どこに向かうのか?

昨日、北朝鮮が発射したミサイル発射は日本上空を通過して太平洋上に落下しました。Jアラート(早い話、空襲警報だよね)が発動し北関東から北海道に掛けて混乱が生じました。

まあ平和ボケした日本らしい対応だったのが印象的でした。

来月、元山で開催予定だった国際親善航空フェスティバルが中止となりました。実はスイスの友人がこのエアーショーを見に行く予定で、エア高麗のEKETの控えなどを送って呉れました。エア高麗もETKTなんですよね。ちょっとビックリ。
色々とビサやら手続きをして折角、北朝鮮に行けると喜んでいたのですが、中止になって残念そうでした。

このエアーショー、なんせもう博物館でしか見られない、ロシア製旅客機(IL-18、IL-62、IL-76、Tu-134、Tu-154、An-24等)のタッチアンゴーやローパス間近で見れて撮影が出来るので欧米の航空ファンには人気のエアショーで毎年多くの外国人が北朝鮮を訪れています。
ちなみにエアーショー公式サイト(と思われる)には日本語も用意されており、今年も日本からのツアーも組まれていました。(個人には見てみたいものです)

博物館でしか見たことが無いIL18が飛んでいる北朝鮮


北朝鮮は最近まで開催すると言っていましたが、石油の供給制裁によりさすがにエアショーをやるだけの余裕が無くなったと言うことでしょうね。

最近の北朝鮮状況を見ているとなんか太平洋戦争開戦前の大日本帝国とタブって見えるのは気のせいでしょうか?
列強諸国から軍縮を求められて表面上では従ったふりをして裏では軍縮条約を反故にした戦艦の建造と南進。欧米による石油制裁を始めとした外堀を埋め日本を先鋭化させ、戦争やむなしの声に押し切られた先にまっていたのは・・・

北朝鮮、ほんとどこに向かおうとしているのでしょうね。

コメントを残す