オープンスカイの恩恵でLCC参入

D7/XAX/エアアジア X D7529 A330-300 9M-XXP

ホノルル線を開設するエアアジアX

エアアジアX(D7)が6/28から、週4便で関空~ホノルル線を開設されることになり、航空券の販売が開始されました。

2/26まで発売している就航記念キャンペーン価格では、片道諸税費込みでエコノミークラスは1万2900円~、ビジネスクラスは6万9900円~で2018年2月6日搭乗分まで販売されているので今から来年の予約をするのも良いかも知れませんね。

今回の参入は日本とマレーシア航空協定で東京・成田以外の以遠権が自由化されたオープンスカイの恩恵です。現在運航中のクアランプール~関空便を延長する形でエアアジアが就航しまが、LCCがホノルルへ就航するとは時代が変わりました。

フライトナンバーもホノルル行がD7 1便、ホノルル発がD7 2便とエースナンバーです。
1便は関空23:25発なので東京からも利用しやすい時間ですが、2便の関空到着が20:25なので東京まで乗り継ぐのは厳しいですが関空で1泊するつもりで行くなら安く行けますから時間に余裕がある人には良いかも知れません。

使用機材はA330-300型機です。エコノミーは3-4-4の座席配列ですから、フライトタイムが長くなる帰りがきつく感じるかも知れませんね。ブロックタイムが9時間超えですからね・・・

エアアジア・ジャパン、就航延期か

JW/WAJ/エアーアジアジャパン A320 JA02AJ

新生エアーアジアジャパンはいつ飛べるか?

新生エアアジア・ジャパンは当初今年の春に、名古屋(中部)から札幌・仙台・台北への就航を計画していましたが、諸事情により夏(7月頃)に延期となっていましたが、さらに就航が延期になる模様です。

就航は早くても秋になる公算が高く、夏の旅行シーズンに就航できないのは痛手になりそうです。

延期になっている理由の一つに「安全運航体制の確立に時間を要している」との事ですが、航空事業は「安全がすべてに優先される」のは当然ですから、安かろうだけではダメですからね。

ただ気になるのが、エアアジアジャパンの代表取締役会長に前スカイマーク会長の井出氏が就任していることですね。
スカイマークで安全統括管理者である会長時代に、当時の機長から客室乗務員が体調不良で安全運航のために交代要員を要求し会社から拒否されたことから、機長が「スカイマークは飛行機運航の安全をそこまで軽視するのか?」と問われて井出氏が「Nothing is going to happen」と発言し乗務を要求した事件がありました。
結局この機長は乗務を拒否し、解雇になりましたが、その後は機長と裁判になり会社側が敗訴してます。

そういう過去があるだけに、国土交通省も慎重にマニュアル類を精査しているのではないでしょうかね

エアアジアXが関空~ホノルル線を開設へ

D7/XAX/エアアジア X D7529 A330-300 9M-XXP

エアアジアの長距離線LCC

エアアジアの長距離線LCC、エアアジアXがこの冬にクアランプール~関空線を延長する形で関空からホノルル線を開設することを日米関係省庁に申請をしました。

日本とマレーシアとの航空交渉で、羽田・成田以外からの以遠権について自由に開設できるオープンスカイの権利を有していることから今回の開設になりました。

日本とホノルル間はドル箱まではいかないものの環境需要は多く日米キャリアの他、以遠権も持つキャリアが飛んでおり、さらに今回、LCCが就航することになるので利用客の流れが変わる可能性があります。

機材はA330-300で開設当初は週4便での運航を予定しており、将来的にはデイリー運航を考えているようです。

どういう運賃設定をするのか?
期待したいこころですね。