スイス政観、日本人渡航者減少で規模縮へ

スイスの政府観光局が東京支局を縮小し、年内に大使館内に移転することなりました。

理由としてスイスへの日本人訪問者数の減少によるものとされており、16年の日本人訪問者数は、最も多かった2000年より30万人減っており、ここ数年連続で前年対比の減少が続いているそうです。

ユングフラウヨッホを望む

ユングフラウヨッホを望む


最近、若者の海外旅行離れが進んでいるとは言え、スイスはハイキングなどを楽しむ高齢者が多いからそんなに減っているとは思いませんでした。

まあ、海外現地の情報を入手するのが困難な時代には政府観光局は貴重な情報源でしたが、いまではインターネットで現地情報をリアルタイムに入手出来る時代ですから、縮小となるのも仕方ないかなと気もします。