LとDOの撮り比べ

キヤノンフォトサークルで借りた「EF70-300mm f/4-5.6L IS USM」と保有している「EF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USM」の撮り比べをしてみました。

デジ一を購入して望遠側のズームレンズが欲しいと思っていた頃にEF70-300mm f/4-5.6L IS USMが発売されました。
まだ発売直後だったこともありまだ品薄で値も高値推移だったことと、EF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USMの中古を7万くらいで入手出来たこともあってDOの愛用していましたが、結構評判は良くないのですが、でも個人的には気に入っているレンズなんですけどね。

でまずはDOで撮った画像をRAW現像しただけで何も手を加えてない状態から等倍で切り抜いた画像です

DOで等倍

EF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USMで撮った等倍画像

続いてLで撮った画像です。

Lで撮った画像

EF70-300mm f/4-5.6L IS USMで撮った等倍画像


一応同じ場所に一点AFあわせで、焦点距離は300mmで同じISO200、SS(500/1)と絞り(F6.3)で撮影しています。

今度は全体画像を50%に縮小してJPG変換してみました。
まずはDOです。

DOで50%

DOで50%

こちらがLです。

Lで50%

Lで50%

どうです。違いが判りましたか。
思っていた以上にDOが頑張った感じがするのは自分が贔屓目でみているからでしょうかね。
ちょっとDOを見直しましたが、クリアな画像を追求するのであればLに軍配が上がるのは仕方ないところです。

いまさらDOを新品で購入しようとする人は殆ど居ないでしょうが、中古美品なら考えても良いのでは?
コンパクトさは、300mmレンズとしてはピカイチです。(でもちょっと重量があるけど)

Lレンズは今月末までに返却しなくてなりません、次回の週末にも使っていろいろ撮ってみようと思います。

コメントを残す