ドリームなごや・新宿1号

2016_01_08_0004木曜日、東京駅八重洲口から乗車した夜行高速バスは「ドリームなごや・新宿1号」でした。
名古屋までのドリーム号は何便かありますが、この便は東京駅を出発した後、新宿に立ち寄り中央道経由で名古屋へ向かうバスで、中央西線の春日井駅に停車する唯一の便です。

バスはJRバス関東の2階建て列独立シートですが、閑散期の平日とあって特割プラスネット割で3820円と格安でした。
おまけに2日前に予約した時には、2階席の最前列1Cが空いていたので速攻で予約しちゃいました。

当日は発車の30分前に八重洲口に到着して、少し時間をつぶして「ドリームなごや・新宿1号」が出発する2番バス停で待っていると、発車10分前にバスが到着しました。
スマホの画面を見せて改札を受けて、2階建てバスに乗り込みましたが東京駅から乗車したのは自分を含め4名ほどでした。
折角の2階席ですが、すでにカーテンが閉められていて全面展望は望めないのが残念です。東京駅から新宿駅までは一般道を走行、ちょっとだけカーテンを開けて外の様子を見ながら走り23:35に新宿のバスターミナルに到着。
ここから4名ほどが乗車してきましたが、30席あるバスに8人とは赤字でしょうね。

新宿を出発すると途中休憩などの案内があった後、室内灯が消灯となってほぼ真っ暗になります。
後ろの人に声をかけてリクライニングを倒して寝る体制に。

夜行バス仕様なので145度までリクライニングするので寝やすいです。ムーンライトながらの185系に比べものになりません。
首都高は高架橋のジョイント部を通過するショックが気になりましたが、いつの間に落ちて時折バスが停車する感覚で記憶が戻りますが、すぐに深い眠りに落ちてを何回か繰り返しているうちに、春日井駅到着を知らせるアナウンスです。

スマホの目覚ましを6時に設定してましたが、まだ5時45分。春日井駅到着は6:17ですが早着の様です。

春日井駅には5:50過ぎに到着したので25分程早く到着したことになります。ここで下車するのは自分だけでした。
トランクルームに預けた荷物を運転手から受け取ると、バスは名古屋目指して出発していきました。

その日は中央西線で一日撮影して、塩尻からスーパーあずさで帰ってきましたが眠くならなかったのでバスで結構寝れたようです。
夜行高速バスで寝れないと辛いなぁと思ってましたが、これならまた使ってみようと気になります。

コメントを残す