NHのA380は5月就航、スクートは運休へ

©ANAグループ

ANAが導入を予定しているA380型機について来年の5月24日から成田/ホノルル線に投入することを発表しました。
3機導入するA380ですが、まずは初号機を成田発火・金・日曜日のホノルル行に投入し、7月からは弐号機を投入し週5便をB787-9からA380に変更する計画です。

まだDGSには反映されて無いので近いうちに反映されるでしょうが、初便は満席になっちゃうでしょうね。
ANAはA380の導入で座席供給量も倍増しますから、営業面でもホノルル線のサービス強化を実施して今までJALが強かったハワイマーケットに切り込みを入れる計画です。

一方で、来年6月から関空/ホノルル線を週5便で運航しているスクートが運休することになりました。

LCCのホノルル線ということで特に価格に敏感な関西マーケットでの運航だったので利用率は良いのではと思っていましたが、今回の運休は利用率が低迷していることが理由だそうです。

週5便という事がハンディだったかのでしょうか?
まあハワイマーケットはFSCが強い面がありますからね・・・

コメントを残す