LCC vs FSC

海外から成田に続々と低コスキャリア(LCC)が乗り入れして、FSC(フルサービスキャリア)の競争が激しくなる中、JALも中長距離線でLCCで参入します。

海外へ低価格で出掛ける事が出来るようになったのは消費者としては嬉しい訳ですが、航空ファンとしてはLCCとFSCどっちで行くか悩ましいことになります。

LCCで行ってみようと調べると、やっぱり飛行機に乗ったら機内食を食べたいよね。撮影機材があるとどうしても機内持込み制限を超えてしまうので、チェックインバッゲージになるので荷物を預けて、座席も時間によっては窓側か通路側か指定して確保したいし・・・

こうやってオプションを追加していくと、運賃は安いものの税金やオプションで結構なお値段になってしまったりします。

FSCだと幾らかなーとホームページから同じような日程で検索してみると、意外にも安い運賃が表示され計算するとLCCより数千円ほど高い位だったりします。FSCも外航キャリアではマイル加算対象外ですが、LCC対抗運賃をしれっとファイルしていたりします。(宣伝しないのはLCC潰しと見られたくないから?)

こうなるとそれまでLCCで行こうと考えていたのが、FSCでいいんじゃない?と気持ちがぐらつきます。

MM/APJピーチアビエーション A320 JA804P

LCCで行くか

BR/EVA/エバー航空 A330-300 B-16335

FSCで行くか

現在、絶賛検討中です(笑)

コメントを残す