Articles from 7月 2018



【マダコ】(7/16)富津港・川崎丸

今年2回めの船釣行は「マダコ」です。
昨年は夏・冬ともマダコ釣りに行って無かったので、久々のマダコとなります。

湾奥の船宿からの出船でも良いのですが、富津の川崎丸では坊主でも事前に釣ったマダコを冷凍にしておいて坊主だった釣り人に「お土産」があるので、保険のつもりで利用しています。

さて今日はどうかなと朝5時に船宿に到着して受付を済ませて、船着き場に向かい左舷胴の間に入ります。なんせ一番最後の到着ですから、場所を選ぶことが出来ません(笑)
5時半に出船となり、船長から「第二海堡は潮の流れと風向きが良くないので(富津)南沖へ向かいます」とのアナウンス。

うーん、いつも第二海堡で1杯は上げてあとは沖上がりまで余裕?の釣りをしていたので今日はどうかなと?とちょっと心配です。

航程30分ほどで上総港沖のポイントに到着。気合を入れて小突きますがそうすぐに釣れないです。
暫くして船中1号の1.8kgが左舷で上がりましたが、その後大型主体で上がるのですが単発で、自分のテンヤには乗りがまったくありません。

最初のポイントでは大型が3杯上がっただけで場所を移動しますが、全然乗りが無くなんと9時を過ぎても3杯のままです。

流石に船長も焦ったようで沖合のポイントを流したりと根回りを攻めてポツンポツンと上がるようにはなりましたが、タコの機嫌は良くないようです。
今日は南西の風が5~7m位吹いており、灼熱地獄にならずに済んだのですが、その分下げ潮とぶつかり潮の流れがゆるいようです。

これは今日は駄目だなと腹を括り、果敢に挑戦だ!と言った矢先に根掛かりでテンヤをロスト。

今日はそれまでロスト無しだったので、上手く行けば出船時に購入したテンヤ交換券はそのまま払戻しかなと思ったのですがそうはいかないのがマダコ釣りです。

新しいテンヤで小突きますがマダコからのラブコールは無く、船中24名中半数以上が型なし状態です。
船長もポイントを転々と流しますが、自分も含め半数の12名が型見ずなので沖上がりを30分延長して12時半まで頑張りましたがノーヒットで終了となりました。

テンヤは2つロストなので500円払戻となりました。
港でお土産の「冷凍タコ」を貰いなんとかタコを食べることが出来るのは不幸中の幸い?ですね。

残念賞の冷凍マダコ

そうそう、冷凍タコは820gで内蔵処理されていたので実質は1kg位の良型でした。
冷凍になっていたのでぬめり取りも簡単でした。

<収支報告>
収入の部
冷凍マダコ 820g
支出の部
乗船代 8500円
テンヤロスト 1500円(2回)
となりました。

船宿 富津港 川崎丸

=船宿HPから=
16日の状況
マダコ船 【出船6時】・・・本日は3連休の最終日ですし、昨日までのご予約が少なかったのでゆったり出船かな?と思っていたら、嬉しい事に夕方から予約が殺到して、結局女性3名を含む24名様にお越し頂き、その内の9名様が初挑戦での出船でした。
風向き・潮向き・メンバー構成を考慮して第二海堡はスルーして一気に南沖へと走りました。
ポイントに着いた頃が丁度満潮潮止まりで、最初の内は型を見る事が出来ませんでしたが、開始から30分位して下げ潮が流れ出すと、まずは女性の方が1.8kgの船中第1号を釣り上げました!
次の流しでは2.5kgが上がり、その次の流しでは3.2kgが上がって単発な釣れ方ながらも良い感じでしたが、その後は続かなかったので昨日好調だったポイントへと向かいました。
このポイントを今日一番当てにしていたのですが、女性の方がバラシただけでその後が続かず、大きく当てが外れてしまいました…
ここからが迷宮に迷い込んでしまい、狙うポイント狙うポイントをスカばかりで9時すぎの時点で船中3杯と、ここ数年でもない様な緊急事態になってしまい、船長は血の気が引いて行くのが自分で解りました。
それならばといつもは狙わないポイントを狙ったところ、朝方2.5kgを釣った方が今度は2.8kgを釣り上げて、2時間ぶりのご対面となりました。
その後は沖目に出て根周りを狙いましたが、根掛かりが多い割にはタコは拾い釣りで、11時の時点でポイントを大きく移動して最後の望みを掛けました。
潮は大分緩んで根周りを大流ししたのですが、ここで2.9kgを筆頭に7杯釣れ上がって、オデコの方も3名減ってやっと船中の半分の方が型を見ました!
本日の釣果は0.4~3.2kgをトップ3杯が2名・2杯が3名・1杯が7名の船中【19杯】と船中数は少なかったですが、2.0kg超の特大が4杯上がったのがせめてもの救いですかね・・・半分の12名様がオデコになってしまい【お土産タコ】大放出でした。

行田古代蓮

昨日は行田市の古代蓮を見物に行ってきました。
ココ数年、毎年の様に見物に行っているので恒例行事みたいなものです(笑)

昨年は、蓮の花があまり咲いてなかったので、今年はどうかな?と思って行って見ました。流石に三連休の初日とあって普段なら高速を使って1時間ちょいで着くのですが渋滞で倍掛かりました。

流石に時間的に遅くなったからか、暑いから見物客は少なくてゆっくり園内を見ることが出来ました。
古代蓮1

古代蓮2

古代蓮3今年は昨年より多くの花が咲いていました。

ただ、花の生育は通年より10日程早いので例年なら8月まで次々と咲くのですが、今年はそろそろ終盤で8月には殆ど咲き終わりになる感じです。
田んぼアート
最後に展望台に登って今年の田んぼアートの絵柄を鑑賞して来ました。今年はナスカの地上絵と鷲ですね。
田んぼアートは夏過ぎに来れば色合いもはっきりして綺麗なんですが、いつも行きそびれてしまいます。今年は完成図を見られるかな?

【RJTT/HND/羽田】2018/7/8撮影レポートその3

中防大橋は周りが埋立地で何もなく、自販機もありません。なのでさすがに2時間以上も居ると飲み物が尽きてしまい、城南島のコンビニまで行ってちょっと一服してきます。

再び海底トンネルを通って中防大橋へ戻って来るとKEがタワーにハンドオフされてきました。

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B777-300 HL7533

KE/KAL/大韓航空 KE2709 B777-300 HL7533

もう18時を過ぎていますが、この時期ならまだ撮影できるのが嬉しいですね。

AF/AFR/エールフランス AF274 B777-300ER F-GSQU

AF/AFR/エールフランス AF274 B777-300ER F-GSQU

AFは北方経路なので23かと思いきや22へ降りてきました。

NH/ANA/全日空 NH262 B777-200ER JA744A

NH/ANA/全日空 NH262 B777-200ER JA744A

18時半近くになると流石に太陽も傾き、俗にいうエロ光線になり機体を照らします。

JL/JAL/日本航空 JL347 B737-800 JA327J

JL/JAL/日本航空 JL347 B737-800 JA327J

流石に露出も厳しくなるのでレンズを明るい70-200に切り替えます。

NH/ANA/全日空 NH842 B787-9 JA887A

NH/ANA/全日空 NH842 B787-9 JA887A

気のせいかこの時間になるとLDAでも大きく踏み込んで旋回する便が多くなった気がします。

JL/JAL/日本航空 JL322 B777-200 JA010D

JL/JAL/日本航空 JL322 B777-200 JA010D

LDAを誘導する地上の発光ライトを目印にするからかな?

JL/JAL/日本航空 JL462 B767-300ER JA657J

JL/JAL/日本航空 JL462 B767-300ER JA657J

ようやくお目当てのハワイアンが千葉県上空を飛行してますが、到着機が多いのでまだ到着しません。早くこないと露出が・・・

NH/ANA/全日空 NH596 B777-200 JA714A

NH/ANA/全日空 NH596 B777-200 JA714A

この頃になるとSSを下げて流し撮りに移行します。でないと画像が荒くなってしまいますからね。

CA/CCA/中国国際航空 CA421 A321 B-6595

CA/CCA/中国国際航空 CA421 A321 B-6595

フォトショップで補正しているの明るく見えます。

ようやくこの日の目的だったハワイアン航空がタワーにハンドオフされてやって来ました。

HA/HAL/ハワイアン航空 HA457 A330-200 N360HA

HA/HAL/ハワイアン航空 HA457 A330-200 N360HA

18:58本日のミッションコンプリート!
いやーこの日は随分撮影しました。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2018/7/8撮影レポートその2

大抵、SQのA350が到着すると撤収することが多いですが、日が長い時期ですから今日は延長戦に。

NH/ANA/全日空 NH872 B787-8 JA808A

NH/ANA/全日空 NH872 B787-8 JA808A

787のタイトル入りもこれからは少なくなる筈なのでちゃんと記録しておかないと駄目ですね。

GOV//海上保安庁  Dash 8 JA725A

GOV/海上保安庁 Dash 8 JA725A

海上保安庁も昔はYS11を運用していましたが今はDash8です。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J16 B737-800 JA807X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J16 B737-800 JA807X

「頑張ろう九州」の807Xですが、このところ九州は自然災害が多く発生してますからホント頑張って欲しいですね。

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA708J

JL/JAL/日本航空 JL82 B777-200ER JA708J

上海からの82便はワンワールド塗装機材でした。

BC/SKY/スカイマーク BC306 B737-800 JA73NG

BC/SKY/スカイマーク BC306 B737-800 JA73NG

ワンワールドの次はヤマトジェットかと思ってましたが、6月で地球連邦政府の地球大気圏内輸送隊の任を解かれたようでノーマル塗装に戻ってました。

MU/CES/中国東方航空 MU539 A330-300 B-8970

MU/CES/中国東方航空 MU539 A330-300 B-8970

チャイナイースタンは随分小回りでかなりゆっくりした速度でRWY22に向かっていきました。

NH/ANA/全日空 NH258 B777-200ER JA743A

NH/ANA/全日空 NH258 B777-200ER JA743A

MUの続行で来たスターウォーズですが、MUの足が遅いからかかなり大回りして距離を稼いでの到着です。流石にゴーアラはしませでした。(密かに願ったのですが・・・)

CA/CCA/中国国際航空 CA167 A330-200 B-6093

CA/CCA/中国国際航空 CA167 A330-200 B-6093

CAはスタアラカラーのA330でやって来ました。

NH/ANA/全日空 NH852 B787-8 JA802A

NH/ANA/全日空 NH852 B787-8 JA802A

787の2号機も通常塗装に戻ちゃいましたね。

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ1045 A330-300 HL7736

OZ/AAR/アシアナ航空 OZ1045 A330-300 HL7736

この日は機内食を積めたのでしょうかね?

そうそう、この日に羽田に整備で来ていた政府専用機が千歳に戻ったそうで、ターミナルに行けばよかったなぁ~と後の祭り状態になりました。


<その3へ> <飛行機の館へ

甚大な被害をもたらす雨

山陽本線のセノハチでも大きな被害が発生してます。

先週の大雨で近畿から中国・四国地方に甚大な被害をもたらした大雨ですが、山陽本線を始め多くの線区で不通区間が発生しています。

道路も高速、一般道ともに土砂崩れなどで通行止めが発生しており、物流が完全にストップした状態です。

広島や岩国、岡山空港は離発着が可能ですが、市内への交通網が乱れておりこちらも大変な状況です。広島空港にいたってはホームページで水道供給が出来なくなる可能性があると公表しています。

貨物機で物資の輸送が出来てもそこから被災地までの輸送手段が限られてしまいます。
こういう災害時の物資輸送手段を陸海空の連携で出来る仕組み作りが必要な気がします。

今回の大雨では100名を超える方が犠牲になってしまいました。
地理的な条件によるものが大きいのかと思いますが、最近の自然災害は西日本に集中している様な気がします。
特に大雨による被害となるとまた?と思ってしまうほど広島とか山口に被害が出てます。

早い復旧と行方不明の方が見つかることを祈るしかありません。

【RJTT/HND/羽田】2018/7/8撮影レポート

7月に入ってもう真夏様な感じです。
まあこの時期は一番日が長い時期ですから晴れてくれれば、夕暮れまでじっくり?撮影が出来ると言う訳で中防大橋へ行ってみました。

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-8366

CZ/CSN/中国南方航空 CZ385 A330-300 B-8366

15時少し前に到着すると丁度CZが降りてきました。

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA821A

NH/ANA/全日空 NH864 B787-8 JA821A

RRエンジンの部品交換で欠航便が発生しているANAのB787です。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G82 A320 JA06MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G82 A320 JA06MC

今日はLDAアプローチで結構踏み込んでRWY22へ向かう機体が多い感じです。まあ風もそんなに強くないし視界も良いからですかね。

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A893

午後のお楽しみ?VNのA350は既に撮影済みのヤクザさんでした。

/BBJ/  B737-700BBJ N930HB

/BBJ/ B737-700BBJ N930HB

FR24にB737しか表示されて無かったので何かなと期待していたら羽田常連のN930HBでした。

JL/JAL/日本航空 JL316 B777-200 JA8985

JL/JAL/日本航空 JL316 B777-200 JA8985

この便は高度が低めでしたね。まあビジュアルですから機長の裁量でのアプローチですからこういう便もありますね。

NH/ANA/全日空 NH224 B777-300ER JA788A

NH/ANA/全日空 NH224 B777-300ER JA788A

欧州帰りのトリプルはRWY22へ降りて来ました。

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA8979

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA8979

決勝はまだですが日本の敗退が決まったらもうワールドカップは終わった感じですね。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G48 A320 JA05MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G48 A320 JA05MC

スターフライヤーの塗装は左右非対称なのが面白いですよね。実は最近まで気が付かなったのですが・・・(笑)

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMU

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMU

SQは初撮影のSMUでした。SQのA350もデリバリーが順調の様です。
SQはA340を早々に手放したけどA350はどうでしょうかね。


その2へ> <飛行機の館へ

日暮れのHA

HA/HAL/ハワイアン航空 A330-300 N360HA

HA/HAL/ハワイアン航空 A330-200 N360HA

ハワイアン航空の羽田到着は19:30。
日の入りが19時前後の今の時期、早着すれば撮影出来るのですが、晴れないと露出が無い訳で、かなり厳しいかったりします。

今年は異例な早さで梅雨が明け、今日はまずまずの天気。さらに羽田空港の到着予定時刻を確認するとHAの到着予定時刻が18:53とギリギリ撮影出来そうなのでFR24で航跡をウオッチすると南方到着コースの様です。

ならLDA22アプローチの可能性が高いので中防大橋で待ちアプローチからアサインされたのはLDA RWY22。既に18:30を過ぎ先行機の数から早くても18:50過ぎの到着です。

露出も厳しくなる一方で流石に流し撮りで行くしかありません。
日没間際ギリギリの18:58に中央防波堤上空を旋回しつつ、通過して羽田に向かっていきました。
なんとかISO400で1/320,F2.8の+1補正で撮影出来ました。

【手長エビ】(7/7)荒川&江戸川

梅雨が開けるとシーズンも終わると言われる手長エビですが、今年は既に梅雨も開けたので終盤戦と言うことになるのでしょうか?

前回、釣行時に買った赤虫がまだ冷蔵庫でお休み中なので、処分?を兼ねて近所の荒川に行ってみました。

実績のあるポイントで竿を出したのですが、カニの猛攻にあって根掛かりが多発。仕掛けの消耗も早いのでこれは駄目だと言うことで1時間ほど粘って場所を移動することに。

荒川は期待薄なので、江戸川へ行ってみようと車で篠崎の河川敷駐車場へ向かいます。これなら最初からココに来ればよかったなと16時少し前に到着です。

駐車場近くの護岸で竿を出して様子を伺うと、玉ウキの動きが微妙だな~とゆっくりと竿立てるといい感じで引きがあります。

手長エビのシーズンも終盤?

手長エビのシーズンも終盤?

まずまずの型が出て、江戸川のエビ影は濃いかな?と丁寧にエビを針から外してバケツへ。

さて次を狙いますかと、同じ様な場所を攻めてみます。
しばらくしてウギが動いた気がしたので聞きアワセしてみると魚信があったものの直ぐに無くなりバレてしまいました。

しかし、その後がなかなか続きません。
おかしいなぁ~と思っていたら護岸近くに大きな魚影が見えます。セイゴとフッコの間くらいでしょうか?
こいつが周辺を徘徊しているからか?

潮止まりが17時半で上げ潮になれば喰いが悪くなりますから17時15分に納竿しました。
先程釣り上げた、エビ君はまだ元気なので次の時に恩返しを期待してリリースして帰路につきました。

MRJ包囲網?

JL/JAL/日本航空 EMB175 JA214J

エンブラエルとボーイングが持ち株会社を設立へ

エンブラエルとボーイング、エアバスとボンバルディアが互いに持株会社を設立してこれから激化する小型機市場を制しようと動いています。

エンブラエルはE-JetシリーズでボンバルディアはCSシリーズで、実質ボーイングとエアバスの競争となる訳です。

一方で三菱が開発しているMRJは販売はもとより開発でも大苦戦しており、今後MRJの発注を得るのはかなりハードルが高くなった感じです。

販売や開発でボーイングやエアバスに敵うだけの人材を集められる事が出来るのか?
これからじわじわとこの2強の包囲網が世界中のキャリアを覆ってしまいそうです。

このところ販売が好調なホンダジェットとは対照的な状況を見ていると、やはりMRJプロジェクトはYS11と同じ運命をたどるのでは無いかと危惧しています。

個人的にはココまで漕ぎ着いたのだから形式証明を取ってデリバリされるのを期待していますが・・・

ANAのB787は名声と引き換えに

NH/ANA/全日空 NH90 B787-8 JA816A

エンジン整備で運休が発生するANAのB787A

ANAのB787型機に搭載しているロールスロイス社エンジンに対して国土交通省が発したTCD(耐空性改善通報)で、部品交換が必要なエンジン数が増加したことから一部の国内線で欠航することになりました。

ANAのB787はキックカスタマーの名声と引き換えにトラブルにも巻き込まれて、長期間の運航停止にもなりました。

今回は全便運航停止では無いですが1日あたり20便程度が運休となります。とは言え、予約の変更や払戻なの費用もバカにはなりません。

一方で、JALのB787は使用するエンジンが違うので今回のTCDに影響すること無く運航を続けられます。
この辺はJALは先見の明があったのかも知れません。
キックカスタマーになればこういう事もありうると。
まあ今回は搭載するエンジンに問題があったのでB787本体の問題ではありませんが、元ナショナルフラッグキャリアの貫禄?なんでしょうかね。

機内食が無い?その2

先日、アシアナ航空(OZ)がケータリング会社を変更した事によるトラブルを記事にしましたが、その続報がありました。

つなぎ融資ならぬつなぎ機内食を提供したケータリング会社の下請け協力会社、社長が混乱を苦にして自殺すると言う事態になりました。

まだインチョン空港では混乱が続いており、アシアナ航空の社長が記者会見で今回の混乱を謝罪しているが、そもそもOZが一日に必要な機内食数を賄うだけの製造能力が無いケータリング会社と契約を結ぶこと自体がおかしい訳ですけど・・・

その辺に韓国社会の暗部が見え隠れている気がします。

OZ/AAR/アシアナ航空 A380 HL7626

A380だと搭載する機内食の数も多くなります

眼の前の難点を排除することだけに執着して、その本質を見ない(見ようとしない)ところが・・・

この問題はもう少し長引きそうな予感がします。

機内食が無い?

アシアナ航空(OZ)は7月からケータリング会社をLGSコリアからゲートグルメコリアに変更する計画でした。

しかし、ゲートグルメコリアがOZから機内食を受託するにあたり建設していた機内食製造工場が火災が起きて完成が遅れた為、7月からの機内食供給が出来ずその間のつなぎとしてシャープDo & Coに製造を依頼していました。

しかし、ソウルをハブとするOZのフライトを賄うだけのDo&Coでの機内食製造能力が無かったことから出発時刻までに機内食を搭載出来ない便が続発し、大幅遅延するなどの混乱が起きました。

例えば、7/1のソウル/成田線の運航状況ですが、OZ102が大幅に遅延しています。

OZ運航状況

OZ102は4時間遅れと大幅遅延となってます。

今、OZの成田線はボックスミールですがA380だと人数を多いので時間も掛かったのでしょうかね。

中には機内食の代わり食券バウチャーを配って機内食を積まずに出発した便もあったようです。
まあ、韓国らしいニュースではありますが・・・

それにしても面白いのは、今回登場するケータリング会社が全てルフトハンザグループの流れをくむ会社なんですよね。
LGSはルフトハンザ、ゲートグルメはSwissair、Do&Coはオーストリア航空を起源としています。
今は各社とも他社の資本が入ったりしていて独自色が強くなってますが・・・