1時間延長しても・・・

成田の夜景成田空港は空港需要の高まりをうけ深夜・早朝の飛行制限時間を現在の午後11時〜午前6時から午前1〜5時として3時間短縮する案を地元周辺自治体に提案をしましたしたが、静音時間が短く就眠阻害になることから地元は難色を示し、今年になって1時間延長し飛行制限を午前0時~6時にする案を提案しました。

それでも反対の声は多く、協議がまとまるかは今後、国が騒音防止策という名のバラ巻き政策を行うかどうか次第といったところでしょうね。

1時間延長した場合のメリットと言うのは利用者と言うより航空会社の方が大きいです。
23時の門限が有るために運航制約が大きく、例えば22時台に到着する場合、少し出発が遅れるとも門限に間に合わなくなる事があります。
出発便も離陸間のチェックで不具合が発生した場合、復旧に手間どると離陸出来なくなるので結構23時の門限が1時間伸びるだけでもかなり余裕が出来ます。

しかし、利用者としては遠い成田に23時過ぎに到着しても、JRにしろ京成の終電に間に合わないのでは帰れないと言う事態になります。
もしも、成田空港からの終電が延長されたとしても、上野や東京駅に着くのは1時近くになりそこから先が無い訳です。
まあ、出発の場合はあまり影響はありませんが・・・

確かに、成田空港の機能強化はこれからの航空需要を考えると不可欠ではあります。しかし利用者視点が欠けた政策を続けると負のレガシイ遺産になってしまうのでは無いでしょうか?

コメントを残す