FLYING HONU

ANAは、2019年春に東京/ホノルル線に導入予定しているA380型機デザインと愛称を発表しました。

公募により決定したもので、応募期間中に世界中から合計で二千点を超える応募がありその中から、ハワイの青い海でゆったりとくつろぐウミガメの親子を描いた作品が選ばれました。

©ANAグループ


さらに機体の愛称は、ハワイ語でウミガメを「ホヌ」と呼ぶことを踏まえ、「空飛ぶウミガメ」を意味する「FLYING HONU」となりました。

ANAによれば導入する3機とも同じデザインを計画しているが、機体によっては色を変更する可能性もあるそうです。

もともとANAのA380は同社が支援したスカイマークが発注した機材を買い取る形でエアバスからの協力を得て傘下に収める事が出来た訳です。
とは言えA380のキャパシティも去ることながら、就航出来る路線は限られてしまいます。なので集客力が高いホノルル線に集中させ運用効率を上げて運航コストを圧縮させる目的もあるようです。

それにしても「FLYING HONU」、なんか昔のマリンジャンボを思い出しますね。

コメントを残す