バラエティ=やらせ

祭りがやらせだのと騒いでいますが、そもそも日本のテレビ業界で大なり小なり「やらせ」の無い番組なんて無いのでは?と思う程、「やらせ」がはびこってます。

それを自社を棚において、ライバル局の人気番組だから叩くと言う構図が滑稽を通り過ぎて哀れな業界の末路だなと感じてしまいます。

テレビ関係者に言わせると「やらせ」では無く演出だと言うのでしょうけど。
昔、一時期メディア制作の仕事に絡んだことがあり、その際にこの業界の「やらせ」体質に出会って以来、テレビに真実は無いと思うようになりました。

まあ、以前に比べれば「やらせ」は減っている方向でありますが、視聴率至上主義の世界では変わらないでしょう。

一番怖いのは、視聴者が真偽を知らずに真と信じ込んでしまうことです。

コメントを残す