Articles from 4月 2018



サンライズ出雲

今日は訪日中のスイスからの友人とサンライズ出雲で旅に出掛けてきます。

運が良いのか一ヶ月前の発売日夜に駅で空きを聞いたらシングルが2部屋空いていると言うでは有りませんか❗だってGW期間中ですよ。

10時打ちでも確保が難しいサンライズ出雲ですからね。

明日は出雲市から津和野に抜けSLやまぐちに乗る予定です。

懐かしシリーズ”JAのDC-10”

農協航空?

JA8535

JAA/EG/日本アジア航空 JA8535 DC10-40


JAA,
日本アジア航空って言うのがありましたが、もう遥か昔の話の様な気になります。

日本航空の台湾線運航子会社として設立した訳ですが、専用機材に加えJALとの共用機材があり、機体のカラーリングはJALグループですが、JALでもJAAでも使えるようにJAしか書かれていませんでした。

なので農協航空って揶揄されたり(笑)
懐かしいなぁ

北海道【新千歳空港】新千歳空港温泉

新千歳空港温泉
オススメ度:★★★
泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性中温泉
《源泉温度》36.2℃ 《湧出量》512L/min 《PH値》8.0 《成分合計》7852mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》有 《消毒》有
料金:(大人)1500円 深夜料金+1500円
入湯日:2018.3.23
HP:http://www.new-chitose-airport.jp/ja/spend/relax/spa/
住所:千歳市美々987
以前は万葉の湯が運営していましたが、現在は新千歳空港ターミナルビル直営施設となりました。

同じくターミナルビルが運営する「ターミナルホテル」の宿泊者は無料で利用出来るのですがターミナルビルが深夜(23時~)閉鎖される間の利用は出来ないのが残念です。

ちなみに一般利用はフロントで入館料を支払いますが、流石、空港ターミナルビル内だけあってEdyでも支払う事ができます。
タオルと館内着が付いて1500円の値段設定は、空港内を考えたら妥当なところでしょうか?

フロントで貰った鍵が脱衣場のロッカーになります。大きな荷物はクロークで預かってくれます。
脱衣場は健康ランドなロッカーが並んでいます。

温泉は、流石に空港内では無く千歳市内にある源泉からタンクローリーでの運搬湯となります。なので循環&塩素投入&加温と言うことになります。
まあ23時間営業なので、いつ源泉の入れ替えをするのか?疑問ではあります。

温泉は、かなり薄めのコーヒー色で少し塩っけがある温泉です。
内湯には温泉浴槽と白湯の浴槽があり、露天風呂は温泉浴槽となります。

露天風呂は塩素臭がキツいです。でも飛行機が離陸していくエンジン音聞きながら入浴料出来るのは飛行機好きには最高ですが、残念ながら露天風呂からは飛行機は見られません!

館内には仮眠スペースも多くあり、 ゆっくりするには良いです。
ただ飛行機の時間が迫っているけど一風呂浴びたいと言うのだと微妙ですね。 乗り継ぎで3時間以上あるとかでないと旅行者にはもったいないかも

洗い場にボディソープ、ジャンプー、リンス常備。ドライヤーは脱衣場に常備

<MAP>

鉄道:新千歳空港駅すぐ
車:道央自動車道千歳ICから車で10分


もどる

KIX/TPEビジネスクラス往復68,000円

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 A350-900 B-LRN

キャセイパシフィック航空のA350-900でTPE

キャセイパシフィック航空(CX)は4月26日から7月10日までの間、KIX/TPE往復ビジネスクラスが68000円(諸税、燃料サーチャージ別)のキャンペーン運賃を発売します。

予約クラスはIクラスで旅行期間は5月17日~7月31日(7/14発を除く)で最低旅行日数は2日、最長は1週間となります。
スケジュールは
 KIX/TPE CX565 16:20 18:20 A330又はA359
 TPE/KIX CX564 11:00 14:50 A330又はA359
となります。
日本発としてはちょっと使いづらいですが、A359の運航便なら悪くはないかな。

ノックスクートが成田/バンコク線を開設

XW/NCT/ノックスクート XW918 B777-200ER HS-XBC

ノックスクートのB777-200ER

いよいよと言うがようやくと言うのか?ノックスクート(XW)は6月1日から、成田/バンコク(ドンムアン)線をデイリー運航で開設することになりました。

いままでスケジュールチャーターなどで日本へ乗り入れていましたが、日本への定期便の開設は今回が初めてとなります。
使用機材はB777-200型機で運航となり、
XW102 DMK 2:20/NRT 10:25
XW101 NRT 13:55/DMK 18:25
のスケジュールとなります。

現在運航中のスクートによる運航も継続されるのでノックスクートグループとして日2便就航することになります。

就航を記念したセールが本日4月23日16時から4月25日23時30分まで成田~バンコク間片道9500円~+諸税、ScootBiz (ビジネス)22900円~+諸税で販売されています。
この値段ならグラっときますね~
まだ空きがありますからポッチとしちゃいそうです(笑)

警告されちゃいました。

内容証明家に帰ってみるとJCOMイーストセキュリティと言うところから内容証明郵便が来てました。
なんだろう?と封を開けると、大量データを送信したら駄目よと言う警告書でした。

なんでも1日あたり30GB以上のアップロードすると警告の対象になってそれでも継続して大量のアップロードが続くと通信速度制限をするぞと言うことらしい。

先週末、天気も悪くPCを起動しっぱなしで1日中過去に撮影した画像ファイルをAmazonのプライム・フォトにアップロードしていたのがお気に召されなかったようです。

JCOMはあまり良い評判は聞かなかったりしますが、自宅はマンション一括でJCOMのインターネットサービスに加入していているので、他のプロバイダに替えることも出来ないし・・・

シートベルトは常に締めよう

WN/SWA/サウスウェスト航空 B737-700 N952WN

サウスウェスト航空のB737-700型機

18日、サウスウエスト航空1380便ニューヨーク発ダラス行きのB737-700型機(N772SW)がペンシルベニア州上空を飛行中に第1エンジンが爆発し、緊急事態を宣言をしてフィラデルフィア国際空港に着陸する事故が発生しました。

エンジンが爆発した際に客室の窓ガラスが割れ、客室の急減圧が発生して窓側座席に座っていた乗客が減圧の流れに巻き込まれた吸いだされた形となり、他の乗客が必死にとりとめなんとか機内に連れ戻したが残念ながら亡くなられてしまいました。

死亡者が発生したのは残念です。

今回の事故で亡くなられた方はシートベルをしてなかったのでは無いかと言う報道がありました。
事実なのかは判断つきませんが、もしシートベルトを締めていたら減圧の際に機外に吸い出される様な事にはならなかったのかも知れません。

※1988年に発生したアロハ航空の事故では大きく機体が破損した際に、シートベルト着用中だったので着席してた乗客は生還(客室乗務員1名が死亡)しています。

シートベルト着用サインが消えたから言って外すのでは無く、必要なときだけ外すと言うのはが身を護る為には必要ですね。

航空事故に遭う頻度は昔に較べて減ってはいるものの今回の事故はシートベルトの重要性をあらためて思いました。

CからFに座席だけアップグレード

LH/DLH/ルフトハンザドイツ航空 A340-600 D-AIHN

3クラス機材で運航となるLHのA340-600

LHが運航している羽田/ミュンヘン線に7月からA350-900投入されますが、7月中は月曜と金曜(羽田基準)を除く週5便がA350-900の運航となり、月曜と金曜(羽田基準)はA340-600での運航となります。

A340-600は3クラス機材ですが、販売クラスはCYの2クラスとなります。
なので、A340-600で運航する日のC利用者は運が良ければFの座席を利用が出来る訳ですが、LHはCからFに座席だけアップグレードと言うサービスを行います。

予約の際にFクラスの座席を事前指定すると68,500円の追加料金が発生します。
もちろん、サービスはCのままですが。
LHもよく考えたものです。

JALなんかは時折、シップチェンジの関係でこういう事がありますけど料金を収受すると言うことはありませんからね。

昔なら予約システム的にこんな事は出来なかったでしょうが、今はゾーンごとに料金を収受したりするのが容易になりましたからね。
ちょっと機材のコンフィグを調べれば座席だけCからF、YからCへのアップグレードがタダで出来きました。

お陰で、JALが導入したばかりのB747-400を乗員習熟運航でNRT/SPNに投入された時にはYからFに乗ったし、SQのA340でCからFに乗ったりしたものです。

平井【ラーメン】麺屋やまき

平井駅近く、西友のそばにあるラーメン屋です。以前にお店の前を通った問にちょっと気になったので突撃してみました。
券売機で食券を購入します。やはり1番人気と書かれている「特製唐辛麺」(980円)を購入。

食券を出すと、辛さと麺量を選べるのであまり辛いのは苦手なので1/2辛で中盛無料の言葉につられて中盛に。にんにくは入れますか?と聞かれたのでハイと声答えるとカウンター越しのフライヤーに鶏肉を入れて揚げ始めます。
うーんなんかすごくなりな予感。

5分程でやって来たのがこちら

特製唐辛麺(980円)

唐辛麺(980円)

なんてボリューミーな(笑)

ココはスープから。うん、そんなに辛くない感じはスタミナラーメン系です。唐揚げは揚げたてなので美味しいですが300g近くありますから充分過ぎます。

茹でたもやしと唐揚げに阻まれた麺は太平麺で少し固めの茹で具合です。

唐揚げと麺と言えば、我孫子駅の唐揚げそばが有名ですが、ラーメンと唐揚げは初めての組み合わせです。
スープに浸しても良いし、そのままでも美味しいからご飯が欲しくなります。
最初は美味しいと食べてましたが、かなりの量に最後の方はキツくなってきました。麺を中盛では無くて普通にしておけば良かったかな。

なんとか完食。お腹一杯です。
唐揚げとラーメンの融合はナカナカです。次は普通盛りで(笑)

<MAP>

TEL:050-5594-4350
住所:江戸川区平井5-14-7
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00 休日は21:00まで
定休日:不定休
HP:https://twitter.com/yamaki_hirai
(訪問日)2018/4/15

JR北海道が抱える構造的な問題は

北海道で「特急」が走らないローカル線に久しく乗って無いし今の状況を見ておこうと言うことで、時間が掛かりますが、先月北海道へ行った際に札幌から岩見沢・追分経由で南千歳へ向かってみました。

乗って思いましたが、JR北海道が抱える構造的な問題として「人が居ない」と言うこと、「維持費用にコストが掛かる」ことを実感してきました。

札幌から乗車した岩見沢行の普通列車ですが、春休みに入って学生が居ないからか札幌発車時には6両編成で乗車率は100%近くで、ほぼ座席が埋まりデッキに数人立っているような状況でした。

停車する度に乗車より降車の方が多く、乗車率は低下し江別発車時点では50%を切りました。
札幌近郊は岩見沢までと思ってましたが、利用があるのは江別までで以遠になるとほぼ札幌から岩見沢に向かう乗客でした。

ガラガラな室蘭本線の車内

ガラガラな室蘭本線の車内


岩見沢から乗車した室蘭本線の苫小牧行はキハ40の1両でしたが、乗客は岩見沢発車時点で15人とかなり寂しい状況。
志文、栗沢と下車する一方で乗車はありませんでした。それもそうですよね、駅前を見渡しても生活感の無い駅前ですもの。
栗山駅でまとまった下車がありましたが同じ数の乗車があったのが救いですね。

利用者が居ないと言うより人口自体が少ないので当然ですよね。
それと室蘭本線に乗って気づいたのですが、駅の有効長が長いこと。室蘭本線は道央の炭鉱から出た石炭を室蘭港へ運び出す為の貨物列車が行き交った路線ですが、今では旭川から本州方面に向かう貨物列車が日に2本あるだけです。

そんな無駄に長い構内の線路をよく見るとジョイント部の繋ぎ目にグリスが塗られています。

グリスが塗られたジョイント部

グリスが塗られたジョイント部


冬の間、積もった雪が溶けて晴れた日が続くと錆びる可能性があり、そうなると信号回路の短絡や断信が発生してしまいますから、それを防ぐ為なのでしょう。
これを構内全てのジョイント部に行うと言うのはかなりの手間が掛かります。

それと一日に10往復も無い路線ですが室蘭本線は一部区間で複線となっています。これも過去の遺物、レガシーですね。
単線にすれば良さそうですが、これを単線にするには費用が掛かりすぎますからね。

JR北海道が抱える問題が多すぎます。
困ったものです。

リクライニングは不要?

新千歳空港を離陸するピーチ機

新千歳空港を離陸するピーチ機

ピーチは来年受領予定のA320Neo型機の座席に予め15°リクライニングした座席を採用することになりました。

LCCはシートピッチを詰めて座席数を増やしているので、シートピッチがフルサービスキャリアに較べて1~3インチ程度狭くなっています。LCCに乗り続けているとあまり気になりませんが、偶にしか乗らないと、「せっま」となります(笑)
なので前席がリクライニングすると結構圧迫感があったりします。

今回Neoで採用する座席はリクライニングしない仕様でその分、少し傾斜が付いていることになります。まあピーチは長くても3時間程度のフライトですからリクライニングしなくても耐えられるカナ。

それに最近はリクライニングするしない論争もあって、なんかリクライニングしずらい雰囲気があります。
個人的にリクライニングすること(されること)には抵抗は無いのですが、最近の風潮として「パーソナルスペース」を権利と思う人が多いようなので・・・

これからは、こうやって倒れないシートって流行るかも知れませんね。

使用中

今は目的地までの直行便が増え、何箇所か寄港しながら目的地へ飛ぶ経由便はめっきり少なくなりました。

バンコクで整備中の機内

バンコクで整備中の機内


写真はスイス航空(SR)のチューリッヒ発バンコク経由のシンガポール行に搭乗した際に、バンコクに寄港した際に撮影したものです。
SRでは、経由便で寄港した際に機内整備を行いますが、シンガポールまで搭乗する人の座席には「使用中」のピンを立ててこの座席は清掃不要と言うこと表していました。

寄港地ではセキュリティの関係で乗客全員を降ろして整備する場所もありますが、SRは機内に滞在しても、ターミナルに出てもどちらでも良かったので、この時は機内で整備の様子を眺めていました。

2000年位までは南回りなどで経由便が健在でした。
印象に残っているのが、1995年にSQのカイロ~ドバイ~シンガポール線に搭乗した時です。当時はA310で運航していて航続距離の関係もあってドバイに寄港していました。
その時、初めてのドバイ空港で全員一旦降機となり、ターミナルに行くとなんか薄暗くて、ああこれが中東なんだなぁ~と思ったものです。(中東戦争とかありましたからね・・・)

それが5年後の2000年に行ったら、超豪華な空港になっているのですごく驚いたのを覚えてます。
SQが経由便でドバイに降りなかったら中東の印象が違ったかも知れません。

偶には経由便でいろいろな空港に立ち寄りながら旅してみたいものですが、今はそういう路線自体が少ないですからね・・・

碧南市【焼きそば】へきなん焼きそば

いま日本全国B級グルメで街興しが流行っています。
これまで無名?だった地がB級グルメのお陰で全国区になった場所もあって、それ続けとばかりに地域のグルメが注目されています。

先月、中部空港から車で30分程の碧南市を衣浦臨海鉄道を訪れたら撮影で訪れた際に、明石公園の桜まつりに遭遇し公園内を散策していたら出店に「へきなん焼きそば」となる地元のB級グルメの看板があり、試しに買い求めてみました。

へきなん焼きそば

へきなん焼きそば

一緒に貰ったパンフレットによると、「白しょうゆ」の発祥がココ愛知県の碧南市と言うことで、その白しょうゆで味付けした焼きそばのことだそうです。

それ以外には特段、へきなん焼きそばの条件は無い様で市内のへきなん焼きそばが食べられる店舗一覧を見てもお店によって内容が違うようです。

早速、食べて見ましたが醤油味の焼きそばと言うことで今まであまり食べたことがない食感で美味しかったですが、全国区になるにはちょっとパンチが弱いですね。
特に焼きそばはライバルが多く、ソース味が定番だけにその牙城を崩すのは大変だと思いますが、頑張って欲しいものです。

18きっぷ総決算

春の青春18きっぷを購入し、久しぶりに5回分を全部使いました。大抵、残り2回分を友人に廃却してしまう事が多く、最後まで手元に残る事は珍しいです。
18きっぷ
さて今回はどれくらい普通乗車券と較べてお得だったか計算してみました。

※1回目 7,270円
 名古屋~四日市、四日市~最寄駅

※2回目 3,750円
 札幌~岩見沢~追分~南千歳、南千歳~札幌、札幌~新千歳空港

※3回目 6,040円
 最寄駅~由比、由比~最寄駅

※4回目 5,920円
 最寄駅~小山~あしかがフラワーパーク、あしかがフラワーパーク~岩舟、岩舟~小山、小山~後台、後台~最寄駅

※5回目 4,850円
 最寄駅~南越谷、南越谷~八木原、八木原~最寄駅

合計27,830円分利用し、15,980円得した計算になります。まあ、得なのかはいろいろ議論があるところですが(笑)

次は夏の発売ですが、夏は利用可能期間が少し長くて1ヶ月半ちょいありますから使いきれるかな?

【RJCC/CTS/新千歳】2018/3/23撮影レポート(3)

午前中はモーターランドで撮影した後、昼食は苫小牧で「ホッキカレー」を食べにちょっとドライブして、満腹になった後再び空港へ戻って来ました。

午後はターミナル側からが順光になりますが、この時期はターミナルの展望デッキは閉鎖中。なので今日は空港内のターミナルホテルに宿泊して、部屋から撮影をしようと企んでいました。

チェックインを済まして部屋にはいると滑走路が見渡せる部屋でRWY19から離陸した機体の撮影にはばっちりな場所でした。

NH/ANA/全日空  B737-800 JA76AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA76AN

だってこんな写真が部屋から撮影できるのです。残念なのは窓ガラスが開かないことですが、比較的クリアな状態なので撮影にはほとんど影響がありません。

JL/JAL/日本航空  B737-800 JA301J

JL/JAL/日本航空 B737-800 JA301J


RWY19Lから離陸してくるところを狙ってみます。

HX/CRK/香港航空  A330-200 B-LND

HX/CRK/香港航空 A330-200 B-LND

国際線ターミナルからタキシングしていき機体は目の前を通過していきます。

HO/DKH/吉祥航空  A320 B-8538

HO/DKH/吉祥航空 A320 B-8538

北海道は訪日観光客の人気がある場所なので中国キャリアも多く飛んできます。

JH/FDA/フジドリームエアラインズ  ERJ170 JA04FJ

JH/FDA/フジドリームエアラインズ ERJ170 JA04FJ

羽田では撮影することが出来ないフジドリームエアラインズのERJが力強く離陸していきます。

HD/ADO/エアドゥ  B767-300 JA602A

HD/ADO/エアドゥ B767-300 JA602A

北海道塗装のAIRDOが離陸してきます。

MM/APJ/ピーチアビエーション  A320 JA814P

MM/APJ/ピーチアビエーション A320 JA814P

機体が軽いのか、もうギアアップしていますね。こういう写真いいですねー

BR/EVA/エバー航空  A330-300 B-16333

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16333

ハローキティ塗装のBRがTPEに向けて離陸していきます。

GK/JJP/ジェットスタージャパン  A320 JA05JJ

GK/JJP/ジェットスタージャパン A320 JA05JJ

太陽が傾いてきてシルバーのボディを照らします。

HA/HAL/ハワイアン航空  A330-300 N382HA

HA/HAL/ハワイアン航空 A330-300 N382HA

この日一番の獲物?ハワイアンのA330が常夏のハワイから到着です。

それにしてもターミナルホテルはロケーションは良いですね。1泊7000円程度で泊まれて朝食も無料だしなんと言っても新千歳空港温泉も利用できるのですからこりゃ、北海道の定宿になりそうです。


<その1へ> <飛行機の館へ