ANAのA380がロールアウト

Airbus社がTwitterでANA向けに製造しているA380が製造ハンガーからロールアウトする写真が公開されました。

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files

©Airbus S.A.S. Photo by A.TCHAIKOVSKI / Master Files


スカイマークが発注してキャンセルしたA380をANAが肩代わりすることでスカイマークの経営権を握ったのが随分前の様に思えます。

まだ、エンジンも搭載されておらず、まだまだ製造途上ですが、尾翼のANAの文字がいよいよ完成に近づいたなと感じさせます。

ANAは今回受領する3機のA380を「Flying Honu」、空飛ぶウミガメとしてホノルル線に集中投入します。
ホノルルは昔からJALの牙城でしたが、後発のANAはなかなかJALの牙城を崩せずにいたらJALの自滅(破産)で手薄になった所に攻勢をかけようとしましたが、オープンスカイにより第三国キャリアの参入、そしてLCCの参入と、元々収益性の低いリゾート路線だけに、今回のA380導入でどれだけシェアを獲得出来るか?

就航の数年後には時刻表に「この便はピーチの乗員により運航されます」と表示されるようになって、さらにその数年後は、「この便はピーチの機材・乗員により運航される共同運航便です」となりそうな予感がするのは自分だけでしょうか?

まあなんにせよ日本へデリバリーされるが楽しみですね

コメントを残す