芸備線で脱線転覆。でも乗客なし

芸備線

備後落合発新見行芸備線

今日、JR西日本の芸備線東城~備後八幡駅間で新見発備後落合行の始発、快速列車が線路脇の土石が流入しているところに乗り上げて脱線、転覆する事故が発生しました。

1両編成のキハ120でしたが幸いな事に乗客はおらず運転士も怪我程度で死亡事故にならなかったの幸いです。
この列車は備後落合までの始発列車ですが、どちらかと言うと備後落合への送込み的な列車で帰りに新見方面へ向かう学生などを運ぶ列車になります。

この区間は1日3往復しか列車が走らない過疎路線で、廃止なってもおかしく無い区間で、メンテナンスは最低限しか行われません。
こういう土砂流入しそうな危険箇所は時速25km/h以下の制限が行わる箇所が多いのも特徴で、この区間は距離の割に時間を要します。

今回の事故現場を映像で見る限りさほど危険な様な場所では無いように見受けられますが、やはりメンテナンスが行き届かないとこういう事になってしまうのでしょう。

ローカル線をどうやって守るか。なかなか難しい問題です。

コメントを残す