの鉄橋の高さを超えたと言うのですからものすごい水量だったのでしょう。源流に近い市房ダムが緊急放流していたらもっと被害が広まったことでしょう・・・

肥薩線の全通は1909年と古く、建設時経緯から歴史的構造物も多く残っている貴重な路線でもあっただけに残念です。

JRもなんとか観光路線として生き残りをしようと頑張って観光特急やSLを投入してはいましたが、このコロナで利用者が激減してのこの豪雨ですからね。

報道で球磨川第二橋梁が流出している映像がありました。

球磨川第二橋梁

流出した球磨川第二橋梁

今回の氾濫では道路に掛かる橋も流出しており交通網が寸断している地域もあるようです。

少なくても球磨川が氾濫して橋梁が流されると言うことが開通後に無かった(筈)訳で100年に1回、いや200年に1回有るかと言う異常な降雨だった訳です。

これから復旧にあたって色々な問題が出てきそうです。先日も日田彦山線で豪雨で不通になった区間の廃線、BRT化がようやく決まったとこです。

第3セクターのくま川鉄道はかなりの支援が必要になるのでは無いでしょうか?

くま川鉄道

第三セクターのくま川鉄道

毎年のように発生している自然災害ですが、これによる交通網への被害が増えています。
昨年も台風で増水した千曲川や久慈川で橋梁流出が出てます。
こういう時の復旧費用について国や自治体の支援について法制度の整備が必要なのではないでしょうか?

そろそろ国鉄分割民営化から30年を経過し、次なる改革として上下分離を真剣に考える必要があると思っています。

最後に今回の災害で亡くなられた方へ合掌。

こじれる長崎新幹線

長崎新幹線をフル規格で

全線フル規格はいつになるか?

高速鉄道プロジェクトが自治体との合意が得られず着工が出来ないと言う事態が長崎新幹線と中央リニアで発生しています。

長崎新幹線は計画当初から色々と問題が多かった区間で、整備方法を巡り沿線自治体の意見も割れたりして調整につぐ調整でようやく基本合意が出来たのは最近だったりします。

当初は在来線規格の高速化による新幹線で合意していたものの、その後、長崎県側がフル規格に格上げされ、新幹線建設を行い、武雄温泉~長崎間は2022年度内の開業までこぎつけました。
その間、佐賀県内はフリーゲージトレインによる在来線高速化で計画を進めていたもののフリーゲージトレイン計画が頓挫した今、長崎新幹線を全線フル規格化したい国と、フル規格化により自治体負担増に反対する佐賀県との対立が解消されず、新鳥栖~武雄温泉間が宙に浮いたままです。

終端がフル規格なんだからその中央の佐賀県内もフル規格にするのが当然みたいな雰囲気で交渉を始めたのが良くなかったのでは?と思っています。
まあこの手法は良く高速道路工事なんか地方部を先に造って、後から都市部に接続させる方式です。まあ土地買収をしやすい場所から始めるのも手っ取り早く、工事も進み「実績」を出せますから国も同じ論法で正面突破しようとしたのでしょう。

そう言えば、九州新幹線の新八代~鹿児島中央間もそうでしたね。
ただ違うのは沿線自治体がフル規格の新幹線で一致していたことでしょう。元々佐賀県は新幹線による時間短縮が殆ど望めない上にフル規格となると佐賀県の地元負担金も増えることになります。
JRの「在来線」を残る佐賀県内もとしても「はいそうですか」と言う状況では無いわけです。

このままでは2022年の開業時には、武雄温泉で新幹線⇔在来線への乗り換えが必要となり利便性が悪くなります。
所要時間は大して変わらず、乗り換えの不便、それで料金は上がる訳ですからなんとも利用者が置き去りになっている新幹線建設なんでしょう。

個人的には、なんで長崎側のフル規格で建設する際に、将来標準軌への改軌を前提とした在来線にしなかったのか?と言いたいですね。

この膠着状態が長引けば長引くほど利用者不在になります。

線路から7.6m離れて

これは、アメリカの貨物輸送鉄道「ユニオン・パシフィック」(UP)が撮影者に向けた注意文に書かれている内容です。

  1. Remember, trains can’t stop quickly to avoid people or vehicles on the tracks.【覚えてください!列車は人を避けることも、直ぐに止まることも出来ません。】
  2. A train’s distance from you and its speed can be deceiving.【列車の距離からあなたまでの到達する速度はわからない】
  3. The average train overhangs the track by at least three feet – take extra precaution and stand back at least 25 feet from all railroad tracks..【車両は平均1m線路からはみ出ている。線路から7.6m以上、離れて注意しなければならない。】
  4. Railroad tracks, trestles, yards and right-of-way are private property – please do not trespass.【鉄道線路、橋脚、車両基地全ての鉄道用地は私有財産です。無断進入しないでください】
  5. Never assume tracks are abandoned or inactive – ALWAYS expect a train and assume tracks are active.【線路が使われてないと思わず、常に列車がくる線路と考えて】
  6. Hearing protection is recommended.【常に音に注意を払うこと】

UPは蒸気機関車を動態保存しており、昨年、世界最大級と言われる「ビッグボーイ」を復元をしてイベントで活躍していますが、その勇姿をひと目見ようと、沿道に多くの人が詰めかける危険行為が見られることからこういう注意文と動画を公開しています。

特にアメリカでは「鉄道」自体が非日常的な乗り物で、線路に立ち入らないようする柵は殆どありませんから、かなり近づいく撮影者や見物人がいたのでしょう。
安全な運行を続ける為の努力が垣間見れます。

これは同じことが日本でも言えます。
特に3と4。
鉄道敷地内に進入する撮影者で列車が非常停止する事が良くあります。
日本の鉄道会社もこうやって安全に対する啓蒙活動をもっと行った方が良いと思うんですよね。
最近、撮り鉄の蛮行が増えてますし。

置換えが始まる横須賀・総武快速線

E217系

まもなく置換えが始まる横須賀・総武快速線

地元を走る横須賀・総武快速線用のE217系が今年度から新型のE235系への置換えが始まります。

今週、新潟の工場から最初の1編成11両が大船へ回送され、この後の試運転を経てから営業運転に入ることになります。

今では千葉より3両はセミクロスシートを採用してクロスシートがありますが、E235系では全てがロングシートの車両になります。
全部ロングシートと言うことで、置換えが発表された時は批判の声が「鉄道ファン」を中心に出ました。
まあ要するに味気ないと言うのですが、横須賀・総武快速線は日本でも一二を争う混雑路線で、通勤客からはこの3両が不評だったりします。
空いている時間帯ならともかくクロスシートに4人座わると窮屈だし、ドア付近に人が滞留して乗り降りが大変と言うのがその理由です。

ラッシュ時間帯を中心に15両編成と長いのですが、中央にはグリーン車も連結されています。比較的東京寄りの増1号車とかは混雑率も幾分少なめなのですが、なにせ階段から遠い駅が多いからだったりして混雑度が平準化しないと言うこともあるので通勤利用者にとっては良いのかも知れません。

個人的にはクロスシートよりイスのクッション性が良いロングシートなら嬉しいですね。今のE217系はイスが固いので長時間座るとお尻が痛くなりますから。(笑)

それにロングシートも捨てたものじゃないですよ。
ガラガラの車内なら座った反対側の車窓を楽しむ事ができますから。

日田彦山線、鉄路復旧を断念

正しく書くなら福岡県東峰村が鉄路では無く、BRTへの転換による復旧を渋々認めたと言うべきでしょうか。

2017年7月に襲った九州北部豪雨で被災し、JR日田彦山線の添田~夜明駅間不通となって区間に対してJR九州がBRT転換による復旧を沿線自治体に打診していたもので、最後まで鉄路による復旧を希望していた東峰村でしたが、既に他の市町村がBRT転換へ容認しておりJR九州も鉄路復旧する余裕すらない状況であることから、東峰村もBRT転換を容認する方向になりました。

東峰村は日田彦山線の中でも山間地であり天候に左右されない鉄路を求めてましたが、鉄路復旧にはJR九州が年間1.6億円の地元負担を要求したことから他の自治体はBRT転換容認となっていた中、最後まで反対していました。

日田彦山線の災害復旧については最初からこじれていた感があり地方交通の存続について国、自治体、鉄道事業者がそれぞれ知恵を出し合わないとダメなと思っていましたが・・・

日田彦山線には2006年に乗車しましたがその時、東峰村あたりを通過する際の車内です。

日田彦山線の車内

日田彦山線の車内

キハ47の2両編成でしたが、乗客は数名という状況です。

確かにこの状況ですからBRT転換は理にかなっているとは言え、本当に良いのか?
まだまだやれることは有ったのに・・・と思ってしまいます。

ある日の田町界隈

画像整理していたらこんな写真がありました。
あり日の東京機関区今は再開発が進む、高輪ゲートウェイ駅周辺です。
2009年2月の撮影ですから今から11年前です。

確か仕事で訪れた会社のロビーだかからの風景だったのですが、当時はまだ旧東京機関区の建屋も残り、留置線にはレインボーカラーのEF65-1118が居ますね。
よく見ると、千葉支社のお座敷列車「なのはな」も居たりしますね。

今は高輪ゲートウェイ駅が出来て新しい街が生まれています。
開業したのはコロナ禍の真っ最中でしたらまだ行ったことは無いですが、この辺りはかなり様子が変わったことでしょう。

JRも東京の一等地?にこれだけ土地があるのですから、車両基地にしておくのは勿体ないと思うのは当然ですね。

でも同じ様に車両基地になっている田端は都市開発されること無く鉄道用地のままです。
まあ、東京地域本社も田端ですし、周りも下町だからあまり開発メリットは無いのでしょうカモ?。
田端周辺は10年前とさほど変わって無いですし・・・

10年経てば街が変わる。
それが良いのか?
どっちなんでしょうかね。

蜜になる撮り鉄

ホームで「蜜」になった撮り鉄に警察が出動する騒ぎが先日19日、武蔵野線の数駅で発生したそうです。

お目当ては、JRから小湊鉄道へ譲渡される気動車の輸送列車です。貨物輸送ということでJR貨物の機関車が牽引するので、学校休校で暇を持て余している学生&休業(在宅勤務?)中の会社員などが大挙したことから「蜜」になりました。

今日も、地元の新小岩操車場でもレール輸送の撮影に多くの撮影者が集まっていたと近所の仲間から聞きました。
最近、歩道に大型三脚や脚立を立てて通行の妨げになり警察に通報され警官が臨場することが増えていると嘆いています。

ただでさえ、世間からなにかと白い目で見られる撮り鉄が、この「緊急事態宣言」下の時期に「蜜」を作るような事をするのか?と思うですが、そもそもそういう配慮が出来る人なら世間から白い目で見られることは無いか・・・
感染者数も下火になったとは言え不特定多数が集まるのですから、自分達が感染して苦しむのは勝手ですが、ただでさえ、感染に警戒にしている駅社員や臨場した警察官に危険を与える訳になるのですからね。

まあそういうお前も撮り鉄だろうがと言われそうですが、こういう時期ですから散歩ついで他の撮影者が居ない場所で軽く撮影して切り立ち去る。
流石にこの時期にわざわざ電車や車で出かけて「蜜」なってまで撮るようなことは避けて欲しいものです。

写真と記事には関係はありません。

房総特急は頑張った?

成田エクスプレス

平均乗車人員が10名弱なNEX

JR東日本が発表した「ゴールデンウィーク期間のご利用状況」によれば新型コロナウィルス感染症蔓延による外出自粛で前年対比で5%と惨敗というべきか、よくヤッたと褒めるべきか?

成田エクスプレスにおいては、前年比で1%という数字。
13日間で利用者3000人ですから1日平均230人、5月1日から1~7・38~42,46,47,49~54号の20本だけの運転ですから平均すると1列車あたり10人弱と言うことになります。

成田空港を発着する航空便の殆どが貨物便となっているの中、空港利用者は限られるので仕方無いとは言え、殆ど空気輸送です。

一方で、房総特急は前年対比で12%と落ち込み率で言えば善戦?した方になるのでしょう。利用者数で1万人で東海道線の踊り子の3倍と言うのです。
変な見方をすれば千葉方面の外出自粛が足りなかったと言う人もいるかも知れません。

でも房総特急が善戦する理由が・・・と思ったらありました。前年は期間中3日しか無かった平日が今年は5日あったのです。
そもそも、房総特急は観光需要より通勤輸送にシフトしてますから混雑する普通列車を避けて特急利用をした人も居たのでしょう。

それにしてもGW期間中の輸送実績でこの数字はいろんな意味で衝撃的です。

スカイライナーが青砥停車に

スカイライナー

一部のスカイライナーが青砥に停車

調べ物があって京成のホームページを見たら、こんなリリースが出ていました。
スカイライナーの一部列車が青砥駅に停車します

こんなリリースが出ているとは知りませんでした。
4月11日から当面の間のとなっています。新型コロナウィルスの関係なのかは書いてませんが、青砥駅で都営浅草線・京急線方面のアクセスを便利にすることが目的とのことです。

青砥駅~空港第2ビル駅・成田空港駅間のスカイライナー券は、大人1,000円なので日暮里よりは少し安いですね。
ただ、停車するのが上下あわせて12本で下りは朝の6:15発(スカイライナー3号)から7:55発(スカイライナー13号)、上りは成田空港20:30発(スカイライナー72号)から22:20発(スカイライナー72号)となっています。

都心から成田空港へアクセスする有料特急は城東地区や千葉県内は通勤時間帯を除いて通過しますから走っていても乗る機会が無いのでこういう停車は嬉しいのですが、ただ、今は旅行に出かける状況で無いのが悔しいです。

青砥停車はこの先も続けて欲しいですね。

繰り上げ廃止の札沼線

5月6日をもって廃止となる予定でしたJR北海道の札沼線、北海道医療大学~新十津川間47.6kmが新型コロナ感染症による緊急事態宣言が北海道にも発令されたことから、定期列車の最終運行を4月17日に繰り上げ、列車の運行が終了しました。

札沼線時刻表


当初、感染症拡大や東京などに緊急事態宣言は発令されたことから、GWに首都圏や関西から鉄道マニアが殺到するのを恐れ、15日に4月24日に繰り上げすることを発表してました。

しかし翌日、緊急事態宣言が全国に拡大されたことから、JR北海道は16日夜に急遽、繰り上げが決定すると言う異例の事態となり、地元の人が最終列車を見送ることとなりました。

それも最終列車はかなりの混雑になったようですが、大きな混乱も無く幕を下ろすことになりました。

また北海道から鉄路が消えてしまいました。
それよりか、コロナ渦の中、JR北海道の経営状況は一層悪化しています。稼ぎ頭の新千歳空港~札幌間の利用者まで激減しており、社員の一時帰休を行う事態です。
早い終息を祈りたいものです。

モノクロにすると味わいが増します

自分が学生の頃はまだフィルムカメラ全盛でした。アルバイトで貯めり、お小遣いをやりくりして、当時良く使ったいたのが、白黒のトライXの徳用フィルム。

業務用の長巻フィルムを、現像で不要となったフィルムケースに入れ直して36枚撮りとしてヨドバシカメラなんかで安く販売していたのを買って使ったりして安く済ましていたものです。
いすみ鉄道
この写真は以前に撮影したいすみ鉄道での一コマです。
無論デジタルでの撮影ですが、モノクロにしてみると一気に昭和の世界になりました。
キハも1960年代から活躍していますし、オート三輪もビンテージですがまだまだ走れるのですから凄いです。

今でこそ修学旅行は新幹線や飛行機になりましたが、昔は列車で東京から行ってたんですよね。流石にその世代ではありませんが(笑)
ちなみにカラーの画像はこちらでどうぞ。

鉄道も運休拡大へ

世界中の航空各社が需要減による減便や運航停止などを実施していますが、JR各社でも計画運休が拡大し、ついにゴールデンウィークに予定していた臨時列車まで運休する事態になりました。

特に観光列車を多く擁するJR九州はかなり厳しい状況になりそうです。

NEXの運休は有り得るか?

今日、久しぶりにJRを利用しましたが、ちょうど並走した成田エクスプレスの車内を見たら、乗客は1両あたり3~4名程度。誰も乗車していない車両もありました。
今、海外旅行をする人はまず居ないでしょうし、そもそも殆どの国で入国制限を行われており行くこと自体出来ませんからね。

それでいて30分ごとに12両編成の特急を走らせるのには意味があるのでしょうかね。
スカイライナーと調整して運転本数を半減するとか検討しないのかな?

一方でJR東日本は4月4日と5日に「群馬デスティネーションキャンペーン」のオープニングで運転するイベント列車について予定通り運転することを発表しています。ただ駅での撮影は出来ないように入場制限を行うとの事ですが、「鉄」が多数集まるのは目に見えてますから、あまり良いとは思えないのですが・・・

長良川鉄道で脱線

先日、芸備線で脱線事故が発生したばかりでしたが、今日長良川鉄道の美濃太田駅手前で脱線する事故がありました。
もう駅構内で速度も遅かったことから大事故にはなりませんでしたが、それでも軽症者が出ています。

映像で見た感じでは駅に向かってカーブしながら進入してくる線形で転轍機なども付近には無いようなので、いきなり脱線するとは軌道が悪かったのか台車に問題があったのか?

ローカル線にありがちな木製枕木では無くコンクリート枕木の様ですから軌道変位は起こりにくいとは思うのですがね。

なんにせよ、運輸安全委員が現場確認を行いますから運転再開は明日以降となりますから利用者の足の確保が心配ですね。(まあ、学校が休校中なのは幸いでした。)

状況から第三者原因ではなさそうな感じですから、長良川鉄道の経営に影響がでそうなのでちょっと心配です。

6扉車引退へ

6扉車編成

6扉車車両がある事を示すスッテカーが付いてました

昨日のダイヤ改正で地元を走る総武緩行線で混雑緩和の為に連結されていた6扉車が引退しました。

一部駅で工事が進んでいるホームドア設置でドア位置が在来車と異なる為に、山手線からのお古と交代が進んでいましたが、残っていた2編成が脱落してすべての列車が通常の4扉車に統一されました。

6扉車は朝のラッシュ時間帯まで椅子が跳ね上げられて使用できないようになっていて家畜車両とか散々言われてましたが、椅子が無いから朝ラッシュ時に詰め込みが効きますから個人的には好きだったんですよね。
それにドアが多いので乗降しやすいし、ラッシュと反対方向に乗車した時、だれも椅子に座れない異様な空間がねぇ

まあ私の場合、混雑している乗車区間が短いと言うこともあるのでそういうに思うのかも知れませんが・・・

それと、早朝深夜の御茶ノ水折返しが無くなったのは衝撃的でしたね。これで新宿で遅くまで飲んでも座って帰れます(笑)

芸備線で脱線転覆。でも乗客なし

芸備線

備後落合発新見行芸備線

今日、JR西日本の芸備線東城~備後八幡駅間で新見発備後落合行の始発、快速列車が線路脇の土石が流入しているところに乗り上げて脱線、転覆する事故が発生しました。

1両編成のキハ120でしたが幸いな事に乗客はおらず運転士も怪我程度で死亡事故にならなかったの幸いです。
この列車は備後落合までの始発列車ですが、どちらかと言うと備後落合への送込み的な列車で帰りに新見方面へ向かう学生などを運ぶ列車になります。

この区間は1日3往復しか列車が走らない過疎路線で、廃止なってもおかしく無い区間で、メンテナンスは最低限しか行われません。
こういう土砂流入しそうな危険箇所は時速25km/h以下の制限が行わる箇所が多いのも特徴で、この区間は距離の割に時間を要します。

今回の事故現場を映像で見る限りさほど危険な様な場所では無いように見受けられますが、やはりメンテナンスが行き届かないとこういう事になってしまうのでしょう。

ローカル線をどうやって守るか。なかなか難しい問題です。