JALがLCC子会社を設立へ

JQ/JST/ジェットスター JQ24 B787-8 VH-VKF

ジェットスターと同じB787で就航するJALのLCC

JALが正式にLCC子会社の設立を発表しました。
既に報道が合った通り、中長距離線を運航するLCCとして2020年夏の運航開始を目指して準備を進めます。

使用機材はB787で300席程度になる計画で、B787は新造機かJALからの移籍機のどちらかになるかは未定との事ですが、これから発注となると運航開始まで間に合うか微妙ですから、JALからの移籍になる方が現実的でしょうね。

就航先は明かされてませんが、観光需要が多い地域になると思います。
欧州だとローマやジュネーブ、ウィーン、北米だとラスベガス、コナあたりかな?と勝手に予測しています(笑)

B787を使うと言うので、JALとしてはQF主導の(豪)ジェットスターやSQ主導のスクートあたりをなぞっているのかなと思いますが、中長距離でLCCに向いている機材としてはB777では大き過ぎるの中型機で丁度よい大きさなのでしょう。

近距離線はジェットスター・ジャパン(GK)を引き続き運航していき相乗効果を狙うとの事ですが、ちょっと息切れ気味のGKをどう立て直すか?
新しいLCCがどう動くか?
2020年は色々と動きがありそうです。

2 Comments

  1. AHO says:

    TRAVAIRさん こんにちは

    中距離路線だとハワイとかバリとかプーケットとかがターゲットになりそうですし、
    日本側の航空会社が運行していないカンボジアのシェムリアップ(アンコールワットのある場所)とかもいいかもしれませんね。

    ただ、長距離路線だとどこでしょうかね。
    LCCでレジャー需要向けということなら、毎日運行でなくてもいいでしょうから、
    ちょっとマイナーでも観光需要がある都市、例えばプラハとかかな?

  2. TRAVAIR says:

    JALは2クラスでの運航を考えているようなので、ビジネスも少しは取り込みたいと思っているのかも知れませんね。

    確かに東欧もターゲットかも?

コメントを残す