日台線でJLとCIがコードシェアへ

CI/CAL/チャイナエアライン CI220 A330-300 B-18353

JALとコードシェアを拡大するCI

日本航空(JL)とチャイナエアライン(CI)は、日台間で運航する両社の全路線・全便で2月下旬からコードシェアを開始すると発表しました。

JLはワンワールド、CIはスカイチームと陣営違いですがに既に羽田~台北(松山)線でコードシェアを実施しています。
今回の提携強化でJLは5路線、CIは19路線でコードシェアが行われることになります。

旺盛な台湾からのインバウンド需要を取り込もうと言うことなんでしょうね。

陣営違いのキャリア同士でこういう広範囲な提携をするのは最近では珍しいです。

昔は、台湾路線というとJLは乗り入れせずに日本アジア航空(EG)が乗り入れていました。EGを吸収してJLが乗り入れるようになったのはつい最近のように思えます。

コメントを残す