ANA、パーソナルモニター付き座席を本格導入

NH/ANA/全日空 A321Neo JA135A

既にシートモニターを装備しているA321Neo

ANAは国内線のシートを今秋から更新を行い、プレミアムクラスに15インチタッチスクリーン式モニターをエコノミークラスには11.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを装備することを発表しました。

国内線は今までモニタークリーン式の映写装置を装備していましたが、より多くのコンテンツ(映像コンテツの他、電子書籍など約190コンテンツを提供)を高画質で視聴出来るようになります。

既にエアバスA321neo型機には装備されており好評とのことで今回、国内線仕様機材に3年間かけて装備するる予定です。
座席も一新され、座り心地や使いやすさも向上されるとの事で、全座席にUSB充電ポートやPC電源が装着されます。

個人的には、最近ではスマホやタブレットを持ち歩く人が多いのでモニターより後は早く全機にWiFiを装備して呉れれば使いやすくなるんですけどね。
実際、機内WiFiを提供して、シートモニターは搭載しないと言うキャリアも出てますからね。