MHはA380再投入、SQはB787-10が関空へ

マレーシア航空(MH)は3/17から4/10まで成田線にA380型機を再投入する予定でしたが、投入時期を前倒しして3/1のKUL発MH88からA380を投入します。

A380で運航するのはMH88/MH89の一往復で
3/24のウィンタースケジュールの間は
 MH88 KUL23:05 NRT7:15+1
 MH89 NRT10:10 KUL17:05
で運航、3/25からはサマーダイヤになり
 MH88 KUL23:30 NRT7:40+1
 MH89 NRT10:20 KUL16:45
での運航となります。
MHは5月からA350を投入しますのでその間はA330がつなぐことになります。

またシンガポール航空(SQ)が5/3のSIN発SQ618からKIX線にB787-10を投入します。SQがキックカスタマーになったB787-10の日本初便になります。
スケジュールは
 SQ681 SIN1:25 KIX9:25
SQ682 KIX10:55 SIN16:40
となります。
SQのB787-10投入は当面の間なので時期を見て他の機材にシップチェンジされる可能性があるので早いうちに撮影しておきたいし、MHのA380も未撮影なので春は成田で夏は関空の撮影かな。
関空の撮影はかなりご無沙汰だし。