【京王百貨店】駅弁大会

今日、新宿のキヤノンにカメラのセンサー清掃行いに行き、待ち時間に京王百貨店で12日から24日まで開催している「駅弁大会」に行ってみました。
前回は2009年に行き、折尾駅の「かしわめし」(750円)、 出水駅の「黒豚赤ワインステーキ弁当」(1050円)、氷見駅の「ぶりかまめし」(950円)を買っています。(その時はこちら

今回は、出掛ける前に家族にHPからダウンロードしたリストを見せて、欲しいのを連絡するようにと伝えて出てきました。

会場に着くと、例によって大混雑してました。実演販売の良い香りに誘われながら、目的の弁当を買い求めてきました。

買ったのは、鳥栖駅の「かしわめし」(680円)、西明石駅の「ひっぱりたこ飯」(980円)、出水駅の「鹿児島黒豚炭火焼釜めし」(950円)と相成りました。

こうみると西日本の駅弁に偏ってしまいました。
出水駅は「鹿児島黒豚赤ワインステーキ弁当」を買っているのですが、今回は新作?の釜めしにしてみました。ちょうど、この日残り2個のところをGETできました。

そうそう以前、「日本海」に乗車した時に食した大館駅の「とりめし」も実演出店していたので、ちょっと迷ったのですが・・・

クリーニングの終わったカメラを受取り、自宅に戻り駅弁は今晩の夕食となりました。

今回買った3点の中で食べ比べした感じでは「かしわめし」が一番でした。
かしわめしは九州の駅弁屋では、それぞれ自分の味があってどれも美味しくて優劣がつきません。
それに値段もリーズナブルなんですよね。
最近は1000円を越す駅弁も多い中、華やかは無いけど、オーソドックスな駅弁で680円と言う値段で頑張っているしオススメです。
(鳥栖駅のかしわめしは輸送弁当なので、仕入れ分が無くなると売り切れですよ。)

コメントを残す