【LTアジ・サバ】(7/29)金沢八景・三喜丸

毎年恒例の八景小柴港の三喜丸でのBBQ仕立て、会社のメンバーで釣行でこのイベントを初めてかれこれ10年以上続く恒例行事です。

梅雨明けした東京は朝からいい天気でした。朝7時に港に全員が集合して準備が出来た7時15分に出船します。
当初はタチウオとアジのリレーにする予定でしたが、このところタチウオの状況が芳しくないとの事でまずはアジで様子を見ながら行くことになりました。

航程30分程の第二海保沖に到着。乗合船に交じってスタートとなりました。
初挑戦のメンバーに釣り方をレクチャーした後、自分も釣り始めます。水深は18m前後でタナは底から2mなので底立ちを取えい1m巻いてコマセを撒いてタナに合わせるを何回か繰り返すとクックンとアジのアタリ。

次第に潮が早くなり、40号のビシなので海流で浮き上がってタナから外れてしまいます。こまめにタナを取りますが直ぐにタナから外れてしまい、難儀な釣りに。
でもタナに合えばアジのアタリは出ます。でも食いが浅いので結構バレてしまったり、アタリだけで針掛かりしなかったりでアジは思うように数が伸びません。
上がってくるアジは25cm程度の中アジでまずまずの型なのですが・・・

潮が早くなってくるにつれアタリが遠のいていき、9時を過ぎるとアタリの途切れる時間が長くなりポイント移動する乗合船が多くなります。

完全な中だるみ状態になったので10時半に少し早いけどBBQにして午後の時間を長めにしようと船長にお願いして移動します。

第一海保の浅瀬でアンカーを入れてBBQです。
いい天気でBBQ日和りと言う事でワイワイと肉を焼いて喰って飲んでと楽しく過ごして後半戦へ。

朝と同じポイントで午後の部が始まります。
潮はかなり緩んでいるので釣りやすくなりましたがコマセを撒いてはタナ合わせしますがアタリがありません。
あれーこりゃダメなパターンなのか?

暫くはコマセを撒きながら辛抱だけど・・・と次第に悲壮感が漂い始めた時に突如奴らがやってきました。
東京湾名物、サバ祭りの開幕です。

アジのタナより少し上を狙うとガツン!とやってきます。
東京湾の栄養を蓄えたまるまる太った40cmクラスのサバがあちこちで上がります。それまでだらけていた雰囲気が変わりみんな必死に釣り始めます(笑)
なんせ末端価格にすれば1匹1000円はするサバですからね。

ちゃんとアジのタナを狙えばアジも上がるのででっぷりしたサバを5匹ほどゲットした後はアジ狙いへ。

沖上がりの14時半まで頑張って釣り、初挑戦のメンバーもお土産はゲットできたので何よりです。
自分の釣果的には今一つ感がありますが、毎年この釣りはレジャー感覚なので釣果は二の次です(ホントか?)

港には15時過ぎに戻り、清算&集金をして解散となりました。

ちなみに釣果は
 サバ5匹(42~46cm)
 アジ10匹(20~25cm)
 ガンゾウヒラメ1匹(20cm)でした。

名称未設定-1

コメントを残す