【千葉駅】とんかつ弁当

今日は千葉にお召し列車の撮影に出掛けてきました。その帰り道、千葉駅で買った駅弁なのですが、これで480円と言うのは安いです。

えーコンビニ弁当の方が安いしボリュームもあるじゃんと思われてしまうかも知れませんが、「駅弁」ですから変な保存料とかは使っていません。
駅弁は冷めてしまっても美味しく食べれるように研究されているので、コンビニ弁当と比べるとどうしても割高になってしまうのです。

この時代に駅弁で480円と言うのはかなり厳しいのでは無いでしょうか?
確かにトンカツの肉は薄かったですけど・・・

万葉軒の駅弁はかなりリーズナブルな価格設定ですから、千葉を通ったら買ってみてください。
ただ、千葉県内を走るローカル線にもロングシート車が多くなって、ゆっくり車内で食べる機会が少なくなっているのが残念ではありますが・・・

1件のコメント

  1. もこ says:

    これは懐かしい。
    20年前は300円で売っていたんですよ、これ。
    ハムカツじゃないのか?と思うほどの薄っぺらいカツながら
    300円の弁当は牛丼かのり弁しかなかったので、結構食ってました。
    ロースカツ弁当が250円で買えるデフレの今じゃ割安感はないですがw

コメントを残す