LX40 —a New Engine in Iqaluit

LX/SWR/スイス国際航空 B777-300ER HB-JND

トラブルが発生したB777-300ER HB-JND

2/1、チューリッヒからロサンゼルスへ向かっているLX40便B777-300ER HB-JNDがカナダ上空で第一エンジンに問題が発生してイカルイト空港に緊急着陸しました。

エンジントラブルで再運航で出来ないことから、救済機としてNYCからA330が現地にフェリーされ乗客と貨物を載せ替えてNYへ向かい、その後、代替えエンジンを運び、現地で交換作業を行いチューリッヒへ戻る出来事がありました。

その出来事がFrightRader24のBlogで詳細に紹介されています。
https://blog.flightradar24.com/blog/lx40-a-new-engine-in-iqaluit/

それにしてもカナダのイカルイトという場所は、2月の平均気温が-27℃と極寒な地なんです。そこで良くエンジン交換出来たなぁと関心してしまいます。
メカニックはさぞ大変だったことでしょう。

それとLX40の乗客も暖かいカルフォルニアに向かっているのに極寒の地に降りたらのですから、困ったでしょうね。
さらにNYCに向かったのですから・・・

Swiss 3機のB777-300ERを追加発注

 (C) 2013 Boeing. All Rights Reserved

(C) 2013 Boeing. All Rights Reserved

Swiss(LX/SWR)は、現在6機を確定発注しているB777-300ERを今回、3機追加発注しました。

現在、長距離線用で使用しているA340-300のリプレイス用として9機が導入されることとなります。

B777-300ERは2016年からボーイング社からデリバリーされ、Swissのホームページによれば長距離線のサンフランシスコ、ロス、サンパウロ、バンコク、香港、上海、北京、ヨハネスブルグ、シンガポールに投入予定となっています。

当初、成田もB777-300ER投入路線の一つとされていましたが、6機と言う機材数から就航地として外れてしまったようですが、今回3機追加発注されたことで成田への就航が可能となる機数になるので、是非とも成田へ飛来してもらいたいところです。