黒磯

黒磯駅は東北への関所。
と言うのも過去になってしまいます。平成29年度末までに完成する黒磯駅の直流化工事の進捗により10月14日鉄道の日!に実施されるJR東日本のダイヤ改正で黒磯駅に交流電車の乗り入れが無くなります。

以前は、黒磯までは電車、黒磯から先は客車による運転だったので黒磯で乗り換えると、東北に来た~と言う感傷に浸ったものです。
特急でも黒磯駅に停車して交直切り替えで一旦車内灯が消えるのが名物でしたね。
「ひばり」では何本か黒磯を通過する列車があり、その場合は車上切替えになるので、昼間だと切り替えがが判りづらく、またまその列車に乗った時は残念な思いで黒磯駅を通過したものです。

あり日の黒磯駅


学生時代に北海道に向かう際の定番だった夜行急行「八甲田」に乗る時はいつも先頭のスハフ14でEF65の姿を見つつ黒磯でED75で交換するのを眺めるのが定番でしたネ。
既に客車列車はJRには無く、貨物列車の機関車交換も2016年に廃止されて黒磯らしさが消えてしまいました。

JRが誕生して30年、国鉄がどんどん姿を消して行ってます。
時代の移り変わりは必然ですから仕方ないですが、ちょっと残念です。