2014/7/15 JW908 CTS/NRT

レンタカーを返却して新千歳空港の1階北側のバニラエアチェックインカウンターに17:15に到着。
まだ、チェックインが始まっておらず、17:30から開始と書かれていました。

搭乗予定のJW908は19:00発なので1時間半前にならないとチェックインカウンターがオープンしないのは、想定外でした。

17:30ちょい前に係員がやってきて手続きが始まりました。
列の3組目だったので直ぐに手続きが出来ましたが、受託荷物はタグを貼っただけで、向かい側のANA団体手荷物カウンターで預けとなります。

そっちに行くと大陸からの団体客が大荷物を預けるのでX線検査が混雑してました。
お菓子のダンボールやら家電のダンボールを抱えている姿はまるで出稼ぎ帰りの様相です。

なんとか荷物を預け、大急ぎで4階の展望デッキに上がって、南千歳を17:48に発車した「北斗星」を撮影。これでミッションコンプリートです。
時間があればスポッティングしたかったにですが、余裕無く断念。

なんせ土産を買わないとねぇ。
ここで落ち着いてレシート状の搭乗券を見ると座席は15B。
あれま中央座席じゃない。なんでそういう座席割り当てるかなぁ。

土産を買ってセキュリティーを通り抜けて制限区域へ。
ジェットスターだと30分前には搭乗口に行くことになってますが、新千歳の場合、バニラエアは20分前となっていて、搭乗開始は15分前になっています。
混雑時は大丈夫なのかな?と心配です。

まずはゲートでシップを確認するとJA8388でこれまたANAからの移籍機です。
となるとこの便ではホットミールのサービスが無いわけです。
そう思って軽く食事しておいて良かったです。

ctsしかし20分前に優先搭乗が始まり、続いて後方座席から搭乗開始となりました。
ちゃんと座席番号を確認して対象座席以外の場合は並び直させるのはエラい!

前方座席の搭乗も始まり自分も搭乗しますが中央だと微妙です。案の定、14列では自分が最初でした。続いて窓側客が来たので最悪パターンは回避出来たんで良かったです。

意外にも定刻10分前には搭乗が完了してドアクローズ。
18:55にはプッシュバック開始となりました。

薄暗くなった誘導路を01Lに向かいます。
どいやらインターセプターディパーチャーするようで途中の誘導路から01Lに入り、19:07にTakeoff。

ちなみにこの日のフライトタイムは1時間20分とアナウンス。コパイは一昨日JW903を担務された方と同じ様でした。

シートベルトサインもオフになりましたが夜間飛行で中央座席。楽しみにしていたホットミールは無しと寂しいフライトに成りました。
フライトタイムが短い成田・新千歳線にはANAからの移籍機を充当するようにしているんでしょうかね。

フライトタイムも短いので目を瞑っているとディセンドが始まり、茨城県から一端利根川を登るようのして成田市北部で旋回して16Lへ。

20:19に16Lにタッチダウン。実フライトタイムは1時間12分でした。
Bランなので第二ターミナル北側のLCC用?スポットには早く着きます。20:24にはスポットインしてエンジンシャットダウンとなりました。

バスでターミナルへ移動。少し待つとターンテーブルが動き出し預けた荷物が出てきました。成田は羽田に比べると早いので助かります。
羽田は荷物が出てくるまで優に10分とか待ちますからねぇ

荷物を受け取り、JR線で帰宅しました。

Flight Data
 Date:2014/7/15
 Flight nbr/JW908
 A/C type/A320
 Reg nbr/JA8388
 STD/19:00
 STA/20:35
 Push back time/18:55JST
 Takeoff RWY/01L
 Touchdown RWY/16L
 Arrival time/20:19JST
 ENG Shutdown/20:24

コメントを残す