ホノルル線が767とは・・・

JALのホームページからホノルル線の運航状況を見てちょっと驚きました。
今日飛び立った4便(定期3便、臨時1便)が全てB767で運航されているのです。

ホノルルと言えばB747やDC10の大型機が飛んでいると言うイメージが強く、B747が引退したJALなんかは、座席数の多いB777-300ERあたりが就航しているのかと(勝手に)思っていました。

双発機の時代とは言え、ホノルル線にB767とは時代が変わったなぁと
満席だとB767なんかだと狭く感じるでしょうね。

自分が初めてホノルルへ行ったのが1990年12月、今から21年前の事です。当時ホノルル線を飛ばしていたのは、日系はJALだけ、米系ノースウェスト、ユナイテッドの2社それと羽田発の中華航空だけでした。
機材ほぼB747で、臨時便や地方発のチャーター便なんかでDC10が飛ぶ位で、JALなんかはオールエコノミーの747も飛んでいました。

そうそう、ホノルル線と言えば「リゾッチャ」って言う時期がありましたね。
リゾッチャB747

リゾッチャDC-10

B747やDC10のリゾッチャが懐かしい・・・

コメントを残す