Articles from 11月 2018



LH/LX/OS欧州ビジネス29万

ルフトハンザグループのウィンタープロモーション運賃ですが、ビジネスクラス運賃がファイルされています。

欧州目的地はFRA/MUC/ZRH/VIEとなりますが利用できるキャリアはルフトハンザグループ(LH/LX/OS)とジョイントベンチャーのNHで、羽田発着便も利用できるのでお得感がありますね。

詳細は以下のとおりです。
 出発期間 ハイシーズン(H)2018/12/20~12/24 ローシーズン(L)2019/1/13~2/28
 発券期間 11/27-12/17
 運賃 (H)390,000円 (L)290,000円 P_*NNEP9
 予約クラス P
 羽田便加算 羽田発便10,000円 羽田着便 NH便10,000円 LH便5,000円
 週末加算 50000円 日本土日出発:欧州金土出発
 旅行期間 5日以上1ヶ月以内
 発券期限 21日前

羽田発もサーチャージで利用可

羽田発もサーチャージで利用可

NHのA380は5月就航、スクートは運休へ

©ANAグループ

ANAが導入を予定しているA380型機について来年の5月24日から成田/ホノルル線に投入することを発表しました。
3機導入するA380ですが、まずは初号機を成田発火・金・日曜日のホノルル行に投入し、7月からは弐号機を投入し週5便をB787-9からA380に変更する計画です。

まだDGSには反映されて無いので近いうちに反映されるでしょうが、初便は満席になっちゃうでしょうね。
ANAはA380の導入で座席供給量も倍増しますから、営業面でもホノルル線のサービス強化を実施して今までJALが強かったハワイマーケットに切り込みを入れる計画です。

一方で、来年6月から関空/ホノルル線を週5便で運航しているスクートが運休することになりました。

LCCのホノルル線ということで特に価格に敏感な関西マーケットでの運航だったので利用率は良いのではと思っていましたが、今回の運休は利用率が低迷していることが理由だそうです。

週5便という事がハンディだったかのでしょうか?
まあハワイマーケットはFSCが強い面がありますからね・・・

ゴーアラウンドするB787-9

土曜日の午後、京浜島つばさ公園でRWY34Rから離陸する機体撮影をしている時にRWY34LにアプローチしていたANAのB787-9がゴーアラウンドしていきました。
ゴーアラウンドするANA
松山発のNH592便として羽田空港にアプローチしていたのですが、先行したBiz-JetがRWY34Lに着陸した後、Nエリアへタキシングする際に滑走路上から誘導路へ直ぐに曲がらずに滑走路上に存在していた為、ゴーアラウンドしました。
撮影時点で既にギアアップしてますから多分、早い時点でゴーアラウンドを始めていたのでしょうね。

NH592は羽田上空で左旋回して川崎上空から千葉県側の上総湊から再びアプローチコースに乗りRWY34Rへ誘導されていきました。

以前、関空から搭乗したJALのB737で羽田のRWY22にアプローチの際にゴーアラウンドしたことがありました。その際は、空域が混雑していることもあって羽田から鴨川沖まで回されて房総半島を一周サービス?してRWY22に降りた事がありましたが今回は直ぐにアプローチコースに乗れたので10分位の遅れで済んだようです。

搭乗している人にとってはゴーアラウンドは迷惑かも知れませんが、個人的にはそういう機会が少ないのでウェルカムなんですけどね。(笑)

大阪で万博ですか?

2022年に大阪で万博が開催されることが決まりました。

個人的には全然興味がないから、はあそうですか・・・というような感じです。いまさら万博と言ってもねぇ~
万博と言えば世界と繋がり先端技術に触れられると言う夢?がありましたが、日本には多くの海外と繋がって、技術も色々あって身近に使えるようになりましたからね・・・

つくば万博の時は中学生になったばかりで、当時はまだまだ電話が通信の主流でインターネットのイの字もない時代でしたから、万博は玉手箱のようでした。
確か2,3回は見に行った記憶があります。
エキスポライナー電車の写真はあるけど海上の写真がない・・・

前回の名古屋も行かなかったし
大阪はどういうコンセプトになるのか知りませんが、多分行くことは無いでしょうね。

今日は「じゃばら湯」でした。

毎月、最終日曜日のお楽しみ?になっている地元銭湯の変わり湯ですが、今日は「じゃばら湯」でした。

今年の1月にも「じゃばら湯」があり、その時の記事をBlogにアップしていますが、その時に頂いたそのじゃばらドリンク「じゃばらまる」も今回もサービスということで1本頂いてきました。
じゃばらドリンク「じゃばらまる」銭湯のお湯は42℃前後に設定されているので、家庭のお風呂より熱く感じますが、体の芯まで温まるので冬場でも自宅に帰ってまでもポカポカしています。

それに変わりの湯は色々と健康?にも良さそうです(笑)
さて、来月は12月22日が冬至ですから「ゆず湯」です。忘れずに行かないと

エンジンを待つB787

京浜島に面した羽田空港のRWY22脇の駐機場にANAのB787が5,6機駐機していました。国際線ターミナル反対側のスポットが手ざまになったので新たに出来た場所で、国際線機材なのかな?と思ってましたがよく見るとエンジンが無い状態でした。
エンジンを待つ787
あー、例のロールス・ロイスのTrent1000エンジン問題で点検中の機体なんだと。
夏前から国内線を中心を機材繰りが出来ず欠航が発生する事態になりましたが、まだまだその影響が続いています。

JALのB787はGEエンジンで問題が無いので欠航にならず、日本ではANAだけが影響を受けています。今後ANAはロールス・ロイスに補償要求をすることでしょうがかなりの減収になっていますからね。

ANAはB787のキックカスタマーで初号機を受領しており世界中から注目を浴びましたが、新機材のデメリットを大きく受けてしまいました。
早く、点検が終了すれば良いのですが安全に勝るものは無いですからね。

2018/10/13 JL371 HND/KKJ

北九州空港と言うとスターフライヤーのイメージが強いですが、JALも就航しています。B737での運航ですが福岡空港発着便より比較的安い運賃が残っている事が多く、移動費用を考えて計算しても北九州便を利用した方が安いと言うことも多くあります。

10月に利用した際も購入時に北九州空港経由が羽田発では一番安かったで、羽田6:25発のJL371便を利用しました。
土曜日の朝で保安検査場が混雑してましたが、混雑を見越して早めに羽田空港に着いたので、搭乗開始前に12番ゲートに到着しました。
ゲート駐機しているはJA331Jで座席は後方の37Kなので優先搭乗続いて乗り込む事ができました。ほぼ満席なのでやはりB737で狭く感じてしまいますね。

定刻の6:27にプッシュバックが始まり離陸待ちの列に並び、RWY05から離陸したのが6:46でした。
東京湾上空で旋回中に雲の中に入り下界が見えなくなりましたが、山梨県あたりでは晴れ間も見え景色が楽しめるようになりました。
朝が早かったので、こういう時の定番「カツサンド」で朝食にします。
いつも万世にするかヨシカミにするかで迷うのですが、今日はヨシカミにしました。
ヨシカミのカツサンド
JALの国内線はWi-Fiが無料なので早速、接続してFR24で自分の航跡を見ながら外の景色を眺めますが、フライトレベルがいつもより低い?と気が付きよくよくFR24で情報を見るとなんとフライトレベル200、20000フィートじゃないですか!
プロペラ機や羽田名古屋線みたいに超短距離線なら200でもおかしくないですが、そこそこ距離のある九州便で200ってあまり無いよな~と思いながら普段より近くに見える下界を眺めます。
琵琶湖上空琵琶湖の西側、大津辺りを飛んでます。
朝早い便なので空域が混雑している言う程では無いし・・・天候なのか?でもFR24で後続する九州便を見ると300以上の高度を飛んでいますから謎だな~。

JA331Jは瀬戸内海沿いに飛び、広島市内が見えてきました。
広島上空この後、宮島を過ぎた頃から徐々にディセンドが始まり、山口宇部空港上空あたりファイナルアプローチとなり、北九州空港へ向かいます。

その様子をビデオで撮影してみました。
周防灘を渡り、北九州空港のRWY36に8:04にタッチダウン。
フライトタイムは78分ということになります。
ターミナルの3番ゲートにスポットインしたのが8:07なので定時到着(時刻表上は8:05)です。

後方座席だったので最後の方になりましたがその分、荷物受取り場ではすぐに荷物が出始めました。地方空港の場合、便数が無いだけに荷物が早く出てきます。

荷物をピックアップして出口を出たのが8:15でなんとか8:20発のバスに間に合いまあした。

西日本土産はカール

東京から西に旅行した時の土産として最適?なのが明治の「カール」です。

東日本では発売が終わってしまい「カールおじさん」ともども消えてしまいましたが、西日本では発売が継続されています。
入手が困難になれば人気が出るわけで、関西の空港では売店でカールの売れ行きが良く人気商品になっています。
まあ東日本に在住者が欲しがっているだけですが・・・

我が家でも西日本方面へ出掛ける時はいつもリクエストされています。
でも「カール」を買おうとコンビニに行くと意外と売ってないんですよね。コンビニで扱うスナック菓子はプライベートブランドが幅を効かせているのでローカルスナック菓子化したカールは扱って無いところばかりです。

入手しやすいのは地元のスーパーや大型ドラッグストアに行けば、大抵置いてあります。それに安い(笑)

そうそう個人的に好きだったカレー味が無くなったのが残念でなりません。

立石【水餃子】餃子の店蘭州

京成線の立石駅周辺には名のある飲食店が多いのですが、京成線の高架工事の影響でこの先どうなるか?と言うお店も多くその中に今回紹介する駅の真横にある「餃子の店蘭州」もその一つです。

名前の通り餃子をメインにしているお店です。混雑しているので待つの必須です。
カウンターとテーブル合わせて20人も入ればいっぱいになります。

水餃子(400円)

水餃子(400円)


餃子は注文されてから餡を皮に包んで焼いたり、茹でます。なので混雑していると少し待つこともあります。一番人気は「水餃子」で少し厚めの皮に餡を入れて茹でたもので、これがモチモチ感があって美味しいです。

自家製のラー油と醤油にちょこっとしたして食べる口の中で餡のジューシーが溢れ出てきます。なので出来たては火傷するので注意です。

もう一つの名物?がラーメンです。

ラーメン(500円)

ラーメン(500円)

下町のラーメンらしく醤油スープで脂も控えめです。麺がタンメンとかで使われる太麺を使っているのが珍しいです。

呑兵衛が多い立石だから?か味付けは少し薄めな感じでしたが、それはそれで水餃子の味が引き立つから良いのかな?

<MAP>

TEL:03-3694-0306
住所:葛飾区立石4-25-1
営業時間:18:00〜23:00
定休日:月曜日
HP:なし
(訪問日)2018/11/15

ギアアップ

NH/ANA/全日空 B737-800 JA83AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA83AN

ギアが出てない姿と出ている姿どちらが飛行機らしいかと言われるとギアが出て無い方でしょうね。

着陸時を狙う場合は必ずギアが出てますから離陸時を狙うしか無いのですが、羽田空港第二ターミナルの展望デッキからC滑走路から離陸するシーンを狙ってみますが、場所柄なかなかギアアップした機体の写真を撮るの難しいのですが、タイミングが良ければこうやってギアアップした写真が撮れることもあります。

でも1日粘ってもそうは撮れなかったりするので、結構貴重な?ショットになります。

新潟【駅弁】焼漬鮭ほぐし弁当

先日、羽越本線へ撮影に出掛けた際、昼食用に新潟駅で購入した駅弁です。
新潟駅は色々な名物駅弁が売っているので、目移りして中々決められませんでした。まあ名物が多いのとどれもお値段が少し張る(1000円オーバー)ので・・・

その中から選んだのが三新軒の「焼漬鮭ほぐし弁当」(1130円)です。

焼漬鮭ほぐし弁当

焼漬鮭ほぐし弁当1130円


焼いた鮭を特製のタレに漬け込んで食べると言う越後名物を駅弁にしたものです。

ご飯の上に錦糸卵が敷かれておりその上に、焼漬鮭がたくさん載っています。付け合せにオクラとなめこの和え物、赤かぶの酢漬け、鉄火豆、舞茸の煮物が入っています。

焼漬鮭は焼いた後にタレに漬け込んでいるので味が濃いのですが、それでいて鮭の味が損なわれて無いのが素晴らしかったです。
意外とボリュームもあって満足できる駅弁でこれなら1000円オーバーでも納得出来る駅弁でした。

三新軒の駅弁は、新潟駅と新津駅で購入出来ます。

羽田空港年間39000回の発着枠増へ

国土交通省は2020年のサマーダイヤに向けて羽田空港の発着枠を年間39000回を追加して年間99000回とする方針を策定し、関係自治体との交渉を進めています。

以前から国土交通省が進めてきた羽田空港の離発着ルートに都心を通過する北方からの進入コースの開設について懸案だった米軍横田基地の管制空域問題も解決の見込みが立ったことから、今後は増加する発着枠の割当調整を進めることになります。

で、年間39000回の発着枠と言うことは単純計算で1日あたり約100便、50往復相当になります。
今回の増分はオリンピック輸送という事から主に国際線に割り振られる模様です。
既にこの枠を狙ってのロビー活動も始まっているようなので、今後どういう割り振りになるか注目したいところです。

またしても傾斜配分があるか?

メトロ6000系とハロウィン騒動

ワイドショーでメトロ6000系のさよなら運転での醜態騒ぎが取り上げられていました。馬鹿なくず鉄が騒いでいる姿を、ワイドショーがいつものように騒ぎ立てて居るわけで、日本も平和だよなぁ~と双方に呆れてました。

先月、ハロウィンで騒いだ若者達が話題になっていましたが、今回の6000系騒動も今の若者達の不満のはけ口の一つになっているのでは?と思ってみました。

海外で若者が集まりそれが暴徒化するのはよくあります。特に欧米では若者の立場どうしても社会的弱くしわ寄せを被る事が多いのでしょう。
自然と矛盾のはけ口が政治に向けられる事がよく有って、しばしば暴徒化して治安当局側と小競り合いをしたりします。

日本はどうかと言うと、自分が欲する興味が簡単に入手出来き、不自由さを感じさせない世の中になっています。
そこに集団で集まると、同じ様な同士がたくさんいるので騒ぎたくなるのでしょう。しかし潜在的意識の中に世の中の不満がその際に吐き出されて制御が効かなくなるのでしょう。

一般人にしてみれば迷惑極まりないわけなのですが、こういうタガの外れた連中にしてみれば騒いで何が悪いとなる訳です。
暴徒化しないだけマシなのかな?と思ってみたりしました。や
っぱり日本は平和なんだな。だから世界から取り残されているのかもと・・・

新潟県【新津】新津温泉

新津温泉オススメ度:★★★★★
泉質:ナトリウム-塩化物-炭酸水素塩温泉
《源泉温度》44.7℃ 《湧出量》20L/min 《PH値》7.6 《成分合計》13880mg/kg
《加温》有 《加水》無 《循環》無 《消毒》有
料金:(大人)400円
入湯日:2011.5.21/2014.9.7/2018.11.11
HP:なし
住所:新潟市秋葉区新津本町4-17-13

新津駅から歩いて10分ほどのショッピングセンター裏手にある新津温泉は一見、看板がなければ資材倉庫と勘違いしそうな佇まいです。 敷地に入ったとたん石油の香り漂っています。
入口脇の受付で料金を支払い玄関から入ります。浴場は入口からL字の奥に入ったところが脱衣場です。
脱衣場は脱衣棚だけでロッカーはありませんので貴重品は持ち込まない方が良いでしょう(貴重品は受付で預かってくれます)

脱衣所からすでに石油臭が漂いますが、扉を開けて浴場に入るとガツンと油臭に襲われます。

浴槽はあまり広く無く大人が5人も入れば満員になるような広さです。
パイプの源泉投入口から無色透明な温泉が勢いよく浴槽に注がれてオーバーフローしており、石油臭は半端では無く浴槽に浸かっているとまるで石油の風呂に入っている気分になります。
お湯は少しぬるめで源泉を加温して温度を上げているそうです。
意外にもすべすべ感があって風呂上がりには肌がスベスベになります。

洗体用のカランは3つ程しか無く、備品類は無いので持参が必要です。浴場自体が狭いので譲り合いながら利用したいものです。

いい温泉なので、じっくり浸かりたいところなのですが、石油臭は半端じゃなくて、長く居たらラリってしまいそうです。(笑)

高張性温泉だけあって、この日はずーっとあらだに油臭が体に染み付き、温泉の濃さが実感できました。
この温泉やみつきになりそうです

備品類はなし
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:信越本線新津駅から徒歩10分
車:磐越自動車道新津ICから5分


もどる

ライオンエアー、ドンムアン~成田線開設へ

12月7日からインドネシアのLCCライオンエアーグループであるタイ・ライオンエアーがバンコク・ドンムアン~成田線を開設します。機材はA330-300でデイリー運航となりすでにホームページで予約受付を開始しています。
就航プロモーション運賃では片道5620円+諸税で販売しており、税込み片道1万円ほどで入手できます。

運航スケジュールは
 SL300 DMK1:00 NRT9:10 Daily A330
 SL301 NRT11:00 DMK16:15 Daily A330
となっており、日本マーケットでも利用しやすいダイヤ設定になっています。

成田線開設に引き続き、来年の1月には中部、3月に関空線の開設を予定しています。

ライオンエアーと言えば先日、インドネシアでB737MAXの墜落事故が発生したばかり。タイは別会社となりますがLCCだと同じグループと言うとやはり気になります・・・
すでに台湾に就航しているタイ・ライオンエア