CからFに座席だけアップグレード

LH/DLH/ルフトハンザドイツ航空 A340-600 D-AIHN

3クラス機材で運航となるLHのA340-600

LHが運航している羽田/ミュンヘン線に7月からA350-900投入されますが、7月中は月曜と金曜(羽田基準)を除く週5便がA350-900の運航となり、月曜と金曜(羽田基準)はA340-600での運航となります。

A340-600は3クラス機材ですが、販売クラスはCYの2クラスとなります。
なので、A340-600で運航する日のC利用者は運が良ければFの座席を利用が出来る訳ですが、LHはCからFに座席だけアップグレードと言うサービスを行います。

予約の際にFクラスの座席を事前指定すると68,500円の追加料金が発生します。
もちろん、サービスはCのままですが。
LHもよく考えたものです。

JALなんかは時折、シップチェンジの関係でこういう事がありますけど料金を収受すると言うことはありませんからね。

昔なら予約システム的にこんな事は出来なかったでしょうが、今はゾーンごとに料金を収受したりするのが容易になりましたからね。
ちょっと機材のコンフィグを調べれば座席だけCからF、YからCへのアップグレードがタダで出来きました。

お陰で、JALが導入したばかりのB747-400を乗員習熟運航でNRT/SPNに投入された時にはYからFに乗ったし、SQのA340でCからFに乗ったりしたものです。