On Groundへのカウントダウンか?

このところ、毎日のように日韓における諸問題(ついには日韓米まで波及しましたが)のニュースが流れているなか、韓国キャリアの直近の四半期決算がボロボロで全てのキャリアが営業利益がマイナスになりました。

大韓航空(KE)が9月から韓国と日本の地方空港を結ぶ路線の減便・運休を発表していますが、元ナショナルフラッグのKEが日本路線を減すと言うのはかなり厳しいと言うことでしょう。

先に減便を発表しているアシアナ航空は、その自身が既に身売り中での赤字ですから、将来を考えるとKEより厳しいのでは無いかと想像しています。

このまま韓国経済の不振が続けば、運航停止になるキャリアが出る可能性もあります。
国営でもない民間の航空会社が赤字続きだと、どこかの国で信用取引を断れ現金支払いを求めるような自体になれば、直ぐにThe Endになります。
そういう事例は沢山ありますから、次の四半期決算で今回より赤字幅が増える事になれば、カウントダウンが進むのは間違いないでしょうね。

なので、KEはセール中です。 

KE/KAL/大韓航空 B777-300ER HL8274

KEは欧州往復83000円のセール中