列車で檜風呂

JR九州の七つ星より高い価格設定

JR九州の七つ星より高い価格設定

JR東日本が新造した豪華クルーズ列車「四季島」の最上級車両には「檜風呂」があります。
列車内でお風呂に入るのはどういう感じになるんでしょうかね。

でも写真を見た限りでは狭いしなんかのんびりお湯に浸かるのは難しそうな感じですね。
個人的に自宅のお風呂はともかく、旅に出ているなら大きなお風呂でのんびりしたいですから、いくら列車内と言う特殊性を考えてもあまり魅力的では無いですね。
さすがに窓を開けることも出来ないでしょうし、閉鎖的な空間になってしまうだろうし

3泊4日のコースで190万。
うーん、乗れるだけのお金があったとしても乗りたいとは思わないですね。

コメントを残す