Articles from 12月 2018



ストップオーバー・スイス

スイスアルプスを巡る旅は如何ですか?

スイスアルプスを巡る旅は如何ですか?

SWISS(スイス・インターナショナル・エアラインズ)とスイス政府観光局が共同で、チューリッヒを経由するSwissフライトを利用する旅行者向けに、2~5日間のスイス観光をホテル(朝食付)や公共交通機関のフリーチケット「Swiss Travel Pass」を含んだパッケージを格安料金で提供する提供しています。

チューリッヒでのストップオーバーは往路・復路どちらでも利用可能で、ストップオーバーサーチャージが免除されます。
用意されているパッケージは
 ・チューリッヒ
 ・ルツェルン
 ・ツェルマット
 ・モントルー
 ・インターラーケン
 ・ベルニナ・エクスプレス
 ・グレッシャー・エクスプレス
 ・ベスト・オブ・スイス4日間(ルツェルン・インターラーケン滞在)
で安いチューリッヒパッケージで一人あたり275CHF~となっており、ホテルは三ツ星ホテルもしくは四ツ星で価格設定が異なっています。

Swiss Travel Passを単体で購入するだけで225CHFですから、宿泊してスイスを巡るにはお得かも知れませんが、単純にチューリッヒやツェルマットで1泊して少し周辺を見る位なら微妙かも知れませんね。

KTXが脱線

釜山へ向かうKTX-1

釜山へ向かうKTX-1

台湾で樹林発台東行き特急列車「普悠瑪」が新馬駅構内で脱線し死傷者が発生したばかりですが、今度は韓国の高速列車「KTX」が江陵駅発車後に4両が脱線、特に先頭車両と2両目が大きく線路か逸脱しました。

駅発車後でまだ速度が出てないこともあり、死者が出てないことは不幸中の幸いでした。

それにしてもKTXは不運というのか生まれ持った運命なんでしょうか?事故が多いです。もしかすると世界中の高速鉄道の中で事故の発生件数では世界一では無いでしょうか?

今回の事故は気温低下によりレールに遊間が生じたことによると言う可能性が高いとの報道です。気温の寒暖の差でレールが伸縮するのは誰もが知ることで、それが原因となるとかなりずさんな保線ということになります。
以前からKTXの信頼性については疑問視されてはいましたが・・・

それにしても江陵までKTXが運行されるようになったのは、オリンピックのお陰です。昔は8両編成のムグンファがソウルから6時間掛けて走っていたのですが、KTX用の京江線開業で大幅短縮になりましたが、最高時速は250km/hなんですよね。

2010年に江陵までムグンファ号で江陵まで行きましたが、地方の都市と言った感じでビジネス需要も大きくないような感じでしたが、オリンピック以降は利用率状況はどうなんでしょうね。
オリンピック・シンドロームになってなければ良いのですが、多分かなりそうなっていそうな予感がします。

航空券=搭乗券

搭乗券

まあ傍から見れば航空券とも見えなくないけど・・・

最近、ドラマやアニメなどで航空券の描写するシーンで、登場人物の手に持っているのが搭乗券だったする事が見られようになりました。

今、航空券は、発券後EチケットとなってPNRに保存され、我々が見る機会と言えばEチケット控えのPDFファイルだったりで、紙の航空券を見る機会はほとんど無くなっています。

昔ならカーボン式のIATA航空券やJALやANAなどの航空券カバーを使っていたのでしょうが、今はそういうのを見る機会は無いですからそれに変わるものと言うと搭乗券なんでしょうかね。

懐かしシリーズ”ハイブリッドのL1011”

CX/CPA/キャセイパシフィック L1011 VR-HOK

CX/CPA/キャセイパシフィック L1011 VR-HOK

香港返還前はキャセイパシフィックは中国本土へのフライトは子会社のドラゴン航空が受け持っていて、北京など需要が多い路線にはキャセイからウェットリースしたL1011トライスターで運航する時期がありました。

撮影したのは香港返還直前の頃です。
多分、リースバックされたものの引退が近いのでキャセイのフルカラーに戻さずタイトルだけ戻したと言ったところでしょうかね。

京浜島から同時離陸を収める

2018.11.24撮影 CA/CAA/AirChina A330-300 B-5906

2018.11.24撮影 CA/CAA/AirChina A330-300 B-5906

先日、京浜島のつばさ公園でRWY34Rからの離陸機を狙っていた際に、運良くRWY05から離陸していくANA機とRWY34Rから離陸したAir China機のツーショット撮影をすることが出来ました。

良く浮島公園でRWY34Lへの着陸機を狙っているとバックにRWY05から離陸した機体が映り込むことがありますが、離陸機を同時に収めることが出来るとは思ってもいませんでした。

この日はこの写真以外にもチャンスがありましたが、なにせRWY34Rから離陸するのは北方への出発便なので便数が限られる上に、短距離で小型機が多いので上がりが早いので腹ばい写真になってしまいます。

よっぽどタイミングが合わないと上手くコラボ出来ない訳です。
また狙ってみようかな~

大馬鹿者ですね。

京都の叡山電鉄で先月こんな事が起きたそうです。

===
叡山電車【公式】‏ @eizandensha · 11月27日
【列車を撮影される方へのお願い】
本日未明、貨車を運行した際に乗用車のライトをハイビームにして、接近してくる貨車を照らして撮影をしようとした方がいたとのことです。
そのような行為は列車の運転の妨害になり、大変危険な行為ですので絶対におやめください。

叡山電鉄公式Twitterアカウント@eizandensha より
===

レール輸送の工事用臨時列車

いわゆる工事用臨時列車、工臨を運転した時に撮影する為にわざわざ車を並べてハイビームを列車に照射して運転を妨害したと言う馬鹿者が居たと言うことです。

工事用列車なので深夜帯の運転になることが多いのですが、そこまでして撮影するとは呆れてしまいます。
夜間に交通量の少ない道を運転していて、時折ハイビームの対向車が来るとかなり眩しい体験をしますが、それを列車に向けてするとは何事でしょうか?

最近は夜間に工臨が運転された際に、工事現場に赴いて工事の様子を撮影するのが流行っているようです。(と言うかそういう写真が最近多くアップされています)運転報などで現場のキロ程が明示されるのでそういう情報を入手して行くのでしょうが、あまり増えると色々と問題が起きそうな予感がします。

「カメラマンと馬鹿は高いところ登りたがる」という言葉は撮り鉄そのものな気がしてます。

お猫さまの予防注射

お気に入りの洗濯カゴで

お気に入りの洗濯カゴで

今日は、お猫さまの予防注射に行ってきました。毎年の事ですがうちのお猫さまはもう13歳で老猫になります。
ただ毎年注射すると一日は元気が無く、ダルそうな感じになるのですが昨年は嘔吐や下痢までするまでになり、高齢だからかな?と心配になります。

なので予防注射した方が良いのか?しなくても良いのか?色々とネットで調べると意見があり、どっちが良いのか判りませんでした。

もちろん獣医さんからはやった方が良いと言う回答が多かったので、今年も行きつけの動物病院に連れていくことにしました。

予防注射は午前中なるべく早くに行くのが良いので、10時前に行って先生に去年の様子を伝えると注射でアレルギー反応が出ているのかも知れないとの事で、3種ワクチンに加えアレルギー用の注射もしましょうと言うことになりました。

2本注射されて痛そうでしたが、帰宅後は昨年のような反応は出なかったので一安心です。ちなみに診察料も予防注射の値段で2本注射してくれるので良心的な病院です。

それにしても大型種のなので体重が6.2kgあるので近くといえ病院の往復が重かった。