札幌【ラーメン】喜来登

札幌一の繁華街すすきのからほど近い狸小路商店街にあるラーメン屋です。

今、北海道は色々な流派なラーメンが入り乱れている中、喜来登は北海道でのラーメン店の伝統である「味噌」「塩」「醤油」の3種を取り揃えています。
訪問したのは19時過ぎでしたが運良く空いてましたが、帰るときには待ち客も出てました。

「塩」と悩んだのですが、やはり札幌だから「味噌」を注文します。
ちなみにメニューは、
「みそらーめん」「しおらーめん」「しょうゆらーめん」各800円、「大盛りらーめん」900円、「野菜増し」100円、「ライス」100円とシンプルな北海道スタイルです。

味噌は一杯づつ作るそうで混雑時が時間が掛かるとか。
10分程でやって来たのがこちら

喜来登     みそらーめん(800円)

みそらーめん(800円)


いやーこのネギ山盛りは圧巻ですね。良くトッピングでネギ大盛りってありますが、こちらはこれがデフォルトです。

ネギをかき分けて、まずはスープから。
味噌なのにスープに透明感があり味噌なの?と一瞬思うほどで、食してみると味噌味噌しておらず、あっさりしています。

でもちゃんとコクがあるのです。一緒に炒めたひき肉と豚肉に旨味成分のお陰なのでしょうか?
これはちょっと意外でした。
麺は中太麺で正統派と言ったところです。
ネギ好きな自分には大盛りネギが嬉しいです。

久しぶりに飾ってない北海道の味噌らーめんを食べて満足しました。次回は「塩」を試したいですね。


TEL:011-242-6070
住所:札幌市中央区南2条西6丁目3-2 岡田ビル
営業時間:11:30~22:30
定休日:木
HP:なし
(訪問日)2018/3/23

札幌・すすきの【ジンギスカン】だるま6.4支店

前にも紹介しましたが、札幌・すすきのにあるジンギスカンのお店です。
今回の渡道でもココでジンギスカンを食べないと北海道に来た気分が出来ないと言うことで宗谷本線でラッセルを撮影した後、特急に乗ってやって来ました。

19時半に入店しましたが30分ほど待つことになりました。お陰でお腹も喉もいい感じでジンギスカンを楽しめます。

「だるま」はすすきのに支店が4つありますが、ジンギスカンに欠かせないビールがサッポロ・クラシックを使っているのはココ6.4支店だけです。北海道に来たらビールはやっぱりクラシックですよねぇ~
ちなみに本店はキリン、4.4支店はアサヒです。

だるま6.4支店はサッポロ・クラシックです。

だるま6.4支店はサッポロ・クラシックです。

ジンギスカンを特製タレに付けて食べてサッポロクラッシクを飲む。
いやー北海道ですねぇ。

ジンギスカンの煙の燻されながらライスを注文してジンギスカンと食す。
北海道を満喫できました。

以前は殆ど居なかった大陸からの観光客が沢山来るようになりましたが、札幌に来たらココに来ないと始まりません。
<MAP>

住所:札幌市中央区南6条西4丁目仲通り 野口ビル1F
TEL:011-533-8929
営業時間:17:00~翌5:00
定休日:無休

札幌【スープカレー】SAMURAI・さくら店

地下鉄すすきの駅から歩いて5分程、雑居ビルの2階にあるお店で看板も小さいので見落としてしまいそうです。

野菜を煮込んで作ったスープカレーで、具も盛り沢山とお値段も軽く千円オーバーと高級感がある値段設定です。
あれこれメニューに目移りしながら北海道らしく?「ラム肉と夏野菜のカレー」(1580円)を注文しました。
カレーの辛さは調節できるので控えめで。

carry

やってきたのは、スープカレーと言うよりカレー料理です。
カレーの上に野菜が載って更にこんがり焼かれたマトンのリブが入っています。

カレースープから頂くと辛さ控えめだったからか、野菜の甘さがカレーに出ていてすごくバランスが良い感じです。
ライスは白米か十五穀米を選べますが、ご飯を食べるより、カレースープの具材を食べるほうが忙しくて気がついたらご飯が残っていました。
残りのカレースープに入れて食べたらこれがまた美味しくてカレー雑炊みたいな感じでGoodでした。
カレースープの見方が変わるお店でしたね。

ランチタイムを外したので空いていましたが、昼食時と夕食時には列ができることもあるそうです。

<MAP>


住所:札幌市中央区南3条西6丁目1-3 ティアラ36 2F・3F
TEL:011-272-3671
営業時間:11:30~15:00、17:30~22:30