SXMから747が消える

カリブ海に浮かぶセントマーチン島にあるプリンセス・ジュリアナ空港(SXM)は空港隣接のマホビーチ上空を低空で通過して着陸する空港として有名な場所です。
自分も昨年の3月に訪れ、その魅力にハマりました。
流石においそれと行ける場所では無く、また行きたいと思っていたら、今年の夏にSXMからKLMのジャンボが消えるとのニュース。
そして今日がSXMからKLMジャンボが消える日になりました。

次回、SXMに行ってもジャンボの着陸が見られないのは残念です。

今日は昨年の3月に撮影したSXMでのKLMジャンボの写真を紹介します。この時は滞在中にKLMのジャンボを2回撮影するスケジュールを組みました。初日は日本からクール小沢氏がガイドする写真ツアーで来られた日本からのファンも待つ中やってきたKLMジャンボです。
2015_03_23_0093

2015_03_23_0115

2015_03_23_0122
なんと、KLMがやって来る直前に南国特有のスコールを降られそうな雲がやってきて曇ってしまいました。ちょっとこれは残念でしたね。
2015_03_23_0236離陸の為にターニングパッドで旋回します。

2015_03_23_0249この後、エンジンブラストの洗礼を浴びました(笑)

2015_03_23_0262短い滑走路から離陸して上昇していくジャンボ機はかっこよかったです。

そして帰国日にもう一度ジャンボを撮影するチャンスがありこちらは文句なしのいい天気でした。
2015_03_25_0223沖のヨットとともに

2015_03_25_0246ナイスな風景だと思いませんか?

2015_03_25_0252海の色とKLMのカラーがマッチしてましたね。

2015_03_25_0367この日は95周年マーキング機体でした。

2015_03_25_0385離陸時ビーチにはKLMジャンボの離陸も見ようとギャラリーが大勢つめかけ、エンジンブラストの洗礼を浴びてましたね。

ああ、もうこういうシーンが見られなくなるのはとても残念です。

コメントを残す