ついにA380も製造終了へ

エアバス社は、A380の生産打ち切りを発表しました。
生産打ち切りの話は以前から出ていた話ですが、エミレーツ航空(EK)がA380の発注数を162機から123機に39機、削減したことにより、その後の受注もないことから2021年に引き渡す機体が最後になることになります。

総2階建ての飛行機として広いキャビンが売りだったA380ですが、機体価格が高いことに乗り入れが出来る空港が制限されることから受注が進まず、最後の頼みの綱だったEKからも数を減らされてこの先も展望も無いのは残念です。

そんなA380ですが、今年からANAが3機導入してホノルル線に投入します。
3機しか導入しないのでどれだけ活躍出来るか?長い間飛んでくれることを祈りたいですが、そのうちピーチに移籍・・・ってことはないですよね。

EKのA380名物、バーカウンター

EKのA380名物、バーカウンター