スーパー・ブルー・ブラッドムーン

米航空宇宙局によると、今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」と、1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」、皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」を合わせた「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいるそうで、かなり珍しい天体ショーが見られると言うことで、早速今年に購入したレンズを持ち出して撮影してみました。

400mmでもちょっと遠いのでトリミングしていますが、天気もよくキレイに撮影出来ました。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

もうすぐ完全に月が地球の影になります。

まだ月に光が反射している時はISO1600でSSは1/5で撮影出来ました。
撮影したのは完全に陰る10分前です。

徐々に明るい場所は減ってきて21:50過ぎには完全な皆既月食になりました。

皆既月食の完成です。

皆既月食の完成です。

こうなるとISO3200に上げないとSSが長くなってしまい、天体の動きで被写体ブレになってしまいす。
SSは1秒です。これ以上の露光にすると天体が流れてしまいますからね。

ホントは赤道儀があればISOを下げて長時間露光でキレイな写真を撮れるのですが、生憎持ってないのでこれが、天体が流れずに撮影するのはこれが限界かな。

予報では曇だったので、キレイな天体ショーが見れて良かったです。