Articles from 6月 2019



住み着いたタヌキの家族

昨年の今頃、葛飾の高砂周辺でタヌキが生息していることを書きましたが、今年になって子供が生まれたようで夕方になると姿を見せています。

中川土手のタヌキ家族

中川土手のタヌキ家族

タヌキが住み着いているのは河川敷なのですが、フェンスで容易に人が立ち入れない場所なのでタヌキ達も安心して暮らしているのでしょうかね。

とは言えあまり増えすぎるのもどうなのかな?と思いますが、時折近くまで近寄ってくることもあり、犬猫と違った愛嬌がありますからね。

たまに近寄ってきたりします

たまに近寄ってきたりします

地域猫では無いですが、地域タヌキとして癒やしになれば良いのですが・・・

習熟飛行訓練が始まるJALのA350

先日、JALのA350-900が羽田にデリバリーされましたが、明日からの習熟飛行訓練スケジュールが公表されました。

以前、ANAのB787が日本到着後の習熟飛行訓練のスケジュールを公表しました。
スケジュールを調整して羽田に撮影に向かったのですが、訓練が順調だったのか予定より早く目的地空港を離陸してしまい、羽田に到着した時には既に整備地区にステイしていたことがありましたね。

でもこうやって公表してくれるだけでも、凄いですよね。鉄道じゃあり得ない・・・と言うか発表したら大変な事になりますから(笑)

今公表されているのは、
6/29
 JL4139 羽田4:55⇒北九州6:25
 JL4130 北九州7:55⇒新千歳10:20
 JL4135 新千歳11:30⇒成田13:00
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30

7/1.3.4.5
 JL4139 羽田5:55⇒北九州7:25
 JL4130 北九州8:25⇒新千歳10:50
 JL4135 新千歳11:50⇒成田13:20
 JL4136 成田15:00⇒新千歳16:50
 JL4137 新千歳18:10⇒北九州20:30
 JL4138 北九州21:40⇒羽田23:30
です。

撮影したところですが、この時期は天気が良くないのが残念です。まあA350はこれから撮影できる機会もあるでしょうから天気が良い時期に狙いたいですね。

話題に上がる新金線

新金線 水戸街道

一番のネックは国道6号線の踏切です。ただでさえ渋滞しやすい場所ですからね。

最近、ネットニュースに新金線の旅客化記事が目につくようになりました。来月に松戸から新金線経由の成田行団体臨時列車が走るなど話題も多いからかな?

以前にも記事にしましたが、新小岩と金町を結ぶ総武線の貨物線を旅客線に転用しようと言う話は、以前から地元の葛飾などから上がっており、昨年度葛飾区が調査費用を計上してこの調査結果が春に発表されてます。

自分も見ましたが、実現には課題も多い訳ですが、概算事業費や単年度収支を見ると荒くて甘い試算な気がしますね。
予測輸送人員が1日当り3万6千人、運転本数が168本(往復)とありますが、単純計算で1本あたりの平均乗客217人となります。
ラッシュ時とデータイム、早朝深夜では乗車率が異なりますから一概には言えませんがLRTで平均200人以上の乗車となると車両的、ダイヤ的に捌けるのか?と思ってしまいます。

怖いのは概算事業費がライトレール車両案で約250億円、電車案が約200億円という数字が一人歩きすると後で痛い目に逢うのではと言う危惧があります。

資料にありますが「概算事業費は、類似事例等をもとに現時点における目安として試算したものであり、今後の検
討により変動する。既存の鉄道敷地や施設の使用に係る費用は、現時点では想定できないため計上していない
」と言う一文です。早い話、超概算で最低価格で、お打ち合わせや条件によっては~上乗せという事です。

「鉄道事業法の列車と軌道法の車両の併存」は類似事例が無いので目安が無いに等しく、算出が難しいのです。そもそも運行事業者が手を上げてない中での概算事業費はかなり危険な感じがします。
保安設備関係だけでも軽く数十億円は掛かる筈ですから、あの一文を見るとこの倍の数字は見ておく必要があるのでは?と(まあ倍と言う数字に根拠が無いですがおおさか東線の建設事業費が1100億らしいので・・・)

新金線が旅客化されると便利になるの旅客化は賛成です。ただ甘い事業計画で失敗する自治体主導の第三セクターみたいにならないことが大前提です。

懐かしシリーズ”ハンガリー建国1000年記念”

MA/MAH/マレブ・ハンガリー航空 B737-300 HA-LEF

MA/MAH/マレブ・ハンガリー航空 B737-300 HA-LEF

2000年の9月、ブダペスト空港で撮影したマレブ・ハンガリー航空のB737-300ですが、機首にハンガリー建国1000年を記念をしたスペシャルマーキングが施されている機体です。

ハンガリー王国が建国されたのがキリの良い?西暦1000年とのことでその後勢力を伸ばして中欧の一大国家となった時期もありましたが、その後のオスマン帝国との戦いなどにより最終的には1919年に共和国制となり第一次世界大戦、ナチスドイツどの同盟、そしてソビエトの侵攻、社会主義国家とその終焉という歴史を経、今のハンガリーがあります。

マレブ・ハンガリー航空はハンガリーのナショナルフラッグとして1956年に誕生し早くから西側機材の導入などを進め、日本にもチャーター機で飛来したこともありましたが、2012年に経営破産して消滅してしまいました。

マレブ・ハンガリー航空には何回がスイス航空のコードシェア便で搭乗したことがあります。サービスも良かったのですが・・・

【アナゴ】(6/22)羽田・かみや

GWに浦安からキスアナゴリレー船で出漁したものの、夕方に雷雨になりアナゴ釣りになる前に早上がりになってしまい、そのリベンジを考えていたのですが、ようやくその機会が訪れました。

浦安の船宿の方が便利ですが、万一の補填もある方が良い(最近は在庫僅少で補填できるとは限らないようです)という事で、羽田の「かみや」さんに乗船することにします。

途中でお弁当を仕入れて17時に船宿に到着すると乗船札は5番とやはり日曜なので空いているようです。
支度をして船着き場に向かいます。
前日の土曜日は2船出しで、0も多数出た様なので今日はどうなるか・・・

2本の仕掛けを用意をし、弁当で腹ごしらえも済んだ18時ちょい前に10名の乗客を載せて出船。方舷で5人なのでゆったり出来ますしなんせ割当も多い?筈なので土曜よりに日曜ですよね。
羽田空港を眺めながら木更津沖へ向かいます。

30分程で木更津の製鉄所沖に到着します。まだ日没前ですが雲が厚いので暗くなりつつある中、青イソメを縫い刺しにして投入です。

2本竿で小突くには同じ調子の竿が良いのですが、今日は1本は柔らかいがアタリが取りやすい竿と、先調子でビッシと合わせられる少し固めの竿での挑戦です。

やはり今季のアナゴも難しく、なかなかアタリが出ません。昨日は小ザメが多く上がったとの事でサメは勘弁と思いながら小突き続け15分位したところでようやくアタリが到来。「それ!」とアワセますがスっぽ抜け。
あちゃーやってしもうた・・・

周りが暗くなった19時頃に移動したポイントで小突いていると再びアタリがあり、ビッシとアワセるといい引きが継続して、ようやく1本目ゲットです。

その後、潮具合なのか風なのかポイントがずれるらしく小移動の間隔が短くなりますが、船中ではポツポツとアナゴは上がっている様子なので居ることは居るようです。

GWには大量に居たアカクラゲもかなり減っているのは助かりました。まあその分、子サメが多く立て続けに小ザメを釣り上げてます。
小ザメのアタリや引きがアナゴに似ているので区別がつかないのも痛いですなぁ。

20時を過ぎてもバケツの中には1本のアナゴだけで、今日はこれでおしまい?かと焦り、アタリが有ってもスっぽ抜けがあり、悪いパターンです。

20時半頃からアナゴの裁きが始まり、出船前に桟橋の生簀にアナゴの姿が無かったので昨日使い果たしたら補填もナシかも・・・
21時ちょい前に次の裁きは自分かなと思っていると柔らかい竿にアタリ到来。ええい!と大きくアワセてサメじゃありませんようにと抜き上げると、アナゴでした。

2本入った樽が回収されて暫くすると、アナゴが帰って来ました。2本のアナゴが4本になっていました。
流石に規定数は用意出来なかった様ですが倍になったのは嬉しいかな。

残り時間も僅かになり、そろそろ終了かなと言う頃に再びアタリ。アワセが早かったようでスっぽ抜けで終了です。
直ぐに、沖上がりの時間を迎え30分程で船着き場に戻ります。

毎年、貧果が続くアナゴですが来シーズンに期待しつつ、今月開通した国道357号の西行き東京湾トンネルを通って23時に帰宅しました。

さて貴重なアナゴは煮穴子と白焼きかな。

この日の釣果

アナゴが食べられるだけでも幸せ?


収支結果
 (収入の部)
   アナゴ 4本(2本補填)
 (支出の部)
   乗船代 7500円
船宿:羽田 かみや

=========
船宿HPから転載
「夜アナゴ乗合 今夜は立ち回り悪く・・・」  
夜アナゴ 1~8本(船中36本)
水 深:17m前後
大きさ:28~42cm
船向き:北東
潮向き:上げ潮緩い
今夜は10名のお客様がいらっしゃり出航。近況攻め続けてるポイントからスタ-トし相変わらず小サメは釣れちゃう状況も何とかポツン状態で、いつも通りの開始30分で10本ちょっと・・・
しかしこの後のポイントチョイスをしくじった感じで入れたいポイントよりもちょっとズレてしまったり、昨日・一昨日攻めたようなポイントに近づいてしまったり
そんな下手な立ち回りをしちゃうと『だからあまり釣れないのでは…』と思う気持ちが逸り気味
それとも散々攻めてる周辺なのでそろそろ打ち止め近いのか上げ潮も今夜は釣りづらいほど効かなかったし・・・
何とか全員自力で釣る事は出来ましたけどちょっぴり後悔の念が残ったしゃちょう

=========

SWISS ZRH/ATH線にB777-300ER投入

Swiss B777-300ER

アテネ線に投入されるB777-300ER

Swiss(スイス国際航空)は夏のバカンスシーズンに合わせて、チューリッヒ/アテネ線にB777-300ERを投入します

運航期間は7月13日から8月18日までの約一ヶ月間LX1830/1831便が通常A321で運航しているところB777-300ERでの運航となり、CYのクラス制で運航されます。B777-300ERは3クラスなのでファーストもビジネスクラスとして運用される様なので乗り得なフライトですね。

アテネ線は人気路線でバカンスシーズンは満員になることが多く、以前にこの区間をスタンバイチケットで搭乗しようとチューリッヒ空港の搭乗ゲートで待機してたら、最後の最後まで空席が出ずの機長の采配でジャンプシートでアテネまで搭乗したことがあります。
B777-300ERの投入で提供座席数が多くなるので混雑緩和になるでしょう。

B777-300ER投入スケジュール(7/13-8/18)
LX1830 ZRH/ATH 0850 1230 77W 毎日
LX1831 ATH/ZRH 1400 1545 77W 月金土
LX1831 ATH/ZRH 1400 1550 77W 日
LX1831 ATH/ZRH 1410 1555 77W 火水木

福岡・中洲【ラーメン】ラーメン海鳴 中洲店

福岡中州でも有名なラーメン店で23時前ですが行列が出来てました。
ご当地インスタントラーメンとしても販売されていて魚介系とんこつラーメンがウリとあって、そちらを注文しました。

ラーメン海鳴 中洲店

魚介豚骨ラーメン ネギトッピング


店内は豚骨臭がするので豚骨がキツイかなと思ってトッピングのネギを追加しました。
さすが博多ラーメン、すぐに到着です。

早速、大盛のネギをかき分けて魚介豚骨はどんな感じかなとまずはスープから行くと、最初に感じられるのは魚介の風味であとから追いかけるようにトンコツがやってきました。

なるほど関東などの魚介豚骨とは少し違う感じがします。魚介でトンコツの脂っぽさとか臭いが軽減されていますが、流石に九州だけあってトンコツの主張はしっかりしないとダメと言った感じでぐいぐいとやってきます。

美味しいのは確かですが、魚介とトンコツがガチンコ勝負している感じでこれは人によって良くも悪くも感じてしまうかも知れません。

多分、関東とかで魚介豚骨を常に味わっているから知れません。
次回は普通にとんこつラーメンを注文してみようと思いました。

<MAP>

TEL:092-281-8278
住所:福岡市博多区中洲3-6-23
営業時間:18:00~6:00
定休日:日曜日
HP:https://ramen-unari.com/nakasu/
(訪問日)2019/6/6

今年も発表 Skytrax World’s Best 100 Airlines

QR/QTR/カタール航空 QR843 B777-300ER A7-BAC

Top of World’s Best Alinesに輝いたカタール航空

パリのエアシーに合わせて発表されるSkytraxのWorld’s Best 100 Airlinesですが、毎年上位に入るキャリアは順位の入れ替わりがあるものの面子はだいたい決まってきます。
トップテンは、

 1位Qatar Airways (2018年2位)
 2位Singapore Airlines (2018年1位)
 3位ANA (2018年3位)
 4位Cathay Pacific Airways (2018年6位)
 5位Emirate (2018年4位)
 6位EVA Air (2018年5位)
 7位Hainan Airlines (2018年8位)
 8位Qantas Airways (2018年11位)
 9位Lufthansa (2018年7位)
 10位Thai Airways (2018年10位)

で、あまり代わり映えがしない内容です。

今年順位を上げたHainan Airlines(海南航空)ですが色々と資金繰りで身売り話も出てたりおきな臭い噂ですが、サービスは良好な水準と言うことでしょうね。

で去年も不思議に思ったのが、14位にChina Southern Airlines(中国南方航空)がランクインしているんですよね。中国のメジャーキャリアはあまり良いイメージが無く、同じ中国のMU(中国東方航空)が75位とCA(中国国際航空)が99位になっていてまあ順当だよねという事になるのですが14位ですからね。

Fly Teamの評判見ても良い評価もあれば悪い評価もあり、どうなんでしょうね。
でも有償旅客として搭乗するのはなかなか踏み切れないかな(笑)

第三セクターで頑張る甘木鉄道

甘木鉄道 基山駅先日福岡に行った際、基山から甘木鉄道に乗車してきました。

九州には国鉄から切り離された第三セクター路線と新幹線開通により並行在来線から切り離された第三セクターがありますが、甘木鉄道は旧国鉄時代に地方交通線として廃止対象となったものの、地元市町村の働きかけで新たな再出発をしたローカル線です。

と言うと過疎化により輸送人員は下がり、廃線の危機に・・・と思いきや、福岡に近く沿線住民も多いことから利用者は微々たるものの増加傾向、災害復興によりマイナスに陥っていた経常利益も29年度はプラスに転じると言う第三セクターの中でも優等生の部類なのです。

基山から乗車しましたが、発車時は固定されたボックス式の転換クロスシートにパラパラと座っている状況でしたが、西鉄との乗換駅である小郡からまとまった数の乗車があり1両の軽快車としてはそこそこ賑わっている感じの車内になりました。

乗換え駅の小郡駅は甘木鉄道になってから駅を500m移動させて、西鉄線の小郡駅に近くしています。福岡の繁華街には西鉄の方が便利ですから、定期外旅客を誘導するにはなかなかの英断だと思います。

下車する一方かと思いましたが、多くはありませんが途中から乗車する人もあり、沿線の利用者動向が両方向あるのは好ましい形態です。
甘木鉄道 甘木駅
終点の甘木駅前はちょっと寂れた感がありますが、これはどこの地方都市でも感じられることですから仕方ないですね。

沿線にビール工場もあるのも経営に寄与していると思われますが、「甘木鉄道を育てる会」による甘鉄サポータークラブ制度があって、沿線住民による甘木鉄道を利用を促進しようとする活動も行われています。

1口1000円で会員になると、オリジナルデザインの乗車券2枚かグッズが貰えたり、沿線の飲食店で割引が受けられたりと言う特典があります。

どれだけの会員が居るかは判りませんが、こうやって自分たちの鉄路を守ろうという機運が高いことも甘木鉄道が残っている理由かも知れません。

それに比べて、北海道はどうなんでしょう。
道や沿線市町村、住民それぞれのベクトルが違う方向に進んでいるとしか思えないのです。いやベクトルが無く、他人事みたいな事ばかり聞こえて来るのです。

先日、北広島に日ハムの専用球場が作ると言うニュースがありました。札幌ドーム球場をホームグラウンドとしていた日ハムがなぜと思いましたが、経緯を知って「あーなるほどねー、JR北海道と同じだね」と思ってしまいました。

役所の危機意識の無さは北海道ならなんでしょうかね?

こうやって頑張る地域を良く見て欲しいものです。

【RJTT/HND/羽田】2019/6/16レポート(2)

この場所は週末でないとゆっくり撮影出来ない場所です。
平日は東京湾に荷役した貨物コンテナを牽引するトラックが沢山来ますので落ち着いて撮影出来ないですからね。

NH/ANA/全日空 NH674 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH674 A321 JA114A

NeoじゃないA321です。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G76 A320 JA06MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G76 A320 JA06MC

先日、7Gに福岡から搭乗しましたが、シックな機内デザインが良いですよね。

JL/JAL/日本航空 JL624 B737-800 JA330J

JL/JAL/日本航空 JL624 B737-800 JA330J

「こどもチャレンジ」とのタイアップ機材です。後追いの方が光線状態が良いです。

JL/JAL/日本航空 JL625 ERJ190 JA252J

JL/JAL/日本航空 JL625 ERJ190 JA252J

続いてJ-Airの「ミニオンジェット 2」がやって来ました。

NH/ANA/全日空 NH651 A321Neo JA118A

NH/ANA/全日空 NH651 A321Neo JA118A

今度はNeoなA321です。

BC/SKY/スカイマーク BC104 B737-800 JA73NM

BC/SKY/スカイマーク BC104 B737-800 JA73NM

このスカイマークは踏み込みが甘いかな。インカーブで来ると見上げ構図になってしまうので、大きくカーブしてくれと良い絵が撮れるのですが・・・

NH/ANA/全日空 NH224 B777-200ER JA715A

NH/ANA/全日空 NH224 B777-200ER JA715A

トリプルはまずまじの曲がりで通過しました。

JL/JAL/日本航空 JL180 B767-300 JA8980

JL/JAL/日本航空 JL180 B767-300 JA8980

ワンワールドカラーのB6です。この機もベテラン選手です。

NH/ANA/全日空 NH674 B737-800 JA59AN

NH/ANA/全日空 NH674 B737-800 JA59AN

うーん、内回り過ぎ。

JL/JAL/日本航空 JL306 B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 JL306 B767-300ER JA602J

そろそろ時間切れと言うことで、ミッキー90のJALを撮って撤収しました。

午前中からLDAアプローチの時にまた来てみようかな。光線的には11時ころからが良さそうです。


その1へ> <飛行機の館へ

【RJTT/HND/羽田】2019/6/16レポート

午前中、東京テレコムセンターまで行く用事があったのでそのついでに、中央防波堤で軽くスポッティングしてきました。
昨日からの悪天候一転、朝からいい天気で南風が強く吹いていたので、LDAアプローチです。なので中央防波堤の外側からインカーブを狙ってみました。

NH/ANA/全日空 NH620 B767-300 JA8674

NH/ANA/全日空 NH620 B767-300 JA8674

メインギアの下に別の飛行機が写っていますが、塗装的にピーチっぽいですがこの時間、フライトありましたっけ?

NH/ANA/全日空 NH294 B737-800 JA53AN

NH/ANA/全日空 NH294 B737-800 JA53AN

737だと400mm(35mm換算で640mm)でもちょっとトリミングしないと駄目ですが、いい感じで撮れてます。

NH/ANA/全日空 NH662 B777-200ER JA709A

NH/ANA/全日空 NH662 B777-200ER JA709A

このトリプルはいい感じで踏み込んで来ました。これくらいのカーブで来てくれると撮影しやすいです。

NH/ANA/全日空 NH1892 B737-800 JA78AN

NH/ANA/全日空 NH1892 B737-800 JA78AN

このB737もいい感じでカーブしてきました。

NH/ANA/全日空 NH642 B767-300 JA8669

NH/ANA/全日空 NH642 B767-300 JA8669

時間的なのかANA機が続いてアプローチしてきます。

JL/JAL/日本航空 JL454 B767-300 JA8987

JL/JAL/日本航空 JL454 B767-300 JA8987

JALのB767-300もそろそろ退役でしょうかね。

NH/ANA/全日空 NH18 B777-200ER JA741A

NH/ANA/全日空 NH18 B777-200ER JA741A

TOKYO2020特別塗装機がやって来ました。この日は中央防波堤の運河が会場が完成したようで関係者を輸送する「貸切」都営バスが結構走ってしましたね。

6J/SNJ/ソラシドエア 6J88 B737-800 JA804X

6J/SNJ/ソラシドエア 6J88 B737-800 JA804X

真横カットだとB737でも250mm(35mm換算400mm)で撮影出来ます。

NH/ANA/全日空 NH460 B777-200ER JA717A

NH/ANA/全日空 NH460 B777-200ER JA717A

羽田でこういうシーンを撮影出来る場所は貴重です。

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA347J

JL/JAL/日本航空 JL372 B737-800 JA347J

JAPAN AIRLINEのロゴに太陽光線があたって光ってねずみ色になってしまいました。この時期はトップ光線になってしまいますからね。

もう少し遅い時間の方が光線状態は良さそうです。


その2へ> <飛行機の館へ

懐かしシリーズ”カンタス航空 B747SP”

カンタス航空B747-SP

QF/QFA/カンタス航空 B747SP VH-EAB

オーストラリアは地理的に洋上飛行が長くなるので航続距離が長い機材を多く必要とするカンタス航空もB747SPを保有していました。

シドニーから太平洋を横断するフライトなどに活躍したB747SPですが、B747-400にバトンタッチして2000年のオリンピック輸送が終わった後に退役していきました。

B747SPの後を継いだB747-400も2020年度末には退役することになっています。
B747-400でも後続距離を伸ばしたERはまだ継続使用するようですが、6機しか無い貴重な機材ですから長いこと活躍して欲しいものです。

久留米【ラーメン】大栄ラーメン

久留米 大栄ラーメン

ラーメン(チャーシュートッピング)・ホルモンセット 1350円

西鉄久留米駅から歩いて5分程にところにある、豚骨発祥の地ともいわれている久留米で有名なラーメン店の一つです。

それとラーメンとこちら自慢?のホルモン焼きや豚足にライスがセットになったセットメニューがあり、お腹も減っていたことからチャーシュー麵のホルモン焼きセットをお願いしました。

18時前とあって店内は空いてましたが、ホルモン焼きに時間が掛かりそろそろ乗る電車の時間が迫って来たころに到着です。

久留米ラーメンは色々なタイプがある中で、こちらは久留米らしい脂が少なくさっぱりしていてコクがある豚骨スープのラーメンです。

チャーシューも薄切りですがトロトロになっています。豚骨スープの場合チャーシューが厚かったりすると豚骨とチャーシューの喧嘩になってしまいすからね。

麺は普通でお願いしましたが、九州にしては柔らかめだった感じがしました。
ホルモンは少し焼き目が強くついたカリカリ系になっていてポン酢醬油とネギが掛かっており、これはツマミに最高です。

うーんご飯が進みます。

時間があれば替玉をお願いしたいところでしたが、乗車予定の西鉄特急の時間が迫っていたので断念して駅に向かいました。

<MAP>

TEL:0942-39-3977
住所:久留米市東町30-25
営業時間:11:30~15:00/17:30~21:30
定休日:水曜日
HP:なし
(訪問日)2019.6.8

訪日エクスプレス

通勤通学客で混雑する夕方、京成線の快速特急成田空港行に乗車しましたが、都営線内の遅れで大混雑なのですが、そこに大きなスーツケースを持って乗車しようとした訪日客。

空港に行く時間もあるのでしょう、スーツケースと一緒に強引に乗車します。
まあ白い目線で見られてしまう訳で・・・可愛そうですが

特に夕方だと夜に成田空港を立つ便だと丁度空港に向かう時間でもある訳で、こういう光景が日常茶飯事に繰り返されます。
来年はオリンピックです、さらに訪日客が増えるとも言われています。
京成線も訪日客をスカイライナーに誘導できれば良いのですが、京成本線経由の特急と比べると料金は倍以上ですから、旅行客が安い方を選ぶのは仕方ないですし、ラッシュ時間帯に乗るなとも言えません。

なので少しは訪日客と通勤通学客と分けられないかなと思うのですよね。
混雑時間帯に都心から成田空港に向かう一般車両を使った特急を走らせ都心(押上とか青砥)を出たら途中駅には停車せず、成田空港に向かう列車、題して「訪日エクスプレス」。
でも速達性は殺して、快速特急と同じ所要時間で走らせるか運転停車で調整するとかして一般列車と同じダイヤで組めないかなと

まあ、無理は承知で書いてますが、大きなトラブルになる前に策を練っておかないと駄目だと思うのですよね。

福岡県【甘木】卑弥呼ロマンの湯

卑弥呼ロマンの湯
オススメ度:★★★★★
泉質:アルカリ性単純泉 低張性高温泉
《源泉温度》48℃ 《湧出量》?L/min 《PH値》9.5 《成分合計》315.8mg/kg
《加温》無 《加水》無 《循環》無 《消毒》無
料金:(大人)420円
入湯日:2019.6.8
HP:
住所:朝倉市甘木198番地1

甘木駅から歩いて7~8分程にある朝倉市市民センタに併設されているセンター系共同浴場です。
券売機で入浴券を購入にして受付に渡す方式ですが、公営だけあって飾りっけがまったくありません(笑) 大広間もありゆっくり休憩することも出来る様で持ち込みもOKらしいです。

受付で下足箱と交換でロッカーに鍵を受け取り浴場に向かいます。脱衣場は少し狭めですが、混雑しなければ問題は無いでしょう。

浴場は内湯だけのシンプルな造りで熱めの浴槽と普通?の浴槽に分かれています。若干の硫化水素臭がある無色透明の温泉ですが、アルカリ度が高くいわゆる「にゅるにゅる」温泉です。

それと温泉投入口周辺の湯舟が白濁しているように見えたのですが、入ってみるとこれは炭酸の気泡でした。と言う事はかなり鮮度が良いと言うことになります。
にゅるにゅるの温泉につかりながら炭酸泉気分を満喫できるなかなか優れた温泉です。

内湯しかありませんが、浴場は木造で天井が高く湿気を逃がす湯屋構造になっているので気分良く入る事が出来きました。
ホント、九州の温泉は侮れません。

シャンプー・リンス・ボディソープは洗い場に常備
ドライヤーは脱衣所に常設(無料)
<MAP>

鉄道:甘木鉄道・西鉄甘木駅から徒歩8分
車:大分自動車道甘木ICから車で5分


もどる