東京ゆめぐり号

上里SAで休憩する東京ゆめぐり号と上州ゆめぐり号

この週末は草津温泉へ出掛けて来ましたが往復とも東京駅を発着するJRバス関東が運行する東京ゆめぐり号を利用しました。

なんせ、車はノーマルタイヤですから積雪のある草津温泉まで行くのは難しいです。

列車で長野原草津口まで行きバスで草津温泉と言うルートになりますが吾妻線も211系ばかりで全区間ロングシートになる公算が高いので定時正にはかけますがバスの方が乗り換えも無いし安いので、バスを選択したのですが、2週間前に草津行きが決まったので、予約した際に往路が取れず復路だけ確保しました。

そのうちキャンセルが出るかもと言うことで時折、サイトを確認すると1週間前位に9:10発の1号に大量の空席が出たので予約すると2号車の割り当てで続行便が設定された様でした。(その後さらに3号車も設定されました)

バスなので要員が確保できれば増発も容易ですから満席でも諦めずにチェックしていれば取れるものですね。

さらに3日前には10:10発の3号にも空席が出て、時間的にこちらの方が、便利なので変更しました。

3号は増発便は無く1号車、本務便だけでUSB充電、Wi-Fi 装備車が充当されます。(続行便はこれらの装備が無い車が使われる)

東京発なので圏央道経由かと思ってましたが首都高5号・外環経由で大泉から関越道経由でした。

往路は首都高と外環で混雑していましたが関越道は順調で草津温泉バスターミナルには5分遅れてで到着でした。

復路は草津温泉15:30発の4号で、渋川伊香保ICまでは順調でしたが関越道、花園IC付近で発生した事故渋滞にはまり、東京駅には定刻19:07予定でしたが70分延の20:17でした。

まあ、帰りは渋滞ではまるから3~40分さ遅れるだろうと思ってましたがその倍になってしまいました。
こればかりは仕方ないかなと。

でも自分が運転する訳では無いから楽だし、スマホに落とした動画とか見てればいいので苦に成らないですからね。