二度目の誤誘導

18日の夜、香港から成田に到着したバニラJW304便がオープンスポットに到着後、ランプバスに分乗してターミナル向かうバスのうち1台が誤って国内線用の出口に向かい降車扱いをしてまった為、34人が入国審査を受けずに制限区域外で出てしまうトラブルがありました。

バニラエアは昨年4月にも同様なトラブルを起こしており、その際のホームページで公表した再発防止策には
==
A)到着バス担当者を新たに設置し、配車前にバス運転手と相互確認を行うことで、未然防止を図る。(4月28日より実施)
B)バス運転手はバス到着口に到着する前に、バス会社内で国際線、国内線の最終確認を実施する。(4月21日措置済)

バニラエアHPから一部抜粋
===
となっていましたが、それが機能していなかった事でしょうかね。
せめてBが機能していれば降車する前に気がついた筈なのですが・・・
これじゃ何のための再発防止策なんでしょう。

バニラエアは、ANAグループと言うことでLCC用第三ターミナルが供用された後も第一ターミナルから発着しており、この辺も遠因があるのでは無いでしょうか?

テロ防止から出入国管理の厳正化が求められていますが、国際線で到着して国内線出口に誘導されてしまったら元も子もないですからね。

流石に国交省も二度目とあってかなり厳しい厳重注意になったようです。二度ある事は三度ある?

JW/VNL/バニラエア JW804 A320 JA01VA

JW/VNL/バニラエア JW804 A320 JA01VA

バニラエアはリゾート重視

JW/VNL/バニラエア A320 JA02VA

リゾート路線重視のバニラエア

ANA傘下のLCC、バニラエアは16年3月期決算で黒字化が達成できそうな見通しです。台湾路線の好調と国内線を利用客が見込まれる札幌と沖縄に絞ったことが要因の様です。

16年度には、太平洋のリゾート路線就航を目論んでおり、流石にホノルルとなると長距離洋上飛行となるので現行保有機で難しく、近距離のグアムあたりが濃厚な気がします。

ひと昔前までは日系キャリアはグアム・サイパンへB747やDC10で飛んでいたのですが、収益性の低さから撤退して今では韓国キャリアが以遠権で飛んでいる有様です。
再び、参戦しようという魂胆でしょうかね。

バニラエアはもともと、エアアジアがANAと協業で設立したLCCですが、ANAとしてはローコストオペレーションキャリアとして収益性の低いリゾート路線をメインに考えていたのですが、エアアジアは日本国内線をあまねく展開を考えていたので折り合いが悪く、破局になった訳ですが・・・

観光客重視のリゾートLCCとしての戦略は悪くは無いですが、LCCの需要発掘を捨ててしまった気がするのは気のせいでしょうか?

【RJAA/NRT/成田】撮影レポート2015/2/21

昨日、「道の駅くりもと」に生モツを買いに行った後、所定の取り扱いと言うことで成田のRunwayエンドへ。

前回に続き、この日も南風運用ということで16L/R使用です。前日、NZのドリームライナーをリベンジという事で16Lへ。

AA/AAL/アメリカン航空  B777-200ER N754AN

AA/AAL/アメリカン航空 B777-200ER N754AN

最初にやってきたのがAAでした。
いつのまにかAAも新塗装ばかりになってしまいました。

JW/VNL/バニラエア 802 A320 JA05VA

JW/VNL/バニラエア JW802 A320 JA05VA

バニラエアも機体が増えてきました。
ただ国内線は路線開設は

IJ/SJO/春秋航空日本 614 B737-800 JA03GR

IJ/SJO/春秋航空日本 IJ614 B737-800 JA03GR

LCCとして就航した春秋航空ですが搭乗率はどんなものなのでしょうね。
一度は乗ってみようと思うのですが・・・

さて、NZ99がやってくるのですが、どうやら16Rをアサインされてしまいました。
移動しようか思ったのですが、カタールが接近中。こちらは16Lなので今回なので移動せずにカタールを待つことにしました。

JL/JAL/日本航空 61 B777-300ER JA740J

JL/JAL/日本航空 JL61 B777-300ER JA740J

国際線の300ER。Wi-fiアンテナがコブのように付いているますが、このような機体が増えてきました。

QR/QTR/カタール航空 806 B777-200LR A7-BBD

QR/QTR/カタール航空 QR806 B777-200LR A7-BBD

日が暮れてくるなか、カタールが到着。羽田は787ですが、成田は777LR。まあLRも珍しいけど、あんまり特徴が無いからなぁ~

この後、小移動してエンド脇にある「檻」へ
この頃になると寒くなってきました。

JL/JAL/日本航空  B777-200ER JA701J

JL/JAL/日本航空 B777-200ER JA701J

主翼の衝突防止灯がきれいに映りました。露出が無くなってきたので、SSを下げて流し撮りで対応します。

NH/ANA/全日空  B777-300ER JA617A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA617A

70-200F2.8は結構重いので1/100位で流さないとぶれるんですよね。

NH/ANA/全日空  B787-8 JA808A

NH/ANA/全日空 B787-8 JA808A

夕日が機体に差し込んでいい感じで撮れました。

NH/ANA/全日空  B767-300ER JA623A

NH/ANA/全日空 B767-300ER JA623A

ウィングレットがあると767って感じでは無いですね。

EK/UAE/エミレーツ航空  B777-300 A6-EGH

EK/UAE/エミレーツ航空 B777-300 A6-EGH

この日のトリはエミレーツで。
もう少し流し撮りをしたかったのですが、結構、寒くなったし苦情も出てきそうなので撤収です。


飛行機の館へ

【ROAH/OKA/那覇】2014/1/23撮影レポート 瀬長島編②

瀬長島編①からの続きになります。
あ、ちなみにジャンボの写真はこちらに別掲していますので、まだご覧になってない方はどうぞ。

時系列的には、瀬長島でNH125便の撮影をした後になります。

JW/VNL/バニラエア A320 JA01A

JW/VNL/バニラエア A320 JA01VA

正午近くになって太陽も真南になってしまい、海バックを強調しようとすると逆行気味になってしまいます。

JW/VNL/バニラエア A320 JA01VA

JW/VNL/バニラエア A320 JA01VA

こちらが正当なバニラエアのカラーリングなんですよね。1号機は黄バニラで2号機は白バニラと呼ばれているますしねぇ

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8976

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8976

70mmだと海バックで撮影しようとすると、停泊している船をいれようとするとギリギリになります。

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8976

JL/JAL/日本航空 B767-300 JA8976

サンアークカラーも徐々に数を減らしてきました。

RAC/琉球エアーコミューター DASH-8 JA8974

RAC/琉球エアーコミューター DASH-8 JA8974

琉球コミューターのカラーリングは沖縄らしくて良いですねー

NH/ANA/全日空 B737-800 JA67AN

NH/ANA/全日空 B737-800 JA67AN

そろそろ海バックも厳しくなってきたので、この後、誘導灯のところに移動します。

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8942

JL/JAL/日本航空 B777-300 JA8942

何かステッカーが付いて居るなぁ~と真下から仰ぎ見ると、ソチ・オリンピックのスペマ、「真央ちゃんステッカー」でした。

那覇空港、離発着のラッシュ

那覇空港、離発着のラッシュ

那覇空港は滑走路が1本しか無く、空自との共用ともあって離発着が立て込む時間帯があります。

CI/CAL/中華航空 B737-800 B-18612

CI/CAL/中華航空 B737-800 B-18612

ダイナスティのB737-800が出発の為、RWY ENDにやって来ました。この後、離陸時にダイナスティがモタモタしたので、後続のANA機がGo Aroundしました。その様子は別掲で紹介したいと思います。

OZ/AAR/アシアナ航空 HL8255 A321

OZ/AAR/アシアナ航空 HL8255 A321


アシアナのA321がやってきました。400mmで後追いアップを撮りましたが垂直尾翼が切れてしまいました。
那覇にアシアナは2便来ているようで朝のA320はプサンでA321はソウル発のようです。




瀬長島編①へ> <つづく> <飛行機の館へ>