塩尻【そば】本山そばの里

塩尻から国道19号線を南下して直ぐの本山宿は蕎麦切り発祥の地でもあります。
宿場町に入って直ぐにのところにあるのが、蕎麦切り発祥の里「本山そばの里」があります。
本山宿そばの里

プレハブな建物で扉を開けて店内に入ると靴を脱いで入店します。
テーブル席とカウンター席がありますがなんとなく、公民館のたたずまいです。
店員もほぼ地元のおばちゃんで、そば茶とおしんこを持って来てくれます。おしんことはさすが信州らしいですね。

そばは冷たいのと温かいのもありますが、ここは「もりそば」で行きたいところです。大盛りの他、2段の重ねそば(1350円)が目に留まります。さらに、てんぷら盛り合わせ(300円)も付けて注文します。
本山宿そばの里

昼時で混雑していたので20分程待ちようやく到着。
天ぷらは地の野菜ばかりで、プチトマトのてんぷらとはなかなかローカルっぽくていいです。

そばはもちろん手打ちで、腰もあって「田舎のそば」と言う感じです。

そばつゆがちょっと濃い感じでしたので、そばを全部をつけず、箸でもったそばの半分くらいで止めて口に含むとソバの香りが多くておいしく頂けます。

さすが、信州。そばがうまい

てんぷらとそばを交互に食べて2枚のもりそばを完食、最後は蕎麦湯を入れて・・・おお、蕎麦湯が濃い。
結構、どっろとした感じでソバのエキスが詰まっている感じでした。

満腹満腹。ごちそうさまでした。

<MAP>

TEL:0263-54-6371
住所:塩尻市宗賀本山4404-1
営業時間:11:00~15:00
定休日:不定休
(訪問日:2016/8/27)

【佐久平】日本蕎麦・田衛門

長野(北陸)新幹線佐久平駅の浅間口出口を出て道路を渡った所にある日本蕎麦のお店「田衛門」
浅間口は裏口にあたるのでとってもひっそりした感じです。
お店は小上がりとテーブル席があり、店内は落ち着いた感じで駅からも近くことがあって、我々が入店した時は空いていたのですが、帰る時には待ち客が結構いました。昼時は混雑するようです。

蕎麦と郷土料理がメインのお店で、「トン蕎麦」なるの物が名物?と言うことで、そのトン蕎麦定食を注文してみました。
soba
まあ、ちょっと濃い目のそばつゆにチャーシューが乗っている、いわば中華麺風にアレンジしたものでした。

流石に蕎麦どころの信州だけあって蕎麦は美味しかったですね。この味付けなどちらかと言うと、都内の茹でたて立ち食い蕎麦屋で出すような蕎麦粉比率が低い麺に合うような気がしました。
ココはソードックスな、普通の蕎麦を食した方が良かったかな?
と言いつつ、蕎麦ツユも蕎麦湯で割ってほとんど飲んでしまいました(笑)

<MAP>


TEL:0267-66-3918
営業時間:11:30~14:30 16:30~23:00(月曜定休)