【夜イカ】(8/10)鹿島港・幸栄丸

夏休み休暇を取った10日、7年ぶりに鹿島沖の夜イカに行ってきました。
台風前には束が出たこともあったので、台風後の荒食い?を期待しての釣行ですが、夜イカは基本、鬼門なんですよね。

やっちゃいけない沖漬けタレを作り、成田線の貨物を撮影しつつ16時半に港に着き、まずは番号札を取ります。
トモが既に埋まっていたのでミヨシ側の札を取って受付を済まします。
釣割の前日割と言うのを使ったので乗船料が1万円で済みました。

今日は1船で出漁です

今日は1船で出漁です


左舷のミヨシに陣取り用意をします。

流石、平日とあって今日は8名との事でこりゃ配分も多いぞと、17時10分に出船してポイントを目指しますが沖堤を超えるとかなりウネリがあり風上に向かって航行するので速度も出ないのでかなりゆっくりした船速で進み、1時間半位掛かってようやくポイントに到着します。

「底から上まで探って~」と集魚灯も点灯してようやくスタートです。
まずは14cmの直結プラヅノ仕掛けでやってみます。
やはりサバが居ますねー。そこは直結だから難なく着底して電動直結釣りをしますが、途中でガガガとサバらしいのにつかまり上げてみるとスレ掛かり。

それを見ていた仲乗りさんが、「うねりがあるから直結は厳しいかもよー」ってうーんどうしようかな。
まあ様子を見て駄目ならブランコにしするかとしばらくは様子見で探りますが、イカの乗りはありません。

仲乗りさんも右舷ミヨシで竿を出し釣り始めるとムギイカが顔を出しました。仲乗りさんはスッテ仕掛けです。
うーん直結はだめなのかな~と思いますが左舷ではまだ誰もイカが上がりません。

1時間ほどしたら左舷でも1杯上がりましたが・・・
その後自分にも上タナでイカのノリがあり、上げてみるとマルイカでした。
よーしこれから本番だと頑張ります。

しばらくして再び乗りがあり、ムギイカなんと2杯乗り~。よーしこれからエンジンが掛かるぞー
と思いましたが、駄目ですね~。

夜イカらしく水面にはシイラが集まって小魚を追いかけてます。
21時半頃にもう一杯追加しましたが・・・

22時を過ぎ残り僅かになり、夜イカだと沖上がり直前にイカの活性が上がって爆釣なんて言うこともあったりしますが・・・

仲乗りさんはサビキ仕掛けで大アジを釣り上げてます。
底に仕掛けが着くと魚がイカヅノを触るアタリがありますからアジでしょうかね。
イカの乗りも無いし自分も最後はサビキでもやろうかなと思っていたら22時半頃に「今日は海も悪いのでそろそろ上がりましょう~」となってしまいました。

結局4杯で終了。最後まで直結仕掛けでやりましたが左舷では見たていた限りでは一番釣った方です。
片付けていたら中乗りさんがアジを配って呉れました。
折角、沖漬けのタレを造ったので1杯をタレにぶち込んでおきます。

ムギイカ3,マルイカ1

ムギイカ3,マルイカ1


帰りは追い風なので早い早い。
港まで30分ちょいで到着です。

やっぱり夜イカは鬼門ですね
<収支報告>
 収入の部
  ムギイカ 2
  マルイカ 1
 支出の部
  乗船代 10,000円(釣割・前日割)
となりました。

船宿 鹿島港 幸栄丸
船宿HPから
★夜イカ船・・・
   スルメイカ・・・0~15杯(23~34㎝)
   アジ・・・良い人30尾

【スルメイカ】鹿島港不動丸から出船

茨城県沿岸で夜のスルメイカ(ムギイカ)が始まり、連日トップ200、300杯と束釣りが続いていました。
じゃあ、行ってみようかと、平日釣行を6/11(金)に計画したのですが・・・

16時過ぎに鹿島港に到着して受付を済まして船に乗り込むと、平日に関わらず満員。
ミヨシの張り出しになんかとか席を確保して、出船も待ちます。港の船長達が漁場決めをして17時半に出船して沖合いへ一時間走った辺りでシーアンカーが投入され、集魚灯が灯されて開戦準備万端。

潮が早いからか船長が100号のオモリを配って「棚は30mから5mまでやって~」との事なので仕掛けを入れると出会い頭のように2杯単発で上げたのですが回りはサッパリの様子。
小サバが多くて角にアタックしてくるアタリばかりでなかなかイカのノリが無く1時間が経過。船長も移動を決断、シーアンカーを巻き上げて10分程移動して再開。

しかし50m位まで落としてもサバのアタリばかり。次第に船中も諦めムードが漂いますが夜イカは一発逆転があるかも知れないと期待しながらしゃくり続けるとイカのノリ。なんとか拾い上げている感じで、周りの様子は1杯上げてるかどうか?ってな状態。

22時を回って樽の中には5杯のイカが泳いでいるだけで、沖漬けの容器には寂しくタレだけ。
どうやら、鹿島沖だけでは無く大洗や日立沖も駄目らしく、昨日までの様子がウソの様子。

逆転を期待して23時半近くまで頑張ったのですがなんとか拾い上げたイカが7杯。2杯を沖漬けにしたのでなんとかタレが無駄にならずに。
船中0〜10弱だったので善戦した方です。

帰って食べたイカは、柔らかく甘さもあって、ムギイカらしく美味しかったです。

【船宿】鹿島港不動丸
【料金】12000円(氷付き)
【仕掛け】 直結14cmプラ角
【錘】100号