三番瀬の潮干狩り

毎年恒例の三番瀬潮干狩りですが、今年は5月に予約を入れていたのですが、天候不良で渡船中止となってしまいました。リスケを考えていたら今年の三番瀬は不漁でかなり苦戦の様子です。

今年は駄目かな~と思っていたら先週末の潮回りでは良い成績を出しており、これはいいなぁ~と思っていたら、今日の渡船にキャンセルありと言うことで、「たかはし遊船」さんへ

11時半出船なのでゆっくりと出かけられます。
今日のポイントは放水路河口の護岸脇です。ココは牡蠣殻を分けてアサリを探すポイントで、慣れないとアサリを探すのが困難な場所です。

アサリが居そうな場所を狙って掘り出すとポツポツとアサリが出てきました。
ヘドロと砂で固まった牡蠣殻を掘り起こすのは一苦労です。場所によっては砂が堆積した場所もあるのですが、そちらはアサリよりホンビノスの方が多い感じです。

牡蠣殻の方はホンビノスは混じらずアサリオンリーなので、ある程度アサリが取れたので移動しながらホンビノスも取ろうとするとどういうわけか、アサリの方が多くホンビノスはあまり取れません。
中には網いっぱいにホンビノスを取って居るの人も・・・

再び、牡蠣殻ポイントに戻ってアサリを狙うと、好ポイントを発見。
良型混じりでアサリが取れます。最初からこの場所やっていればもっと取れたのに~と徐々に潮が満ちてくる中、掘り続け14時半頃にそろそろ上がりますよ~の声で終了となりました。

目測で3kgは採れたのでは無いでしょうか?
三番瀬潮干狩り今年の三番瀬はようやく本調子になってきたかも

コメントを残す