【根魚】(3/19)大原港・うすい丸

寒いとなかなか釣りに行こうと言う気が出ずに、そのうちと思っていたらいつのまにか3月の後半になってしまいました。

これはイカンと思いつつ、いすみ鉄道も菜の花が咲く頃だし、大原に行こうかなと画策。
うすい丸で釣りするなら、いすみ鉄道も撮影しないと、いすみ鉄道を撮影するなら、うすい丸で釣りをしないと、まあ「釣り鉄」としては当たり前?な行動だったりします。

この日は午前中にいすみ鉄道を撮影してから、大原港に向かい午後の根魚五目船に乗船しました。

この日は天気も良く、ナギ予報でした。
今季初の根魚船なので、あまり釣果は期待しないでのんびり釣りをしようと言う訳です。まあ、大きめのハタか外道でヒラメが釣れれば御の字だと欲望だけは高く、12時過ぎに12名を乗せて出船です。

大原から少し南下し航程40分程のポイントでスタートフィッシング。
塩漬けイワシを胴付き3本針に付けて投入します。水深は50m前後で底から1m位切って誘いを入れながらアタリを待ちますが・・・

一流し目・・・ノーシグナル
二流し目・・・ノーシグナル

うーむ。海はナギでいい天気じゃ~ 日もまだ高いし魚も活性が低いのだろうと?と釣りますが、オモリ80号となるとオモイなぁ(笑)
最近はライトばかりだったからかな。

多分、船長も胃がキリキリしているでしょう。あちこちポイントを探りながら釣りますが、たまーにキントキが上がる位です。
自分もようやくアタリがあり、上げてみれば15cm程のカサゴでした。
根回りを攻めるので、水深の変動もあり、時折底立ちを確かめながら釣りますが、運悪く根掛かりしてオモリを失ったりします。

暫く間が空き15時過ぎになって、キントキを連釣して少しは足元の樽が賑やかになりました。
そろそろ夕まずめで活性が上がるかなと期待しましたが、その後は17時半の納竿までノーヒット。

まあこんな日もあるさと、18時過ぎに帰港となりました。

<収支報告>
 収入の部
  キントキ 2
  カサゴ 1
  鮭のカマ(残念賞)
 支出の部
  乗船代 9500円
  仕掛け 400円
となりました。

船宿 大原港 うすい丸

【ヒラメ】(10/8)大原港・うすい丸

先月、新造船が進水した大原の「うすい丸」に釣り仲間で行ってきました。

10月から大原沖のヒラメが解禁となりまずまずの釣果が出ています。朝4時15分に大原港に集合してくじ引きで釣り座を決めます。
我々が11名で他のお客さんが3名の14名ととのことなので左舷7人、右舷4人に別れることにくじを引いたら左舷のミヨシになりました。
片舷11人まで入れる新造船ですが三連休の初日にしては片舷7人とはちょっと寂しい?ですが釣り人としては釣れる確率が高くなる?訳で・・・

4時40分に出港となり航程50分ほどの大原沖へ向かいます。
太東沖か大原沖の水深30m前後を狙う場合が多いのですが、今日のポイントは水深50m前後のポイントです。
LTタックルなのでオモリは40号を使ってますが、水深50mとなるとちょっと軽いかな。。。

第一投目はだれが釣れるか?と周りを見渡しますが、なかなか竿が曲がることがなく、しばらくたって胴の間I氏にヒット。仲乗りの若船長が駆けつけますが上がってきたのはマトウダイでした。

以前はマトウダイといえばヒラメ外道の定番でしたが、最近はあまり釣れることが少なくなりました。昔は外道で捨ててましたが今では高級魚ですからね(笑)
右舷側ではヒラメが上がったようですが、こっちはさっぱりと思ったら竿先がガクガクして一気に竿が絞り込まれました。

こりゃ大型と喜んだものの、どうも生体反応が無い・・・げ根掛かりだ。 うーん恥ずかし。
その後、ポツポツですがヒラメが上がってきました。
一人二人と「ボ」脱出してくのを見てこりゃ今日は駄目か?

諦めの境地になりつつあった8時頃に竿先がガクガクと震えた後、竿先が引き込まれます。竿先を送り込んでさらに強い引きがあったので堪えて、3度めの引きで竿を立てて合わせると乗りました。

巻き上げている時に結構抵抗感があったので2kg位はあるかなと思ってましたが、若船長が差し出すタモに目検で1kg弱の「ヒラメ」でした。それもスレで背中に孫バリががっちり掛かっていたので余計に重たったかった訳です。
でもようやく1枚Getできてかなり気分が明るくなりました。

もう1枚位はほしいなぁと次の流しでは、いきなり竿が刺さりました。また根掛かり?と思ったら今度は生体反応があります。合わせが中途半端だったのでバレませんよにと祈りながら巻あげると先程のヒラメと同じような大きさです。
ただこの時期のヒラメらしく肉厚です。

こうなったらもう一枚釣りたいなぁと頑張りますが、この頃からうねりが出てきました。うねりた高いとうねりで船首が持上がるのでちょっと不利になります。

10時頃に再びアタリがありましたが、早合わせしてしまい、餌のイワシにくっくり歯型が付いて上がってきました。この頃には船中全員がヒラメをGet出来ました。

結局自分はその後はアタリなく、沖上がりの10時45分になり終了となりました。
港には12時前に帰港し港でうすい丸名物?のカレーライスをごちそうになり、宴会宿泊組と分かれて自分は「いすみ鉄道」を撮影しながら帰宅しました。
10/8ヒラメ釣果

<収支報告>
 収入の部
  ヒラメ 2
 支出の部
  乗船代 12000円
  素泊まり 2000円(弁当付き)
   仕掛け 975円(市販品)

<船宿>
 大原港 うすい丸
 ==この日の船宿BLOGから==
昨日同様に太東沖を攻めました。 潮の流れは悪かったのですが、
朝から日中にかけてポツリポツリとアタリ出ていましたね。
2キロ級も数枚まじり本日も船中ボーズ無しとなりました。
海上 : 南の風 6m~10m
水温 : 23度
逆潮 : 0,3ノット
水色 : うす濁り
☆ヒラメ : 1枚~5枚 (0,5キロ~2,5キロ)
☆外道 : イナダ1本、マトウダイ3匹、ハタ小2匹

※釣果写真⇒http://ameblo.jp/usuimaru-tatsu/entry-12207593790.html

【ヒラメ】(12/13)大原港・うすい丸

12/12は釣り仲間の大原別邸で忘年会。本当は12日の朝ヒラメ船に乗船して忘年会になだれ込む予定でしたが金曜日が大荒れだったので、日曜日に乗船することに。

前夜宴会で早めに寝たのですが朝4時過ぎに起きるとなんかだるい・・・このパターンはやばいなぁと思いながらメンバーの車で港に移動して支度をします。
前日のうちに右舷オオドモを確保しておいたので今日は釣れるぞーと勇んで乗りこみ5時20分に出船です。

沖に出ると結構、うねっています。やっぱりなぁ
航程40分程の大東沖でようやく釣行開始となりますが、その頃には気分は最悪。船酔い状態です。
幸い釣りはできるので、配られたイワシを付けて送り込みます。

今日はLTタックルで挑戦です。道糸はPE1.5号でオモリは40号です。
水深も17m前後なので浅いし、オモリも40号だと軽いので釣りやすいですね。

さて釣り始めて10分程でいきなりのアタリ。突然だったので上手く対応できずバラシとなってしまいました。
朝の一流し目は誰かしら竿が刺さるのですが、今日はそういう様子もなく時間だけが過ぎていきます。

横流ししているのですが、風と潮が反対なので流しがゆるく一流しが長いです。30分程で流し替えとなり2流し目でもアタリが出ました。今度は慎重にアタリを吟味?して大きなアタリがあったところで竿を立てる乗りました。

うーんあまり引かないなぁと思いながらノブ船長の差し出したタモに収まったのはソゲクラスでした。
まあソゲでもこれで一安心です。
なんせまだまだ顔を見て無い人が殆どですからね。

うねりが高いこともあって数人が戦線離脱。自分もムカムカ感がありますが頑張って仕掛けを出します。
一流しに1回はアタリがあるのですが、うねりも高くオオドモは船が持ち上がってしまうと折角アタリがあってくわえたイワシから違和感を感じてしまうとヒラメがイワシを放してしまうので、道糸を送り込んで食わせようとすると、乗った!
2枚目は1.5kgクラスのヒラメでした。

もう今日はこれで帰ろう(笑)
でもまだ7時半。まだまだ時間があります。気分も悪しもう帰ろうよと思いますが、乗合船はそうはいきません。
なので頑張って釣ります。

もう今日はいいやと思うと釣れるんですよね。
沖上がりの11時半までにリリースサイズを含めて結局5枚釣りあげてしまい、竿頭になってしまいました。
hirame
12時に大原港に帰港となりました。
港に戻って陸地に上がれば気持ち悪かったのは消えて、船宿が用意してくれたお昼のカレーライスが美味しく頂けました。

【船宿】うすい丸
【料金】12000円(氷・エサ付き)
【仕掛】道糸PE2号、ハリス6号 捨て糸3号・孫バリ仕掛け

【ヒラメ】4/18・大原港・うすい丸

今シーズン、ヒラメ釣りに行っておらず、ヒラメを釣るには平日に休んで行った方が釣れる確率が高いし・・・
でも大原まで行くなら、いすみ鉄道のキハを撮影したいしと考えていたら、18日にいすみ鉄道のキハが団体臨時列車として午後に大多喜~大原間を1往復、それも特別ヘッドマークを取り付けて運転することが、いすみ鉄道社長ブログで公表されたのです。

これは絶好のチャンスと言うことで、前夜釣り道具とカメラ機材を車に積み込んで大原へ。
22時半に船宿に到着して、早々に寝て翌日に備えます。

3時半に大女将に起こされて釣り支度をして港に向かいます。最近は大原沖で航程15分程の場所がポイントらしく4時半過ぎに出船します。
この日は、右舷真ん中、船長の真横が釣り座です。うすい丸でココに座ると結構な確率で釣れる場所なんです。

ゆっくりと大原沖の水深20m立ちのポイントに到着。餌のイワシが配られてスタートフィッシング。
この日はLTタックルで、PE2号で竿は1.8mもライト用に40号オモリで攻めてみます。

さて一流し目。最初に釣れると気が楽なんだよねー。
右舷は風裏に入り潮上になります。底を時折トントンする感じで攻めると、根に当たったか?それともアタリか?と慎重に探るとどうも根で無い様子。
根がかりのような引き込みがあったので、合わせると乗りました!
LTなのでかなり引きが強く感じます。水深20mと浅いのですが意外と時間が掛かったような感じがしましたねーまあ、ドラグも緩めにしていたし(笑)

船長のタモにネットイン。目測で1kg程のヒラメでした。
船中初ゲットでしたので嬉しいですねー。これでヒラメボーズにならずにすみました。

孫バリをがっちり飲んでいたので仕掛けを替えて再開。この流しでは他にもヒラメが上がりました。
流し替えで今度が風上になります。
徐々に北東の風が強くなり、次第に40号だと底立ちをキープするのが難しくなってきました。

6時を過ぎに流し替えをした際、風裏で道糸を出せすとオマツリになるので、50号に替えてやってきます。
すると底立ちを取ると直ぐにガツガツとアタリ到来。慎重に糸を送り込んで喰いやすくしてやると突き刺さりました。
「うっしゃ!」と合わせて巻き上げます。慎重に巻き上げて2枚目もゲットです。

いやー釣り始めて1時間ちょいで2枚とは良すぎます。予報では7時頃から雨が降るというので、それまでに釣れて良かったなぁと

この後、風がさらに強くなり波も出てきました。潮回りする際もバタンバタンしながらポイント移動です。
風裏になると50号では底立ちが取れず、一気に80号にしてみます。予報通り7時頃から雨が降りだしてきました。
風上の流しで雨を耐えて釣っていると、またもやアタリ。かなり糸が出ているのですが、糸を送り込んで引き込みが強くなったところで合わせると乗りました。うーん気持ちいいです。
道糸が40m程出ていたのでバレないかと心配しましたが、無事にネットイン。いやー3枚目です。

8時過ぎを過ぎて後半戦に入りますので、カップラーメンとおにぎりで朝食。お湯をもらいに行くと船長が「絶好調だねー」と。「イヤイヤ今年1年分の釣り運を使い果たしたよ」と返しておきます。
ホント。回りでは0の人もいますから、ヒラメは運が左右する釣りです。

9時を過ぎて雨も小康状態になって後は凪いでくれればと思うのですが・・・
3枚あるから1枚はいつも釣れない自分に魚類の手を差し伸べてくれるはむさんに進呈してなどと考えているといきなり竿を持っていかれ、なんじゃと持ち直すとかなり引いています。こりゃ大型か?
えー4枚目かいなとにやけた瞬間にテンションが無くなりバラしてしまいました。

まあこんだけ釣ったかなぁ~と思いながら底トントンで流して暫くすると、根がかりのように突き刺さりあれ?と首をかしげると。船長がツイてるよぉと教えてくれめちゃくちゃ重い状態で巻き上げると抵抗する様子。LTで80号をしょって風裏なので竿がひん曲がります。

まさかサメじゃないよねと一生懸命巻き上げると「ヒラメ、でかい!」と船長。
ネットに誘導しようとしたら、突然「バッキ」という音がして竿が折れました。なんとか船長がネットに入れてくれて事なきを得ました。

なんとデカイ!肉厚の2.6kgちょいのヒラメでした。
竿はLTアジ用に買った1万もしない竿なのでまあしょうがないですね。これで新しい竿が買える?

通常タックルも持参していたので、道具を替えて残り1時間を釣ることに。やはり通常タックルは重いなぁ~

この後、風上流しでソゲ級のヒラメを2枚立て続けにゲットしました。
オイオイどうしたんだい今日は?
本当に自分1年分の釣り運、以外まで使い果たしちゃったのでは無いの?と言う感じで11時の沖あがりになりました。

ヒラメ釣りは、ボーズになる時もあれば、こうやって大釣りする日もあるので、ホント「運」ですよねぇ

船宿で、お昼のカレーライスを頂き、次の目的地「いすみ鉄道」へ向かいました。
こちらが、今日の釣果です。

釣果です。大きいヒラメの下敷きになってソゲが見えない(笑)

釣果です。大きいヒラメの下敷きになってソゲが見えない(笑)

本当に1年分の釣り運を使い果たしてこのあと釣れないんじゃないと心配してしまいます。

↓↓↓船宿HPから↓↓↓
【4月18日(金)~ヒラメ釣果】
  大原沖の水深20m前後を横流しで攻めました。
  日中より北東の強風雨で釣り辛かったのですが、逆潮が良く流れだしまして、
  船中でポツポツリと釣れましたね。特に右舷真ん中のTRAVAIRさん2,6キロまじり好調!でした。
  海上 : 北~北東の風 3m~10m (曇り~雨)
  水温 : 15度
  逆潮 : 0,7ノット~1,3ノット 
  水色 : やや澄み

  ☆ヒラメ : 0~6枚 (0,4キロ~2,6キロ)
  ※竿頭 : TRAVAIRさん(6枚)
  ※次頭 : 右舷ミヨシ、Iさん(4枚)でした。

  ※釣果写真⇒http://ameblo.jp/usuimaru-tatsu/image-11826094763-12912254451.html
↑↑↑船宿HPから↑↑↑

【船宿】うすい丸
【料金】12000円(氷・エサ付き)
【仕掛】道糸PE2号、ハリス6号 捨て糸3号・孫バリ仕掛け

初釣りの釣果は干物

今日は、大原のうすい丸から、ヒラメ釣りに行ってきました。
今年になって初めての釣行なので、幸先良いスタートを切りたいものだなぁと思いながら乗船したのですが・・・

何回かヒラメのアタリはあったんですよね。
餌のイワシがボロボロにされたのも。
後数ミリ、喰う場所が前だったら孫バリがバッチリだったのに。
合わせるのが早かったんだよなぁ・・・
風が強くてアタリの見極めが厳しかったんだよなぁ・・・

ハイ全て言い訳です。

夕食は、残念賞のホッケの干物を焼いて家族で食べました。
ホッケも脂が乗って美味かった。
でもヒラメの刺身が食べたかったなぁ・・・

【一つテンヤマダイ】大原港うすい丸から出船

「いすみ鉄道」のキハ52撮影を終えて、大原港には11時過ぎに到着。

ちょっど午前船から帰ってきたうすい丸が停泊しているので、船長に挨拶して右舷ミヨシ2番目に席を確保しました。
乗船客11名が揃い11:45に出船です。
海はうねりがあるもの思った程では無かったのですが・・・

航程30分程で岩船沖40メールのポイントに到着。シーアンカーが入って船が安定したところでスタートとなりました。

出船前に船長から潮が早いと聞いたので8号テンヤを使いました。
リールをフリーにしてテンヤを落としていくと、糸ふけが出てなんとか底立ちが取れる感じでした。

シャクリ始めると餌どりのアタリも多くウマズラを釣ったり、ガンゾウヒラメが掛かったりと五目釣りのようです。
ガンゾウが釣れた時は、上がってきた魚体を見て、ソゲが釣れたと喜んだのですがよく見ればまがい物でガックリ。

船中ではハナダイは上がっていますがマダイが出ないなぁと思っていたら胴の間で3.5kgのマダイが上がります。
こういうのを見ると、竿をしゃくる力が入ったのですがこの頃から南風が吹き出してきました。

アタリが分かりづらくなってきましたが、良型のホウボウを釣り上げなんとか刺身ダネを確保でき、続けてハナダイも釣れ4目になりました。
後はマダイなんだけどなぁ~とシャクると、アタリが出ていい感じ竿がしなります。

こりゃ、マダイかな?と期待するような引きだったのですが、上がってきたのは良型のホウボウ。

流し替えで移動するのですが、これまたバタンバッコンの波乗り状態で、飛沫を避けるので、ミヨシに側に逃げていたのですが、波を越える度に体が浮く状態で、しまいには、舳先が波に突っ込み、まるで津波が襲ってくるように頭からザッパーんと波を被り・・・

この後は、波と風で早潮で8号では底ダチが取れず、10号に切り替えなんとか糸ふけで着底が判る程度。
さらに、しゃくると潮をで仕掛けが浮いてしまうようで、糸をダスト、お祭りするしと、状況が悪くなっていきました。

時折アタリがありますが、気がつくと餌が無い状態です。
小型のウマズラなんかを釣り上げましたが、本命からのアタリは無く、時間が過ぎて、ゴールデンタイム?の夕まずめに期待したのですが・・・

結局、17:45にちょっと早目の沖上がりとなりました。
ちょっと今日は残念な結果になりましたが、

【船宿】うすい丸【料金】10500円(氷・エサ付き)
【仕掛】道糸PE0.8号、リーダー3号 テンヤ8号・10号