Trip.com問題

中国・上海市に本拠地を置くオンライン旅行会社Ctripが運営する、旅行予約サイト「Trip.com」で既に満室となっている有名な高級旅館の客室を「在庫あり」と掲載し、通常よりも高額かつキャンセル時の返金不可条件で予約を受け付け、事実上の空売りをしていた問題で同社のサイトで見解が公開されました。

その見解を見てみましたが、まあ大陸的な見解で業者とグルになっていたと言う疑惑は解消できませんですね。
そもそもtrip.comが別の旅行業者?と契約してそこが販売(仕入れ)している宿を売ると言うのが変ですし・・・

日本の宿泊予約サイト、楽天トラベルやじゃらんなどは宿泊施設と旅行者を仲介する立場が強いですが、海外勢のエクスペディアとかBooking.comなどは旅行代理店と同じ立ち位置で旅行者へホテルを販売しているので、こういう空売りをする思想も持っていてもおかしくは無いんですよね。

飛行機がオーバーブックする売り方しているから同じ考えで、キャンセルを見越して予約をとる訳ですが、この場合、ホテル未定で売るのが普通です。

しかし、ホテル指定で払い戻し不可って言うのはやりすぎで、まあ、大陸ならやりかねないと…

©trip.com

コメントを残す