Swiss ARJ100 リタイアへ

Swiss International AirLines(LX)の欧州リジョーナル路線で使用してきたARJ100、高翼機の4発機と言う独特なフォルムでジャンボリノと言う愛称が付けられていましたが、残念ながら全機引退となります。

LX/SWR/スイス国際航空 ARJ100 HB-IXS

LX/SWR/スイス国際航空 ARJ100 HB-IXS


8/14のロンドンシティー空港発チューリッヒ行で定期便として運航は終了、この後お別れフライトが予定されています。

LXのARJ100はLXの前身、クロスエアとして運航していましたが、Swissairの経営破綻によりSwiss International AirLinesとなり今のカラーリングとなりました。

ARJ100は騒音規制が厳しいロンドンシティー空港(LCY)発着便に重宝されていましたが、LXのLCY線はヘルベティック航空のERJ190でのウェットリース運航となります。

欧州地域の路線の主力機材として活躍してきたARJ100ですが、老朽化も進みデリバリーが進むボンバルディアCS100への置換えが順調に進んでいることもあり、今回の引退となりました。

ちなみに最後のお別れフライトは、航空ファンショプとして有名な「BuchAIR Center」が主催するそうです。