アエロフロート、成田線にB777投入か?

SU/AFL/アエロフロート・ロシア航空 A330 VQ-BPI

アエロフロート・ロシア航空のA330

アエロフロート・ロシア航空(SU)の日本支社長は旅行業界誌のインタビューで、ロードファクターが好調な成田・モスクワ線について機材をA330からB777に大型化を希望していると述べています。
機材繰りの関係で直ぐに実現は難しそうですが、夏場のシーズン時だけの投入とかで早期実現にこぎつけたい様です。

SUは長距路線用にA330-200が5機、A330-300が17機そして15機のB777-300ERを保有しており、成田線には長いことA330で運航しています。

SUと言えば、1990年代の前半まではロシア製のイリューシン62(IL62M)で運航して、成田から離陸する時に黒煙と騒音?を吐きながら離陸してく姿が印象的でしたが、A310を導入してからはサービスにも力を入れ、安かろう悪かろうから脱却に努めて、今ではスカイチームに加盟するなど躍進はめまぐるしいものがあります。

でも個人的にはSUにはIL96やTu204などロシア製を機材を使って欲しいところですけど。

コメントを残す