鉄道で街おこし

日立製作所の下松工場でイギリス向け車両の工場搬出作業を昼間に公開したら、多くのギャラリーが工場周辺に集まりました。

物珍しさもありますが、下松の街にあれだけの人が集まるのですから、凄いことだと思いませんか?

鉄道は人や物を運ぶだけの道具では無い訳です。人を寄せ付ける力を持っています。

人や物を運ぶのは鉄道会社の役割で人を寄せ付ける種を撒くのは、沿線の人々です。

とは言え沿線の人々には種を撒く力やアイデアが有っても力が有りません。下松では日立製作所というナショナルブランドが協力してくれた訳ですから、その協力を当たり前と思わず次に繋げるきっかけになって呉れればと思うのですが・・・

夷隅地域を盛り上げるいすみ鉄道

そんな種まきを鉄道会社自ら行ったのがいすみ鉄道です。
ムーミン列車を走らせてコアなムーミンファンを呼び込んでみたり、ポンコツの旧型気動車をJRから買い取り走らせ撮影者を殺到させてみたり、しまいにはレストラン列車ではリピーターを作るなど地道な努力で、鉄道から派生し夷隅地域がメディアに取り上げられる事も多くなりました。

大原港では月一開催の朝市も、隔週になりそれが最近では毎週になりました。20年来、大原港の船宿に通いましたが正直、大原港の朝市がこれまでの規模になるとは思って居ませんでした。
#因みに伊勢海老と並んで大原港名物となっている、たこ飯ですが実は大原ではあまりメジャーでは無かったんですよね。漁協婦人部で作られているたこ飯は釣り人某氏が教えたレシピが基になっているとか

これも、いすみ鉄道効果だと思っています。
鉄道を無くすのは簡単ですが、0から人を集めるは大変です。鉄道を上手く使って街おこしに繋げて欲しいところです。

GWのいすみ鉄道

昨日は、海外からの友人をいすみ鉄道に案内して来ました。
東京駅で久しぶりの再会を喜んだ後、車で大多喜へ向かいましたが、流石にGWと言うことでアクアランが混んでいましたね。
いすみ鉄道の無料駐車場がある国吉駅に行くと駐車場はほぼ満車状態で、駅構内のムーミンショップもかなりのお客さんが来ていました。うん良い事です。

急行券付き一日フリー乗車券を購入して列車がやって来るまでホームに出てみると、いすみ鉄道の鳥塚社長が野良仕事してました。
友人には、BAから転身して社長になったと伝えてあったので興味津々で挨拶をして来ました。

ホームのベンチで遅い昼食にしていると急行105Dが到着です。いすみ鉄道キハ52今日は駐車場にボンネットバスも来ていて、腕木信号といい昭和の雰囲気がぷんぷんしてました。

キハ28はレストラン列車になっているので、キハ52に乗り込むと程良い混雑でロングシート部分に幸い空席があったのでそちらに座って上総中野までの旅を楽しみます。

オリジナルのDMH17エンジンの心地よいサウンドはB747-200のエンジンを思い出します。
列車の揺れに加え車窓も田園から山間の様な景色になったりと友人も楽しんで、上総中野へ。

丁度、小湊鉄道のキハ200の3連も到着して小さな駅に5両のディーゼルカーが集まると言う快挙?で友人もちょっと興奮。

折り返しはキハ28に乗車してきた道を戻って、国吉駅まで戻って来た際には、友人は少し物足りなさそうだったので、自分は国吉駅で降り車を大原駅まで回送して友人はいすみ鉄道を完乗してもらいました。

ちょっとした旅行で古いキハ52とキハ28を堪能出来たと友人は大喜びで成田空港近くのホテルまで送って来ました。

いすみ鉄道沿線には新緑が芽吹いた風景を収める撮影者があちこに居ました。自分もこの時期ならではの風景を収めに撮影に行こうかな

いすみ鉄道「イタリアンランチクルーズ」に行ってきました。

前から行ってみたいと思っていたいすみ鉄道で開催している「イタリアンランチクルーズ」に今日2/16に行ってきました。

予約受付開始と直ぐに満席になるので、12月に予定が発表された時に予約をしました。たまたま一緒に行く友人の都合で今日になったのですが、その後今日の運転をもって今年度のランチクルーズは終了で、GW明けまでは多客期の為休止となりました。
さらにランチクルーズで使用されているキハ28とペアを組むキハ52は、今日の運転をもって一般色から首都圏色に塗り替えられると言うこになり注目される中のランチになりました。

大多喜駅に11時半までに集合と言うことで、その前にいすみ鉄道を乗り鉄して大多喜駅へ向かいました。
既にレストランとなるキハ28は前仕業の上総中野駅から大多喜駅に向かう間にセッティングを行っており、入線と同時に乗り込みます

イタリアンランチクルーズメニュー

イタリアンランチクルーズメニュー


こちらが本日のメニューです。前菜が2品、スープ、パスタ、メイン、デザートと大多喜~上総中野~大原間で約2時間のクルーズとなります。

いすみ鉄道社長のあいさつ

いすみ鉄道社長のあいさつ

いすみ鉄道の社長が挨拶で本日のクルーズが始まります!

スターターとしてシャンパンを頂きます。社長自らついで頂き、友人とかんぱーい。
あ、大多喜から上総中野間はテーブルに対して進行方向が逆になりますが気にしない気にしない。

前菜

前菜
手作りピクルスとオリーブ

手作りのピクルスは酸っぱ過ぎず丁度良く、サンドイッチなどに入っているピクルスとは大違いでした。
列車はゆっくりと雪がまだ残る上総中野へ向かって走ります。
シャンパンに続いて、アメリカン航空セレクションの白ワインを頂きます。

前菜

前菜
大原産地ダコと季節の温野菜

タルタルソースが掛かっていて、これが絶妙な味で、パンに付けて食べたら最高でした。

地魚(マダイ)と黒トリュフのスープ

地魚(マダイ)と黒トリュフのスープ

マダイはグリルしてあってその香ばしさがスープと絶妙にマッチしてました。マダイは全ての骨も取れていて、手間が掛かっています。
トマトもいい感じの酸味があって味を引き立てていましたね。スープは上総中野停車中に頂きます。
上総中野では14分間の停車があり、その後進行方向が前になって大原へ向かいます。

撮り鉄の多さに声が上がる車内。

撮り鉄の多さに声が上がる車内。

この日はレストラン車の相棒、キハ52が塗装塗替え前の最後の日&雪景色とあって沿線には沢山の撮り鉄が集結。
レストランのお客さんはそんな事知りませんから「すっごーい」って喜んでます。

パスタ

パスタ
河豚とイクラのクリームパスタ

河豚のパスタは初めてです。河豚もグリルされていて程よい塩味が効いていました。白身の魚ですからクリームソースが会います。サービスされる時にソースも美味しいので、是非パンに付けて食べて下さいと言われて試してみたら、美味しい!
いかん、白ワインもグビグビ行っちゃいます。ちょっと休憩で?ジンジャエールを頂きます。
列車は大多喜駅まで戻ってきました。ここで10分程停車です。

大原産伊勢海老と魚介のトマト煮

メイン
大原産伊勢海老と魚介のトマト煮

大原と言ったら伊勢海老ですよね。大原は伊勢海老の水揚げは日本一ですよ。
年末は食品偽装の問題のあおりで伊勢海老が高騰して入手も難しい時期もありましたが、ちゃんと伊勢海老がサービスされました。ちょっと小ぶりなエビに特製のトマトソースがたっぷり。
これもパンに付けて食べたいとこですが、既にパンは食べきってしまったのが残念。
パンは睦沢町のパン・ド・ナルさんのパンが提供されています。このパンもとても美味しかったので、次回大原に行った際に立ち寄ろうと思います。

デザート ガトーショコラとバニラのジェラード添え&コーヒー

デザート
ガトーショコラとバニラのジェラード添え&コーヒー

メインを食べ終わったのは上総東辺りでした。ちょっとゆっくり食べ過ぎたかな?
大原まであと10分程です
たっぷり飲んで食べて堪能いたしました。社長が本日のお土産(いすみ鉄道グッズとお菓子)を配ってくれました。

シェフと社長のツーショット

シェフと社長のツーショット


列車は13時25分大原駅到着しました。
社長と池田シェフの挨拶で締めくくりです。
ちなみに、この車両は大多喜へ戻るまで、車内で過ごすことが出来ます。なのでデザートをゆっくり食べることも出来ます。

ただ、我々は13時39発の外房線で次の目的地へ行く予定でしたのでしばし休憩したのち、いすみ鉄道をあとにしました。

イタリアンランチクルーズのお値段は11,000円です。税込みでいすみ鉄道の急行券付き1日乗車券もついて、この料理です。
安いか高いかは人それぞれですが、私はこの値段なら納得がいくと思います。

ちなみにシエフのお店は茂原にある。ペッシェ アズーロ~青い魚~です。
機会があれば、お店の方も足を伸ばしてみたいですね。

来なきゃいいのに・・・

先日、いすみ鉄道のキハ52を撮影に出掛けた際、撮影地で構えていると、「大糸で同じようなシュチュエーションで一杯撮ったし、大糸の方が景色が良かった。こっちはなんか良い場所がないからテンションあがんないよー」と仲間内で話しているのが耳にしました。

そりゃ、風光明媚な大糸線に比べたらいすみ鉄道は劣りますけどねぇ~
でも、いすみ鉄道ならではの場所もあるし、良いと思うけど。

同じ事を何回もリピートしていたので、余計に耳について、次第に聞いていたら、そんなに言うなら「来なきゃいいのに・・・」と心の中でつぶやいてしまいました。