Articles from 10月 2019



くまモン効果?ラオス航空が熊本空港へ

QV/LAO/ラオス国営航空 QV441 A320 RDPL-34188

熊本に乗り入れるラオス国営航空のA320

ラオス航空(QV)が申請していた来年3月18日から、ヴィエンチャンとルアンパバーンから熊本への週2便ずつ運航する計画について乗入れが航空局から認可が下りました。

使用機材はA320型機で運航となりますが、なぜ熊本?と言うことになりますよね。

当初は、福岡空港への就航を予定していたようですが、福岡空港は混雑空港なことから希望する時間での発着枠が確保できなかったことと、QVが保有するA320の航続距離から熊本になったとの事。

熊本から関西や羽田への乗継ぎも可能になりますから、悪くは無い選択だとは思いますが後は利用客がどう判断するかですね。

ヴィエンチャン/熊本(水・土)
ルアンパバーン/熊本(月・金)

混乱の続く香港

KA/HDA/キャセイ・ドラゴン航空 A330-300 B-HYB

羽田線を運休するキャセイ・ドラゴン航空

民主化要求デモが続く香港ですが、未だ終結が見通せない混乱が続いています。

デモの要求が中国移送法案の撤廃だったのが、今では反共産体制になりつつあります。まあいつかはこういう動きが香港で起こるとは予想はしてましたがこうも膠着状態が続くと香港市民の疲労もさる事ながら。香港経済への影響を心配せずには居られません。

二国制度の香港ならではの地位が、中国返還後の香港経済の力になっていただけに、今後なにかしらの混乱に乗じて共産色が支配することになれば香港経済の優位性は消えて、深センと同じ括りになってしまうのではと危惧してます。

今、香港は観光客を始めとした外国からの訪問客が減少してます。
シンガポール航空は10月中旬から週49便運航していたシンガポール~香港線を46便に減便と機材縮小をしています。
一番影響の大きいのは香港ベースのキャセイパシフィック航空でしょう。既に米国線や欧州線で減便を行っており、傘下の香港ドラゴン航空は11月5日より香港~羽田線を運休します。

現地からの情報だと平日の昼間は比較的穏やかで企業活動も行わており観光出来なくは無いとの事ですが、週末になるとデモも激しくなり外出は控えたほうが安心との声もあることから、観光で香港を応援しようと言いけれない状況のようです。

早くまた深夜まで明るい香港になって欲しいものです。

バス転換のバスが危機に

稚内発天北線経由の急行

稚内発天北線経由の急行「天北」

平成元年5月1日に廃止された旧JR天北線(南稚内~音威子府間)の代替バスが会計検査院の2017年調査で沿線自治体が行った回数券の買い支えによる輸送人員相当は運輸実績として認められないと指摘し、国の補助から外れてしまいました。

転換時に国から支給された転換交付金も残りも僅かになり残り数年分で底をつくことになり存続に向けて
既にバスの減便などでコストカットを行っていますが、それにも限度があり今後はダウンサイズなど新たな輸送形態を模索していますが、沿線自治体の負担増が必要です。

これは天北線に限らず、鉄道からバス転換した路線全てに言えますが、これから少子高齢化が日本を襲います。
鉄道の利用が減ったからバスに転換します。
これは選択肢として間違えではありません。鉄道の維持コストより道路の維持コストの方が安く済みます。
しかし、道路を使う自動車やバスを運転出来る人がどれくら残ってますか?という事までに気が回らない自治体が多い気がします。

以前、いすみ鉄道が自費で運転士養成費用と払う条件で運転士を募集しました。条件にもよるでしょが、まだ「鉄道」ならそういう人の集め方が出来ます。
これは特殊な例かも知れませんが、国は日本国土の移動に関して再整備するくらいの大鉈を振るって欲しいものです。

今日から成田空港の門限1時間延長

成田空港の夜景

成田空港の夜景

ウィンタースケジュールが今日から始まるのに合わせて成田空港の滑走路運用時間が1時間延長され23時までだった発着が0時になります。

これまで遅延により門限までに到着できなかったり、出発出来ない場合は着陸地変更や欠航となる事がありましたが、これで夜に成田空港を発着する便に余裕ができることになります。
特に機材運用がタイトなLCCにとってはこの1時間延長は嬉しいことでしょう。

ただ、以前からも伝えている通り羽田シフトが進んでおり、さらにデルタ航空の成田の乗入れ廃止など成田空港を取り巻く環境はかなり変化しており、開港からつまづきひっくり返た成田空港を未来に向けてどう活用していくか?の舵取りが重要になるでしょう。

なお、運用時間延長に合わせて京成線もダイヤ改正を行いました。
今回のダイヤ改正でスカイライナーの増発が行われ最大40分間隔だったのが20分間隔(夜間は30分間隔)となる一方、庶民?の味方だった20分毎の京成線経由特急が減便され、停車駅の多い快速になりました。(快速は佐倉で成田始発の快速特急に接続)

成田始発の快速特急は空港からの利用者で京成線特急が混雑しており、色々と問題にもなっていますから、京成としては空港利用者はスカイライナーやLCAB(ローコストエアポートバス)の東京シャトルを使って欲しいと言っているのでしょう。

懐かしシリーズ”TEA Switzerland”

TEA Switzerland B737-300 HB-IIB

TEA Switzerland B737-300 HB-IIB


1988年にスイスのチャーターエアラインとして設立されたTEA Switzerlandはスイスからに欧州のリゾート地へのスケジュールチャーター便を多く運航していましたが、1999年にLCCのEasy groupに買収され、EasyJet Switzerlandとして再出発し、ジュネーブとバーゼルをハブ空港として欧州各地へ就航しています。

写真のB737はホワイトボディにタイトルだけ記されています。この機体は一時ベトナム航空にリースされていた時期があるのでリールバック後で、フルカラーになる前の状況だったのではないかと思います。

その後EasyJet Switzerlandに引き継がれましたが2004年に売却され、その後貨物機に改造されてメキシコのEstafeta Carga Aereaでまだ活躍しているようです。

ヴァージン・オーストラリアが羽田へ

以前はバージンブルーの社名でしたね。

以前はバージンブルーの社名でしたね。

オーストラリアの国際航空サービス委員会(日本で言う航空局に相当)は、来年のサマースケジュールから羽田空港へ乗り入れるキャリアとして、ヴァージン・オーストラリア(VA)とカンタス航空(QF)にそれぞれ日1便を割り振ることを決定しました。

これによりアンセットオーストラリア航空の破産により豪州キャリアはQF(配下のジェットスター含む)だけの乗入れでしたが、ようやく2社乗入れとなります。

VAは来年の3/29からデイリー運航でブリスベン/羽田線を開設する意向でA330-200を使用します。あわせてANAとのコードシェアを開始する予定になっています。

ブリスベンはオーストリア東部に位置して温暖でゴールドコーストにも近く、以前はJALがB747-400で直行便を飛ばしていたこともあります。

VAの就航で比較的高値安定な豪州線の運賃が下がることを期待したいところです。

宿泊はANAよりJALのほうが安い

宿泊予約をする際に、マイルを貯めるためにJALやANAのホームページから宿泊予約サイトに遷移してマイルを貯めることを良くしますが、同じホテルでもANAから遷移するよりもJALから遷移して予約した方が安いと言う事がありました。

JAL(JMB)のホームページから遷移した場合は

JALから遷移した場合

JALから遷移した場合の価格

ですが、

ANA(AMC)から遷移した場合で同じ日程、同じホテルですが、

ANAのホームページから遷移した場合

ANAのホームページから遷移した場合

なのです。

実は事前支払いで払い戻し不可のプランは同額なのですが、支払いが宿泊の前日まで猶予されるプランだと僅かではありますが、JALから遷移した方が安いのです。
多分、JALサイトから遷移して予約する人が多いので割引率を高めているのしょう。

マイレージで提携している宿泊予約サイトには大きく2通りあって、システムをホテルに提供してホテルが価格を設定するサイトと予約サイトが自ら契約するホテルから仕入れて販売するサイトがあります。
今回は後者タイプの「Agoda」サイトでの事ですが、仕入れた部屋は確実に売りたい訳です。
サイト全体での収益コントロールすれば良いので柔軟な価格設定が自由に出来るのも大きいですね。

ちなみに楽天トラベルで同一ホテルを同日程で検索すると同じ部屋タイプで最安は8,819円+税です。

宿泊予約する際にちょっと調べるとこういう面白い発見があって面白いです。

【RJTT/HND/羽田】2019/10/20レポート(2)

やはり特別機のラッシュは21日だったみたいですね。でも天気がイマイチだったみたいですけど撮影したかったです。

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA331J

JL/JAL/日本航空 JL480 B737-800 JA331J

JALの国内線主力機というか幹線からローカル線まで幅広く活躍しています。

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA833A

NH/ANA/全日空 NH90 B787-9 JA833A

まだB787-9に乗っていないので乗りたのですが、なかなか機会がありません。

AC/ACA/エアカナダ AC1 B777-300ER C-FIUV

AC/ACA/エアカナダ AC1 B777-300ER C-FIUV

エアカナダも34Lにアサインされました。北方到着機が34Lにアプローチすると順番の関係で結構南下してからアプローチの列に入る感じになりますから、フライト時間もその分伸びるのですが、国際線だとブロクタイムが余裕があるから気にならないのかな。

NH/ANA/全日空 NH532 A321 JA114A

NH/ANA/全日空 NH532 A321 JA114A

A32Neoです。

BC/SKY/スカイマーク BC12 B737-800 JA73NR

BC/SKY/スカイマーク BC12 B737-800 JA73NR

タイガースジェットですが、背景にRWY05から離陸したタカガールジェットは入り込みました。

JL/JAL/日本航空 JL316 A350-900 JA02XJ

JL/JAL/日本航空 JL316 A350-900 JA02XJ

9月に就航したJALのA350-900を初めて撮影しました。これからA350もデリバリーが進むから見る機会も増えてきますね。

T5/TUA/トルクメニスタン航空 T53225 B777-200ER EZ-A778

T5/TUA/トルクメニスタン航空 T53225 B777-200ER EZ-A778

この日、唯一撮影できたVIP機です。トルクメニスタンはバンコクでB757を撮影したことがありますが、B777は初めて撮影しました。

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMB

SQ/SIA/シンガポール航空 SQ632 A350-900 9V-SMB

トルクメニスタンの続行でSQのA350が到着しました。

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA773J

JL/JAL/日本航空 JL908 B777-200 JA773J

オリンピックですが、マラソンは札幌で行うようで酷暑の東京でやらなくて済みそうです。選手にとっても高温多湿の東京より札幌の方が気候的には良いと思います。

NH/ANA/全日空 NH1102 B737-700 JA06AN

NH/ANA/全日空 NH1102 B737-700 JA06AN

この時期になると16時を過ぎると一気に露出が厳しくなってきます。この後にVIP機からアプローチしてくる様子もないのでB737-700を撮影してから撤収することにしました。

特別機が1機だったのは残念ですが、久しぶりの晴カットが撮れたのでまあ良かったかな

hr>

その1へ> <飛行機の館へ

SWISS、関空就航記念運賃

スイス インターナショナル エアラインズ(LX)は来年3月の関空就航を記念したプロモーション運賃をファイルされています。

運航機材が成田線から撤退するA340-300となるのがちょっと残念ですがスイス航空の破綻に伴い、関空とスイスを結ぶ直行便が無かった関西にとっては、19年ぶりの路線再開となります。

就航記念運賃はエコノミー・ビジネスクラスともに設定されています。
※運賃は予告なしに変更される場合があります。ご利用の際は最新情報を航空会社または旅行会社に確認ください。

<<エコノミークラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)60,000円 (L)51,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス K
週末加算 5,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
旅行期間 5日以上21日以内
発売/発券期限 21日前/予約後24時間以内
燃料サーチャージ 別途要

<<ビジネスクラス>>
出発期間 ハイシーズン(H)2020/3/2~3/31
     ローシーズン(L)2020/4/1~4/24
発券期間 ~11/30
運賃 (H)310,000円 (L)290,000
出発地 関西(LX158/159便のみ利用可)
目的地 フランクフルト・ミュンヘン・ウィーン・チューリッヒ
予約クラス P
週末加算 50,000円 日本:土日出発、欧州:金土出発
年始加算 なし
旅行期間 5日以上1ヶ月以内
発売/発券期限 21日前/予約後72時間以内
燃料サーチャージ 別途要

再就航にあわせて関空線に乗りたいけど時期的に忙しいからなぁ~

LX/SWR/スイス国際航空 LX160 A340-300 HB-JMH

関空に就航するスイス国際航空のA340-300

【RJTT/HND/羽田】2019/10/20レポート(1)

日曜日の昼過ぎ、浮島町公園入り口で唖然となった後、バスに乗るために浮島バスターミナルに向かうとなんとか撮影出来そうな感じなのでちょっと撮影してみました。

丁度、CXのB777-300ERがやって来ました。

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KQV

CX/CPA/キャセイパシフィック航空 CX548 B777-300ER B-KQV

CXは長距離線用のB777-300ERを間合いで羽田線に投入しています。

UA/UAL/ユナイテッド航空 UA875 B787-9 N29971

UA/UAL/ユナイテッド航空 UA875 B787-9 N29971

北方到着のUAは34Lにアプローチしてきました。国際線はターミナルに近い34Lをアサインされる事も多いですね。

NH/ANA/全日空 NH982 B737-800 JA54AN

NH/ANA/全日空 NH982 B737-800 JA54AN

この場所だとB737クラスだと400mm(35mm換算で640mm)でもちょっと遠いので少しトリミングしてます。

BC/SKY/スカイマーク BC108 B737-800 JA73AB

BC/SKY/スカイマーク BC108 B737-800 JA73AB

今年の夏前にデリバリーされた新造機です。

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA602J

JL/JAL/日本航空 JL628 B767-300ER JA602J

ミッキー90周年塗装の767です。

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA25MC

7G/SFJ/スターフライヤー 7G46 A320 JA25MC

国際線兼用の25MCが到着です。

AA/AAL/アメリカン航空 AA27 B777-300ER N728AN

AA/AAL/アメリカン航空 AA27 B777-300ER N728AN

AAも34Lにやってきました。それにしても特別機来ないなぁ~

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A897

VN/HVN/ベトナム航空 VN384 A350-900 VN-A897

ベトナムのA350はスカイチームカラーでやって来たのですが、ちょっと陰ってしまいました。

DL/DAL/デルタ航空 DL7 A350-900 N506DN

DL/DAL/デルタ航空 DL7 A350-900 N506DN

ベトナムの続行でデルタのA350が到着しました。
来年からは、外航機では羽田の顔になるデルタですからね。

NH/ANA/全日空 NH576 A321Neo JA139A

NH/ANA/全日空 NH576 A321Neo JA139A

シャークレットがかっこいいANAのA321Neoも増えて来ました。


その2へ> <飛行機の館へ

浮島町公園で撮影の予定が・・・

今日は午後から天気が回復するとの事だったので午前中は山手貨物のう回貨物を撮影してから、多分やってくるであろう即位の礼参列国の特別機を撮影しようと川崎の浮島町公園に向かいました。

今日の予報は北東の風なので34Lだよねという事で京急の産業道路から臨港バスで浮島町公園入口で降りて公園を目指すとバス停側の入口が閉鎖されてます。
あれおかしいなと正面口に回るとこちらも閉鎖されていて張り紙があります。

浮島町公園は11/15まで閉鎖です

浮島町公園は11/15まで閉鎖です


ええ、台風15号で護岸が壊れただと~張り紙によれば工期は11/15までとなってますので取り敢えず冬場の撮影は出来そうですが、これは予想外でした。
金沢八景の護岸を台風で壊れたのは知ってましたが、川崎でも被害があったとは・・・

仕方なく浮島バスターミナルで撮影しましたが、今日の午後にやって来た特別機はトルクメニスタンのB777-200ERだけでした。

T5/TUA/トルクメニスタン航空 B777-200LR EZ-A778

T5/TUA/トルクメニスタン航空 B777-200LR EZ-A778


うーん、2,3機位は来るかなと期待していましたが残念ながら、撮影出来たのはこのT5だけでした。
やはり明日飛来する特別機が多いのでしょう。ちょっと残念でした。

エアーマカオ、成田行は2時間半にチェックイン

エアーマカオ(NX)は10/21~24まで、マカオ発成田行のNX便利用者はチェックイン後に2回セキュリティチェックを行うことから、出発の150分前までにチェックインを行うようにホームページで告知してます。

===NXホームページから転載===
All passengers from Macau to Japan are required to accept the second security check at Macau airport boarding gate during the period 21-24OCT2019. Please check-in at 150 mins before flight departure time. For inquiry: +853-83965555 or airs@airmacau.com.mo. Thank you for your understanding and cooperation.
===

理由が書かれてませんが対象が成田便と限定されていることからこの措置は、即位の礼に関する警備強化の一環では無いか?と推測されます。
なにか不穏な兆候があったからの措置なのか?

それにしても2回セキュリティチェックを行うというのは、通常のセキュリティチェックをして搭乗直前にもう一度行うのでしょうかね。
欧米では搭乗前にパスポートチェックで搭乗者とボーディングパスの名前確認することはよく有りますけどセキュリティチェック(多分X線検査でしょう)とはなかなかエルアル並の厳しさです。

NX/AMU/マカオ航空 NX862 A320 B-MCB

期間中150分前チェックインを推奨するマカオ航空

札幌移転は素晴らしい決定でしょう

2018年7月下旬の札幌大通り公園は19℃でした。

2018年7月下旬の札幌大通り公園は19℃でした。

IOCは来年のオリンピックでマラソンと競歩の開催を札幌に移す方針を表明しました。
まあ、ドーハの競技があれだけ過酷な状況でしたから、同じ条件になる可能性が高い東京で行うのは危険極まりないと思うのは当然でしょう。

札幌も近年夏の時期に30℃を超えることがありますが、それでも湿度は東京より低い傾向にありますから競技する側にとっては体調維持には良いとは思います。
ただ、開催まで1年を切っていますから受け入れ体制が整うか?と言う心配がありますが、うまく調整をして札幌で開催されることを期待します。

東京都はこれまで暑さ対策をしてきたと言いますが、どれも焼け石に水と酷評されていることもIOCが場所を移すことに傾いても当然ですし、競技が東京以外で分散される分、都心の混雑も少しは緩和されますから。

まあ真夏の東京でオリンピックをすること自体がナンセンスなんですけどね。

アリタリア、フィンエアー羽田へ

AZ/AZA/アリタリア航空 B777-200ER EI-ISO

羽田に乗入れるアリタリア航空の B777-200ER

以前、記事にしましたが、羽田空港の新規乗入れ枠決定により各国の航空会社から乗入れ申請が始まり、アリタリア航空(AZ)が2020/3/29からローマ/成田線を廃止してローマ/羽田を開設することになりました。

AZはミラノ/成田線を運航していますが、こちらは引き続き運航する計画で成田に踏みとどまる形になります。
スケジュールは今後発表されます。

またフィンエアー(AY)はサマースケジュールからヘルシンキ/羽田を就航予定しておりスケジュールは
AY61 HEL0:50 HND16:15 A350-900 Daily
AY62 HND1:35 HEL5:30 A350-900 Daily
となっており、羽田は深夜出発となります。
AYは成田線も継続され
AY71 HEL16:45 NRT8:50+1 A350-900 Daily
AY72 HND9:50 HEL13:50 A350-900 Daily
とほぼ現行とおりの時刻で運航され、ヘルシンキへは朝と晩の2便体制となります。

懐かしシリーズ”EVA AIRのB747-400”

BR/EVA/エバー航空 B747-400 B-16463

BR/EVA/エバー航空 B747-400 B-16463

今では当たり前になっている、プレミアムエコノミーですが、その先駆者がエバー航空のB747-400でしたね。

エバー航空はB747-400に合わせてそれまで一般的だったキャビンを3クラス制から4クラス制として就航させて話題となりました。
まだ当時はFCYの3クラスが当たり前で、まだ上級クラスでソロシートが普及する以前のことで、この頃になってようやくB747のビジネスクラスで2-3-2配列が当たり前になった時代です。

香港で撮影した頃はB747-400もようやくデリバリーが進み、あちこちで見られる機体でしたが、今ではなかなか出会う機会が減っています。

時代の流れはホント早いですね・・・