Red Bull Air Race 2017 in たかはし遊船

日曜日は、行徳の「たかはし遊船」から幕張で開催された「Red Bull Air Race」を海上から観戦する乗合船に乗船してきました。

今年はDC3と零式艦上戦闘機が里帰り飛行すると言うのでこれは見たい!と思ったのですが、幕張の会場から観戦するにはチケットは良いお値段です。

そんな中、毎年潮干狩り渡船でお世話になる「たかはし遊船」が遊漁船からのレース見物をする乗合船が6000円とリーズナブルな価格設定でしたので潮干狩りに行った日に予約しておきました。それに海からの方が順光になりますから一石二鳥です。

ちなみにクルーズ船会社が企画する観戦クルーズも万超えしていましたから、いかに良心的価格であることが判ります。
ただ、午前シロギス乗合いの後の12時半に出港なので、ゼロ戦を会場で見られないなぁと思っていたら、当日船長から12時半前に江戸川上空を零戦が飛ぶからと観られるよと嬉しい知らせがありました。

シロギス船より多い乗客20名弱を乗せてゼロ戦飛んで来ないねーと12時半に出港して幕張に向かうと、江戸川河口でゼロ戦に遭遇することが出来ました。

いやー感激です。昔トラック諸島に行った際、シュノーケルで海底に眠るゼロ戦を見たことがありますが、こうやって大空を飛ぶ姿が見れるなんて・・・

幕張の会場に到着するとレースが始まっており、夢中でシャッターを切りました。
その時の写真はこちらで紹介していますのでこちらもご覧ください。
https://goo.gl/photos/d4QoGGYjqDbXLJYK8

レース中盤のメインイベントはDC-3の飛行です。会場を3回ローパスする姿には痺れました。
それもHBレジ。スイスではクラッシックエアがDC3を保有して飛ばしていた時期がありチューリッヒで見たことがありますが、日本で再びDC3を見られて嬉しいです。

後半は雲が出てきた撮影しずらかったですが、レースは室屋義秀が2年連続で優勝と言う嬉しい結果で終了となりました。

プレジャーボートやクルーズ船がひしめく合う中、遊漁船での見物も中々シュールです。
でも撮影なら揺れるプレジャーより安定する遊漁船の方が断然良いです。

70-200mmF2.8のレンズにx2のエクステを付けての撮影しましたので重いこと。されに手持ちで撮影しますから揺れる船だと手ブレしまくりになりますから遊漁船の方が有利です。

遊漁船でも釣り目的以外で乗客を載せるとなると旅客不定期航路事業としての届け出が必要になりますので、船宿でも屋形舟を持っている船宿とかなら出来るでしょうが、なかなかこういう乗合船を出してくれる船宿は少ないので、たかはし遊船さんは嬉しい存在です。

来年も企画されれば乗船したいものですね。
次回はYS11のローパスをやって来れないかなぁ~

コメントを残す